Cameraholics

April 18, 2022

最深のオールドレンズ入門書です【オールドレンズマジック】

今度の新刊「オールドレンズマジック」には、“Cameraholics Beginners”というシリーズ名が付いている。読んで字の如く、入門シリーズというわけだ。いまさらオールドレンズの入門書なんて……と思うかもしれない。中上級者は無論、初級者とてネットで簡単にオールドレンズの情報が得られる時代だ。入門書なんていらないよ、という意見はもっともだろう。

Olm_s_20220418213101

日常が非日常に写るオールドレンズマジック[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売し:2022年4月25日

もちろん、端っから普通の入門書を書く気はない。オールドレンズ本ばかり十数年も書いてきたわけだから、どうせなら究極の入門書を目指したい。そこで、導きの書に決めた。初級者からベテランまで全員まとめて、オールドレンズの一番深いところへ一気に導く。そんな禁断の一冊。入門書なのに禁断の書。意味がわからない……。

巷にあふれるオールドレンズ本は様々なレンズが載っている。よく写るもの、写らないもの、変な写りのもの、珠玉混在だ。こうした雑多な感じがオールドレンズのおもしろさでもあるのだが、その一方で、強烈な個性派レンズばかりを集めたら……というイケナイ気持ちが沸き起こる。これまで愛用してきたクセ玉だけを一冊にまとめたら、オールドレンズの一番濃ゆいところを楽しんでもらえるのではないか。最近はいろいろな著者がオールドレンズ本を出しているので、澤村ひとりくらい大いに偏向したオールドレンズ本を出しても怒られないのではないか。ええいままよ、出してしまえ!

そんなこんなで完成したのが「日常が非日常に写るオールドレンズマジック」だ。普段見慣れた光景が、このレンズを通すと異界のように変貌する。そんな個性派オールドレンズだけを集めた。掲載した作例はすべてその異界的なものばかり。フツーの写真は一枚もない。「オールドレンズたまんねえな!」という興奮を味わってほしい。

そしてもうひとつ、本書は解説文にも仕掛けがある。個性派オールドレンズを淡々と解説するのも興醒めなので、今回はすべてエッセイ仕立てにした。もちろん、レンズの最低限のアウトラインは解説しているが、僕がそのレンズをどのように入手したのか、もしくは入手し損ねたのか、普段そのレンズとどう向き合っているのか、などなど個性派レンズと澤村のリアルを書いてみた。カメラ屋さんがよく「レンズは出会いですから」というが、そのわりに実際の出会いについて語られている本はけっして多くない。本書に載っているレンズはほぼすべて、澤村が「これほしい!」と自腹を切り、「これやべえ!」とその写りに興奮したものばかり。読者諸氏をオールドレンズの最深部にお連れする以上、しっかり責任のとれるレンズに厳選した。入門にして最深、異端のスターターブック「オールドレンズマジック」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

| | Comments (0)

April 15, 2022

「オールドレンズマジック」のサンプルページです!

新刊「オールドレンズマジック」のサンプルページができました。僕のオールドレンズ本は基本的に写り重視の誌面づくりですが、この本は過去イチ写り重視かもしれない(笑)。エフェクト系とでも呼べばいいのか、ド派手なオールドレンズの写りをこれでもかと堪能できる一冊です。

日常が非日常に写るオールドレンズマジック[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売し:2022年4月25日

Olm_01 Olm_02 Olm_03 Olm_04 Olm_05

 

| | Comments (0)

April 13, 2022

「オールドレンズマジック」という名の入門書

新刊のお知らせです。来る4月25日、「日常が非日常に写るオールドレンズマジック」を出版します。オールドレンズの入門書という位置づけですが、そこは澤村が作る本なので、ひとひねり、ふたひねりした内容です。掲載レンズはすべてクセ玉、解説文はほぼエッセイ。入門書の体をした“澤村イチ押しクセ玉ガイドブック”になっています。初心者にこそ、オールドレンズの一番おいしいところを試してほしい、という思いで執筆しました。初心者だけでなく、中上級者の方々も楽しんでいただける一冊を目指しました。ご高覧いただけると幸いです。


日常が非日常に写るオールドレンズマジック[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売し:2022年4月25日

Olm_s 

 

| | Comments (0)

March 30, 2022

褒めると伸びる子。

業界のエライ人、というかガチの光学開発者から、「オールドレンズ解体新書よかったよ」とお褒めの言葉をいただく。もう今日は仕事やめて飲んじゃおうかな(下戸)。貼り付け画像はいまの心象風景。

Lml1003473

Leica M11 + DR Summicron 50mmF2

 

| | Comments (0)

March 04, 2022

「オールドレンズ解体新書」クロストーク公開しました。

新刊「オールドレンズ解体新書」のクロストークが公開になりました。共著した上野由日路さんと僕で、本書のポイントをワチャワチャと解説しています。これまでありそうでなかった、オールドレンズを楽しむためのレンズ構成読本。その全貌を紹介に解説します。ぜひご覧ください。
Olk

| | Comments (0)

February 24, 2022

「オールドレンズ解体新書」本日発売です!

オールドレンズファンのためのレンズ構成読本、本日発売です。数式やグラフは一切なし。レンズ構成のおいしい話、役立つ話をギュッと詰め込みました。レンズ構成別にオールドレンズ50本を掲載。オールドレンズカタログとしても充実しています。レンズ構成に興味のある皆さま、ぜひご高覧いただけると幸いです。

Lmimg_0008_20220224102301

●レンズ構成で個性を知るオールドレンズ解体新書[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
著者:澤村 徹・上野由日路
発売日:2022年2月24日
価格:2,970円
判型:A4

| | Comments (0)

December 21, 2021

Nikon Z fcユーザーの皆さん、おまたせ!【遊びつくすNikon Z fc】

来る12月23日、カメラホリック編集部から初の機種別ムック「遊びつくすNikon Z fc」が発売になります。豪華版取説こと機種別ムックですが、あのカメラホリックがつくるとだいぶ趣きが異なります。ひと言でいうと、マニアックの極み。すでにNikon Z fcを持っている人も、持っていない人も、どっぷりとNikon Z fcの世界観に浸ってもらえますよ。

Cover

●遊びつくすNikon Z fc[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売日:2021年12月23日

で、澤村の担当はマウントアダプター特集です。オールドレンズではなく、あえてマウントアダプター特集。マウントアダプターだけで32ページやれ、というムチャぶりミッション。この手の特集はイロモノ枠なので、機種別ムックの場合はたいてい8~12ページ。しかも、ムックの終わりのほうにオマケっぽく掲載。が、今回は32ページですよ旦那! 2折りにわたって輪っかが延々と続くのです。

普通なら似たようなページがつづいて退屈になりがちな構成ですが、腹をくくって絶対飽きない怒濤のマウントアダプター特集に仕上げました。素のマウントアダプターは序盤だけ。中盤以降、キワモノをひたすら放ち続ける非常識な特集です。僕の私物Z fcのマウント、純正レンズがついたのは一度だけですよ。

ちなみに執筆陣は、大西みつぐさん、赤城耕一さん、阿部秀之さん、後藤哲朗さん、宇佐美健さんなど、ビッグネームがズラリと。どれだけ濃い内容か、想像に難くないでしょう。Nikon Z fcが気になっているなら、ぜひご覧ください。

 

| | Comments (0)

December 07, 2021

「Cameraholics Vol.6」は12月13日発売です!

来る12月13日、ホビージャパン「カメラホリックVol.6」が発売になります。ライカを軸にしたマニアックな一冊、今号も執筆と編集の両面でお手伝いしました。1特は「旅するライカ」と題したフォトギャラリー、2特はアポズミ特集、3特はNikon Z fc×オールドレンズ、4特は赤城耕一さんによるフォクトレンダー言いたい放題、とまあおもしろい企画が目白押しです。

Cover_vol06

●Cameraholics Vol.6[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売日:2021年12月13日
※Amazonのリンクはアフィリエイトプログラムを利用しています。

澤村はイロモノ担当としてきっちり仕事させていただきました。Nikon Z fc特集をまるっと担当し、オールドレンズとドレスアップでゴテゴテにした変態Z fcを多数掲載しています。作例よりもブツカットのほうが大きいです。察してください。1特の「旅するライカ」では久しぶりに赤外写真を掲載。香港のゴーストタウンを赤外撮影したものです。冥府感バリバリです。連載「吾輩は寫眞機である」は周エルカンをレポートしました。

濃いネタたっぷりのカメラホリックVol.6、ぜひお手にとってご覧ください。

 

| | Comments (0)

June 09, 2021

ストッパー不在の恐怖【Cameraholics Vol.5】

さあ皆さん、カメラホリックVol.5がいよいよ発売です。今号もびっくりするくらい欲望に忠実(笑)な一冊に仕上がりました。高かろうがレアだろうが、手にしてみたい撮ってみたい。ライカを前にするとどうしてこうも歯止めがきかないのでしょうか。ホント、ひとの心は弱いものです。

Lmimg_0002_20210609115501

●カメラホリックVol.5[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売日:2021年6月10日
判型:A4判
価格:2,970円
※AmazonのリンクはAmazonアソシエイト(アフィリエイト)を利用しています。

今号の第1特集は「ライカの噂、真相に迫る。」です。ライカのゴシップ的なネタを掘り下げてみようと。企画会議の時点では、できるできないはさておき、だいぶきわどいネタもあげていきます。ある程度ネタが集まったところで、現実的に誌面に載せられるネタに絞っていけばいいわけですから。たとえば、「今度のアポランター、アポズミよりいいらしいぜ」とか、「ライカM10-Rでオールドライカレンズとか意味なくない?」とか、こういうきわどいネタはよくよく考える必要があるわけです。フツーは。

ええ、カメラホリック編集部はストッパーがいません。「おもしろそうだから全部やろうぜ」というまさかの楽観主義。でも、まだ大丈夫。難しいネタはご意見番的ライターさんにお願いすればいい。どんなムチャぶりをしても危険水域を越えずに仕上げてくれるベテランさんがたくさんいます。

「とりあえず、面倒な設問は言い出しっぺが担当しような」と編集部。おわったな。

そんなわけでライター澤村、「アポランターとアポズミ、どっちがいいのか白黒はっきりつける」という厄介なネタを担当することになりました。なかなか高難易度の罰ゲーム、ぜひ誌面をみてやってください。

 

| | Comments (0)

May 29, 2021

ライカ濃度飽和中。【Cameraholics Vol.5】

来る6月10日、カメラホリックVol.5が発売になります。毎度ながら編集と執筆でお手伝いしました。今号は編集長の大号令で原点回帰の号と位置付け、ライカネタをこれでもかと詰め込みました。もともとライカ濃度の高い本シリーズですから、あきれるくらいライカ密になってます。単にライカ愛を垂れ流すのではなく、愛しすぎて憎いという感情もしっかり反映してますよ。

Ch05

●カメラホリックVol.5[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売日:2021年6月10日
判型:A4判
価格:2,970円
※AmazonのリンクはAmazonアソシエイト(アフィリエイト)を利用しています。

第1特集は「ライカの噂、真相に迫る。」です。ライカにまつわる噂のあれやこれやを集めました。たとえば、「アポズミとアポランターどっちがいいの?」とか、「レンジファインダーって厳密にはピント合わないよね?」とか、「ライカビットって飾りじゃね!?」みたいな、意地のわるい噂にも真っ向勝負を挑んでみました。ライカを巡る本音トーク、お楽しみください。

第2特集はノクティルックス特集です。復刻ノクチが発売になったので、これにかこつけてノクチの人気モデルをドドンと集めてみました。オリジナル1st、復刻1st、第2世代E58、そして現行。レビュワーは当該モデルを実際に所有し、愛用されている写真家勢です。ハービー・山口さんの第2世代E58、落合陽一さんのオリジナル1stは必読ですよ。

澤村のメインの執筆担当は第3特集と連載です。もちろんどちらもライカネタ。第3特集はライカM10でシネレンズ撮影してみました。アリフレックスあたりは誰もが想像できると思いますが、そんなものは序の口です(笑)。今号もイロモノ担当としてきっちり仕事させていただきました。連載はジュピターネタです。もちろん、ただライカにジュピターをつけてもおもしろくないですよね。ちゃんと2回転半ひねりを加えてあります。

梅雨で撮影の難しい日々がやってきますが、カメラホリック最新号なら雨天決行でライカと写真の世界をお楽しみいただけます。今号もよろしくお願いいたします!

 

| | Comments (0)