OLD LENS PARADISE

April 16, 2017

Leica M10が誘うショートフランジ広角復活の兆し

本日より、オールドレンズパラダイス4月期がスタートしました。初回の座学はM10ネタです。久しぶりにショートフランジ広角レンズの一斉テストをやってみました。ボディはライカM10、ライカMタイプ240、α7IIの3台、レンズはあれやこれと12本。なかなか大がかりなテストです。それぞれマゼンタかぶりと周辺像の流れをチェックし、ライカM10のポテンシャルを測ってみました。

Leica M10 + G Biogon T* 28mmF2.8

Lml1001319
サムネイルなのでわかりづらいかもしれませんが、改造Gビオゴン28ミリが色かぶりなく、しかも周辺部までカチッと結像しています。やるなあM10(笑)。あんなレンズやこんなレンズも復活の兆しが感じられ、広角好きならM10は良いパートナーになってくれると思います。

さて、東急セミナーBE「オールドレンズパラダイス」は途中参加も可能です。オールドレンズに興味のある方、ぜひ一緒にオールドレンズの世界を楽しみましょう。

| | Comments (0)

April 09, 2017

オールドレンズの森は深いままでいい

とあるレンズのリペアマンが、Facebookでヤシコールの謎を解析していた。Yashikor 5cmF2.8はクセノタール型のレンズとして有名だ。が、一部にテッサー型らしき個体があり、クセノタールなのかテッサーなのか、その謎に迫るというものだ。彼はいくつものヤシコールを解体し、一次情報から「Yashikor 5cmF2.8はすべてクセノタール型というわけではなく、テッサー型もある」と結論づけた。定説を覆す勇気がすばらしい。

実はぼくもYashikor 5cmF2.8は持っている。クセノタールという触れ込みで買ったものの、現物を見る限りテッサー型としか思えない。レンズに詳しい人に相談したところ、やはり「ヤシコールにはクセノタールとテッサーがある」という話だった。ただ、世の中には「ヤシコールといえばクセノタール」と信じて止まない人がたくさんいるわけで、そうした逸話はオールドレンズ的ロマンのひとつと理解した。

Lm_dsc4743
α7II + Yashikor 5cmF2.8

似たようなことは、オールドレンズにハマリだした当初、アンジェニューで経験したことがある。P.Angenieux Paris 35mmF2.5 R1は、ゆるふわの代名詞のようなレンズだった。Exakta VX1000に付けて撮ったところ、とにかくピントが合わない。35ミリレンズなのである程度被写界深度が深いのはわかる。そうは言ってもどこにピンがきているのはまるでわからないのだ。カメラの先輩達に相談したところ、「アンジェニューはそういうものだから」という答えだった。アンジェニューはそもそもフワフワした写りで、ピント精度を追い求めて使うようなレンズではないと。ただ、このレンズをデジタルで使うようになり、状況が一変する。

当初、EOS 20Dという中級デジタル一眼レフでアンジェニューを試した。このカメラはファインダーが小さく、ライブビューもない。当然ながらピント合わせには苦労し、ゆるふわな写真ばかり撮っていた。が、その後、EOS 1D Mark IIIというライブビュー可能なカメラに買い換え、さらにミラーレス機が登場するに至り、デジタルでのファインダー環境が大幅に改善する。すると、例のアンジェニューでもジャスピンで撮れるようになった。目の前に現れた像は、これまで見たこともないカミソリで削いだようなシャープさだ。それ以来、このレンズをレビューするときはカミソリシャープという言葉を使うようになった。

Lm9200
α7II + P.Angenieux Paris 35mmF2.5 R1

ただ、ここで注意したいのは、「アンジェニューをゆるふわと称するのはまちがい。カミソリシャープこそが真の姿だ」と言ってしまうと必ずしも正しくない点だ。つまり、こういうことだ。ライブビューの拡大表示というファインダー環境が使えるようになり、我々はようやくアンジェニューのシャープさに気付けた。アンジェニューは昔からシャープだったものの、それを引き出せるファインダー環境(要はカメラボディ)がなく、結果、ゆるふわなレンズと称されることが多かった。ゆるふわもカミソリシャープも、どちらもアンジェニューの姿というわけだ。

ぼくはこの手の話をオールドレンズ的ロマンと呼んでいる。オールドレンズにまつわる逸話は本当にたくさんある。特にOEMがらみの逸話の一人歩きっぷりはすごい。OEMの実情が表に出てくることは原則ありえないので、多くは憶測だったり、個体レベルの話に過ぎないのだが、もっともらしく語られると、「なるほど、そういうものか」と思ってしまう。以前、当時の関係者に取材してみたら、オールドレンズ界隈で言われていることとまったく別の答えが返ってきて驚いたことがある。また、当時のレンズ設計者と言えどもOEMなどの営業方面はタッチしていないため、逸話の裏取りは想像以上に険しいと感じた。オールドレンズの森はかくも深いものなのだ。

さて、ぼくはオールドレンズ研究家ではない。あくまでもオールドレンズの本を作るライター兼編集者だ。ぼくの目的は、オールドレンズの森を刈って真実に光を当てることではない。むしろオールドレンズの森の歩き方を意識している。オールドレンズの森に足を踏み入れ、深く、より深く分け入っていく。そこに高揚感があることを、オールドレンズファンならばよくご存知だろう。ゆえにオールドレンズ的ロマンなのだ。

オールドレンズの森は深くていい。深ければ深いほどいい。森の中で彷徨うことも含めて、オールドレンズの楽しさなのだと思う。

| | Comments (0)

April 07, 2017

オールドレンズパラダイス4月期 受講生募集中です!

今月の第3日曜日より、東急セミナーBE「オールドレンズパラダイス」4月期が開講します。ただいま受講生を募集中です。オールドレンズが好きな方、これからオールドレンズをはじめてみたいと思っている方、いっしょにオールドレンズの世界を楽しみましょう。

Olp13_01_s
●東急セミナーBE「オールドレンズパラダイス」4月期
講師:写真家・ライター 澤村 徹
内容:オールドレンズ好きが集うサークル感覚の講座です。
場所:東急セミナーBE 自由ヶ丘校
申込:ウェブからお申し込みいただけます。

日時:2017年4月より毎第3日曜日×6回
13:30~15:00(※実習は時間が変わります)

カリキュラム
2017/04/16(日) 座学
2017/05/21(日) 屋外撮影実習
2017/06/18(日) モデル撮影実習
2017/07/16(日) 座学
2017/08/20(日) 屋外撮影実習
2017/09/17(日) プリント講評会

オールドレンズに興味がある方であれば、撮影スキルを問わず、楽しんでいただける講座です。これからオールドレンズをはじめるという方にもていねいに指南いたします。ご興味あればぜひご参加ください。

| | Comments (0)

March 19, 2017

SOFORT 10枚シバリの恐怖(オールドレンズパラダイス)

今日はオールドレンズパラダイスのプリント講評会でした。最近、受講生の面々がそろって学習高原に到達したようで、ほぼプリント“鑑賞会”になっています。講師としては受講生の上達を目の当たりにしてうれしい反面、ダメ出しする機会が減り、寂しくもあります(笑)。

Lml1000702

さて、こうなってくると、講師もフツーにプリントしただけでは太刀打ちできません。そこで今回はこんなものを用意しました。

Lmimg_00052

JB Cameradesignのチェキ用レザーアルバムです。以前、ゾフォートを購入した際に、気になったので2冊ほどまとめ買いしておきました。

Lmimg_00082

中を開くとこんな感じ。すごく雰囲気が良いのですが、レザーがあまりにオイルたっぷりで、指先が汚れてしまいました。取り扱いはちょっとナーバスな感じですね。

このアルバムはチェキを10枚収納できます。1カートリッジ分をそのまま収納するならそれで問題ないわけですが、仮にも写真教室の講師ですから、ゾフォートのストックから良さげな写真を10枚セレクトします。この時点で、自分が泥沼にハマッタことに気づきました。

10枚のベストショットを選んで順に並べる。これって写真展やフォトブックのセレクトといっしょですよね。ゾフォートでサクッとアルバム作ってフィニッシュのはずが、がっつり作品づくりモードにならざるを得ませんでした。結局写真って、どんな小さなことでも本気モードにぶち込めるわけですね。ゾフォート10枚シバリ、組み写真みたいでけっこうおもしろいです。機会があれば試してみてください。

ここでお知らせです。

オールドレンズパラダイス4月期の受講生を募集中です。月1回ペースのライトなノリのオールドレンズ講座です。座学、撮影実習、プリント講評会を通じて、オールドレンズを楽しむのが狙いです。ご興味あればぜひご参加ください。

●東急セミナーBE「オールドレンズパラダイス4月期」
2017年4月より6ヶ月/各月の第3日曜日/13:30~15:00
東急セミナーBE自由が丘校
※インターネットからお申し込みいただけます。


| | Comments (0)

February 19, 2017

作例の宝庫に行ってきました(オールドレンズパラダイス)

オールドレンズパラダイスの撮影実習で西新井大師に行ってきました。実はこの場所、ぼくにとってはほぼ庭です。ややもすると週三で通うほど(笑)。雑誌や本の作例撮り、入手したばかりのレンズのテスト撮影など、とにかくことあるごとに撮りに来ています。狭いエリアにいろいろと被写体が見つかり、効率よく多彩なカットが撮れます。駅から徒歩1分というアクセスの良さもポイントでしょうか。電車移動派にはお薦めですよ。

Leica M Typ 240 + Summaron 3.5cmF3.5

Lml1005986_2
レンズはズマロンを持ち出しました。曇り玉でフレアが出やすい個体ですが、順光を選びながら撮ればけっこうカッチリと写ります。あと、この時代のレンズはやはり階調表現が気持ちいいですね。

α7II + Domigor 135mmF4

Lm_dsc4349_2

もう一本はPentinaの中望遠、ドミゴー135ミリF4です。こんなレンズ、誰も使ってないよなあ(笑)。最短2.8メートルというどうしようもなく寄れないレンズです。

西新井大師はOLPメンバーにも気に入ってもらえたようで、実習後、自主的に追加撮影に行かれる方もいました。西新井大師の魅力が伝わってよかったです(笑)。

| | Comments (0)

January 15, 2017

2017年初っぱなのモデル撮影実習

今日はオールドレンズパラダイスのモデル撮影実習でした。フンパツして自由が丘のちょっとお高いスタジオで予約。モデルはいのうえのぞみさんにお願いし、2017年初っぱなのモデル撮影の満喫しました。

Lm_dsc30372
α7II + Planar T* 85mmF1.4

今回は、プラナーやビオターといった定番ポートレートレンズで撮りました。それにしても、プラナーT* 85mmF1.4の写りは別格ですね。開放近辺のシャープなのにやわらかい感じにテンション上がりまくりでした(笑)。

| | Comments (0)

December 19, 2016

OLP後の目黒川イルミネーション

昨日はオールドレンズパラダイスの座学でした。先月の香港ワークショップの中から、オールドレンズパラダイス向けの話題をいくつか解説しました。「香港を何ミリの広角で撮るか」というお題目は、自分でまとめていてもおもしろかったです。

Lml10204032
Leica SL + Summarit 5cmF1.5

座学の後は中目黒で忘年会です。今年は目黒川のイルミネーションが開催されているので、お店に行く前にみんなで撮り歩きました。いやあ、交通規制が厳しくて撮りづらいですねえ(笑)。完全に日が落ちた状態よりも、ちょっと薄日が残っているぐらいの時間帯、16時から16時半までが勝負だと感じました。けっこう奥行きがあるシチュエーションなので、中望遠でボケフォト狙ってもおもしろそうですね。

| | Comments (0)

November 20, 2016

穴守稲荷の旧車街

オールドレンズパラダイスの撮影実習で、穴守稲荷から羽田可動橋のルートを撮り歩いた。元々は田中長徳さんにこの界隈に廃車のシトロエンDSがあると教えてもらい、散策がてら撮影実習のルートに仕上げた。駅から距離があってちょっと疲れるコースだが、被写体のバリエーションは多い。もちろんここで言う被写体とは、オールドレンズに適した被写体、という意味だけど(笑)。まあこんな↓やつね。

Lm_dsc1463

田中長徳さんのシトロエンDS(って長徳さんの愛車という意味ではなく、彼に教えてもらったシトロエンDSね)も再訪。初見から変わりない廃車っぷりを拝む。

Lm_dsc1519

帰路、羽田可動橋から穴守稲荷駅へ向かう途中、年季の入ったアルファロメオとも出会えた。ビートルと二段重ねというあたり、貴重な産業遺跡だと思う。

Lm_dsc1564

今日のカットはすべてヴェラテッサー。中心しか合焦しない正統派オールドレンズだ。

| | Comments (0)

October 16, 2016

オールドレンズB面コレクション(オールドレンズパラダイス)

東急セミナーBE「オールドレンズパラダイス」の2016年10月期がスタートしました。初回は座学です。メンバー全員で自己紹介した後、澤村がここ数ヶ月で買いためたオールドレンズをドドンと紹介してみました。といっても、ただオールドレンズを羅列したわけではなく、オールドレンズB面コレクションと名付け、斜め上をいくオールドレンズをいろいろと紹介してみました。

Lmimg_0028

上の写真は、Ducatiの標準レンズを三晃精機のマウントアダプターで装着したところです。イタリア製のレンズを買ったのははじめてかなあ。オールドレンズの海、滅多矢鱈と広いです(笑)。カメラ自体は有名だけど、マウントアダプターがなくて誰も注目してこなかった。そんなマウントをあれやこれやとかき集め、マウントアダプターで運用できるものを厳選して紹介しました。オールドレンズはまだまだ未知の領域があります。時間をかけてゆっくりと楽しみたいです。

| | Comments (0)

September 18, 2016

OLPからの「dp PRAHA」

今日はオールドレンズパラダイス第11期の最終回、プリント講評会でした。半年間の成果をプリントで持ち寄り、報告し合うのが目的です。忙しくてあまり撮れなかった人、どう考えても撮りすぎな人、まあいろいろですが、オールドレンズと写真を楽しんでいることが伝わってきて講師冥利に尽きます。

Lml10018872

10月からはオールドレンズパラダイス第12期がスタートします。相も変わらずサークルのりのゆるい集まりですが、オールドレンズにご興味のある方、ぜひご参加ください。恒例のモデル撮影実習も予定しています。モデルにはゆっくり目でポーズを切り替えてもらうので、オールドレンズのMFに不慣れな人でも大丈夫ですよ。

●東急セミナーBE オールドレンズパラダイス第12期

2016年10月~2017年3月 毎第3日曜日
東急セミナーBE 自由ヶ丘校
※上記リンクからお申し込みいただけます。

OLPの後は、有志数名で田中長徳さんの個展「dp PRAHA」を見に行ってきました。プラハのカラープリントを拝見し、さらには田中長徳さんのマシンガントークも堪能し、楽しいひとときでした。

Lml10018963

上の写真は長徳さんに撮ってもらったものです。例によってぼくのライカには、ホークスファクトリー製の未発売レンズとか、ジェイツジムラの純銀サムグリップとか、よからぬものが色々と付いてまして、長徳さんがそれを面白がっていじっている最中に撮影された1枚です。まあ、家宝だね(^^)。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧