オールドレンズ

July 28, 2022

「マウントアダプター活用ガイド」本日発売です!

本日、「オールドレンズを快適に使うためのマウントアダプター活用ガイド」が発売になりました。今年3冊目となる新刊です。オールドレンズ撮影にはマウントアダプターが欠かせませんが、そのマウントアダプターを取り巻く環境も刻々と変化しています。そこでAFマウントアダプター、中判ミラーレス、Nikon Z fcなど、旬のマウントアダプター情報をこの1冊に詰め込みました。といっても、カタログ的な誌面ではありません。最新マウントアダプターを使いこなすための活きた情報を集めました。また、GFX×35ミリ判オールドレンズの相性、鬼門と呼ばれるオールドレンズの人柱レポートなど、超々マニアックな話も載っています。オールドレンズファンの必携本を目指して執筆しました。ぜひご覧いただけると幸いです。

●オールドレンズを快適に使うためのマウントアダプター活用ガイド[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2022年7月28日
判型:B5判160ページ
価格:2,100円(+税)

Lmimg_0025

Lmimg_0026_20220727233201

Lmimg_0027

Lmimg_0028_20220727233201

 

| | Comments (0)

July 11, 2022

令和のマウントアダプター事情、完全網羅。

来る7月28日、玄光社からマウントアダプター本を出します。タイトルは「オールドレンズを快適に使うためのマウントアダプター活用ガイド」です。文字通り、オールドレンズファンのためのマウントアダプター読本になります。

Ma_s

●オールドレンズを快適に使うためのマウントアダプター活用ガイド[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2022年7月28日
判型:B5判160ページ
価格:2,100円(+税)

とは言え、いまさらマウントアダプターの着脱を解説しようというのではありません。着脱については2017年に出した「マウントアダプター解体新書」でたっぷり解説しました。じゃあ何を書いたのかというと、令和のマウントアダプター事情をこれでもかと詰め込みました。テックアートでおなじみのオールドレンズをAF化するマウントアダプター、中判ミラーレス×オールドレンズの世界、Nikon Z fc用マウントアダプターなど、今どきのマウントアダプター事情をたっぷり載せました。もちろん、単に製品紹介するのではなく、各マウントアダプターの使いこなしテクニックを解説しています。

中でも注目してほしいのは、GFX×35ミリ判オールドレンズのコーナーです。GFX50S IIに35ミリ判オールドレンズを取っ替え引っ替えし、ケラレの有無を検証しました。その数200本。来る日も来る日もオールドレンズを付け替えるだけの日々。ほんと地獄でした。著者が苦しむと、そのぶんいい本になります。ぜひ楽しんでください。

その一方で、最近はマウントアダプター撮影時のカメラのセッティングが煩雑になっています。昔は「レンズなしレリーズ」さえ有効にしておけばよかったのですが、この頃は手ブレ補正、ISO低速限界、拡大表示など、設定項目が多岐にわたります。そこで主要ミラーレスごとにセッティングポイントをまとめてみました。また、鬼門と呼ばれているオールドレンズの着脱についても掘り下げています。内部干渉覚悟であれこれ装着し、実際に干渉するのかギリ大丈夫なのか、人柱として戦ってみました。

そんなこんなのマウントアダプター活用ガイド、令和のマウントアダプター読本決定版を目指して執筆しました。ご高覧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

| | Comments (0)

July 08, 2022

新刊色校正中!【マウントアダプター活用ガイド】

新刊の色校が出ました。今回の本はマウントアダプターだらけの一冊です。最新マウントアダプターをこれでもかと詰め込みました。中上級者の方、期待してください。かなり楽しめるはずです。発売が近づいたらまた詳しい中身をご紹介してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

Img_4873


オールドレンズを快適に使うためのマウントアダプター活用ガイド[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2022年7月28日

 

| | Comments (0)

June 11, 2022

今号はライカM11大特集です【Cameraholics Vol.7】

来る6月15日、カメラホリックVol.7が発売になります。今回も執筆と編集の両面でお手伝いしました。今号はライカM11大特集です。予約しても買えないライカM11、ぜひ本誌で予習してください。本特集は、5名の写真家がそれぞれ得意とするアプローチでライカM11を斬る、という趣向です。澤村はライカM11でこそ使いたいオールドレンズをレポートしました。

Img_4803

●カメラホリック Vol.7[ホビージャパン][Amazon]
発売日:2022年6月15日
出版社:ホビージャパン

カメラホリックといえば毎号充実したフォトギャラリーが魅力。今回は「ライカと達人」と題し、ビッグネームな写真家陣が登場します。いわゆる巨匠クラスの皆さんに取材を進めていくと、それぞれ「ライカに(で)目覚める」瞬間があるんですね。そのあたりをじっくりと語っていただきました。作品ととも、彼らの言葉にも注目してみてください。

そうそう、「吾輩は寫眞機である」も絶賛連載中です。今回はライカM11に絡めて、鳥井工房にスペシャルアイテムを製作してもらいました。ぜひご一読を!

 

| | Comments (0)

June 06, 2022

あえて望遠レンズ

イエナのゾナー200ミリを試してみた。オールドレンズで人気なのは標準から中望遠にかけて。広角や超望遠はあまり人気がない。往年の望遠レンズはデカくて重いこともあり、積極的に使う人は少数派だろう。僕もせいぜい135ミリ止まりで、200ミリレンズは久しぶりだ。でも、改めて200ミリを使ってみると、問答無用で楽しい。遠くのものをたぐり寄せる感じがたまらない。しかもゾナー200ミリは写りが安定しているので、画面内のどこにフォーカスを持ってきてもサマになる。あえて難点を挙げると置き場所か。ホント望遠レンズは場所とるからなあ。

α7 IV + Sonnar auto 200mmF2.8 MC

Lm_dsc7663

| | Comments (0)

May 26, 2022

「オールドレンズ解体新書」の裏話公開【YouTube Lensholoc】

上野由日路さんが運営するLensholicチャンネルにゲスト出演してきました。お題は「オールドレンズ解体新書」です。以前、本書の概要をお話ししましたが、その後編になります。今回は上野由日路さんとクロストークで制作秘話をディープに語っています。「オールドレンズ解体新書」をまだご覧になっていない方でもオールドレンズ談義としてお楽しみいただける内容です。ぜひご覧ください。

Kaitai01

●YouTube Lensholicチャンネル
「オールドレンズ解体新書」澤村徹と上野由日路による新刊ウラ話

 

| | Comments (0)

May 22, 2022

イエナ談義が楽しい。

先日、中野の飲み屋街を撮った写真をSNSにアップした。「中野いいよねえ」「モノクロで撮りたいよねえ」みたいなやり取りをするなか、ひとりレンズに言及する方がいた。「イエナの広角甘くないですか?」「これは開放F4なんで中心はいけますよ」「周辺はダメですか」「甘いですね」とイエナ談義。ダメだけど好きみたいな話が止まらない。つくづくカールツァイスイエナだなあと思った。

Lm_dsc6592

α7 IV + Flektogon 25mmF4

 

| | Comments (0)

April 25, 2022

「オールドレンズマジック」本日発売です!

本日、「日常が非日常に写るオールドレンズマジック」が発売になりました。個性派オールドレンズに特化したガイドブックです。スマートフォンや現行レンズとは一線を画した、オールドレンズならではの際立った写りを実感していただける一冊です。

その一方で、解説文はエッセイテイストになっており、単なるオールドレンズの紹介ではなく、購入経緯や実際の使用感などをリアルに読み取ってもらえると思います。これからオールドレンズをはじめたい人がもちろん、すでにオールドレンズにハマっている中上級者にも楽しんでもらえる本を目指しました。ご高覧のほどよろしくお願いいたします。

日常が非日常に写るオールドレンズマジック[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売し:2022年4月25日

Lmimg_00022

Lmimg_00032

Lmimg_00052

Lmimg_00072

 

| | Comments (0)

April 18, 2022

最深のオールドレンズ入門書です【オールドレンズマジック】

今度の新刊「オールドレンズマジック」には、“Cameraholics Beginners”というシリーズ名が付いている。読んで字の如く、入門シリーズというわけだ。いまさらオールドレンズの入門書なんて……と思うかもしれない。中上級者は無論、初級者とてネットで簡単にオールドレンズの情報が得られる時代だ。入門書なんていらないよ、という意見はもっともだろう。

Olm_s_20220418213101

日常が非日常に写るオールドレンズマジック[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売し:2022年4月25日

もちろん、端っから普通の入門書を書く気はない。オールドレンズ本ばかり十数年も書いてきたわけだから、どうせなら究極の入門書を目指したい。そこで、導きの書に決めた。初級者からベテランまで全員まとめて、オールドレンズの一番深いところへ一気に導く。そんな禁断の一冊。入門書なのに禁断の書。意味がわからない……。

巷にあふれるオールドレンズ本は様々なレンズが載っている。よく写るもの、写らないもの、変な写りのもの、珠玉混在だ。こうした雑多な感じがオールドレンズのおもしろさでもあるのだが、その一方で、強烈な個性派レンズばかりを集めたら……というイケナイ気持ちが沸き起こる。これまで愛用してきたクセ玉だけを一冊にまとめたら、オールドレンズの一番濃ゆいところを楽しんでもらえるのではないか。最近はいろいろな著者がオールドレンズ本を出しているので、澤村ひとりくらい大いに偏向したオールドレンズ本を出しても怒られないのではないか。ええいままよ、出してしまえ!

そんなこんなで完成したのが「日常が非日常に写るオールドレンズマジック」だ。普段見慣れた光景が、このレンズを通すと異界のように変貌する。そんな個性派オールドレンズだけを集めた。掲載した作例はすべてその異界的なものばかり。フツーの写真は一枚もない。「オールドレンズたまんねえな!」という興奮を味わってほしい。

そしてもうひとつ、本書は解説文にも仕掛けがある。個性派オールドレンズを淡々と解説するのも興醒めなので、今回はすべてエッセイ仕立てにした。もちろん、レンズの最低限のアウトラインは解説しているが、僕がそのレンズをどのように入手したのか、もしくは入手し損ねたのか、普段そのレンズとどう向き合っているのか、などなど個性派レンズと澤村のリアルを書いてみた。カメラ屋さんがよく「レンズは出会いですから」というが、そのわりに実際の出会いについて語られている本はけっして多くない。本書に載っているレンズはほぼすべて、澤村が「これほしい!」と自腹を切り、「これやべえ!」とその写りに興奮したものばかり。読者諸氏をオールドレンズの最深部にお連れする以上、しっかり責任のとれるレンズに厳選した。入門にして最深、異端のスターターブック「オールドレンズマジック」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

| | Comments (0)

April 15, 2022

「オールドレンズマジック」のサンプルページです!

新刊「オールドレンズマジック」のサンプルページができました。僕のオールドレンズ本は基本的に写り重視の誌面づくりですが、この本は過去イチ写り重視かもしれない(笑)。エフェクト系とでも呼べばいいのか、ド派手なオールドレンズの写りをこれでもかと堪能できる一冊です。

日常が非日常に写るオールドレンズマジック[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売し:2022年4月25日

Olm_01 Olm_02 Olm_03 Olm_04 Olm_05

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧