OLD LENS LIFE

October 04, 2019

ダマされたと思ってオールドズーム

今年のオールドレンズ・ライフはオールドズームを第1特集に持ってきました。本シリーズも長らく続いていますが、ズームレンズの特集ははじめてです。オールドレンズと言えば単焦点という暗黙の了解があり、ズームレンズってどうしても敬遠してしまうんですよね。しかし食わず嫌いはよくないですよ。まあ、ダマされたと思ってオールドズームを試してみてほしいです。

Lm9738_s
α7III + Angenieux Zoom 35-70mmF2.5-3.3

オールドズームと向き合うとき、ふたつの観点があると思います。ひとつめは高画質。ツァイスやシュナイダーのズームがこれに相当します。安いわりに本当によく写るんですよ。ヤシコンやコンタックスNの標準ズームはいまでも取材仕事で使っています。ぼくがヤシコンの標準ズームをカメラバッグから取り出すと、同行の編集さんは相当驚いてますが(笑)。

ふたつめはクセ玉。ズーム黎明期の製品は、光学的に相当無理をしています。もうおわかりですね。光学的に無理をする=収差多め=オールドレンズ的においしい、というやつです。ズーマーやヨンサンハチロクがこのタイプですね。あり得ないくらい暴れてくれます。昔のズームはそつなく写るから、と敬遠していた人は、黎明期狙いがオススメです。

実用できる高画質タイプ、収差たっぷりの黎明期タイプ。オールドズームの世界は単焦点オールドレンズに負けず劣らず奥深いです。最新刊の「オールドレンズ・ライフ 2019-2020」にて、その世界に触れてみてください。

●オールドレンズ・ライフ 2019-2020[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2019年9月30日
税別価格:2,000円

 

| | Comments (0)

September 30, 2019

本日発売です!【オールドレンズ・ライフ 2019-2020】

初秋の風物詩、「オールドレンズ・ライフ2019-2020」が本日発売になりました。以前は夏に発売されていたのですが、そのスケジュールだと編集部がお盆休み返上になると泣きが入り、ここ数年は初秋発売に落ち着いています。ちなみに、初秋発売だと著者とデザイナーがお盆休み返上になります(笑)。

Lmimg_0052

●オールドレンズ・ライフ 2019-2020[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2019年9月30日
税別価格:2,000円

冗談はさておき、今号もオールドレンズにじっくり浸れる一冊に仕上がりました。作例の印刷がいいです。オールドレンズ撮って出しの色がストレートに印刷されています。誌面からレンズの描写傾向をちゃんと読み取ってもらえることでしょう。

内容はいつも通り、ひたすらオールドレンズで撮りまくってます。本シリーズ初のオールドズーム特集、最新ミラーレスとオールドレンズの相性チェック、外観にクセのあるレンズを集めたオールドレンズ筒買い選手権など、来る日も来る日もオールドレンズで撮り続けました。その成果をご覧ください。

唯一普段とちがうのは、ユーザー参加型特集を組んだ点でしょうか。一般のオールドレンズファンに取材し、愛用オールドレンズとお気に入りカットを紹介しています。この十年で本当にオールドレンズファンが増えたなあと実感する企画でした。

ここ数年、オールドレンズライフでは現行MFレンズを取り上げています。今回は大口径広角と超広角を厳選しました。21ミリF1.4とか、15ミリF2とか、ちょっとどうかしているレンズを集めました(笑)。広角の既成概念をぶち壊すようなすごい描写のレンズばかりです。人とちがった写真が撮りたい人は一見の価値アリですよ。

ちなみに、今号は電子版も同時発売です。読書はタブレット、という方も発売日にご覧いただけます。それでは「オールドレンズ・ライフ2019-2020」、じっくりとお楽しみください。よろしくお願いいたします。

 

| | Comments (0)

September 13, 2019

「OLD LENS LIFE 2019-2020」の特集はこんな感じだよお!

玄光社「オールドレンズ・ライフ 2019-2020」、発売日がだいぶ近づいてきました。今号の見所を解説したいと思います。業界動向としては、昨年末にドドーンとフルサイズミラーレスがたくさん出ました。ぶっちゃけ、即買い換えした人は少ないと思いますが、あれから一年たち、そろそろボディ替え換えを検討する人が増えたことでしょう。そんなわけで、今号はフルサイズミラーレスが通底するキーワードです。

Oll2019_s

●オールドレンズ・ライフ 2019-2020[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2019年9月30日
税別価格:2,000円

その点をストレートに特集したのが「最新ミラーレスとオールドレンズ」です。オールドレンズと相性のよい最新ミラーレスはどれか。そしてどんなオールドレンズを付けると楽しいのか。機種ごとにけっこうみっちりとレポートしています。

フルサイズつながりでもうひとつ。ついにオールドズームを特集しました。前々からオールドズームはしっかり取り上げたいと思っていたのですが、やっと日の目を見る機会がやってきました。フルサイズ全盛だからこそ、画角のマジシャンたるズームの良さが際立ちます。といっても、単にオールドズームを紹介するのではなく、単焦点好きにもこれなら楽しんでもらえるだろう、というオールドズームを中心に集めました。画角だけでなく、描写面にも期待できますよ。

今号は久しぶりに取材モノをやってます。プロアマ混在でオールドレンズユーザーを取材し、リアルオールドレンズライフをたっぷりと訊いてきました。みなさん自分のカラーをしっかりもってオールドレンズを楽しんでいるのが印象的でした。もしこの企画の評判が良ければ、一般公募的に誌面に出たい人を募ってもいいなあなんて思っています。その他は、「オールドレンズ筒買い選手権」「オールドレンズ少年の主張」などなど、得体の知れない特集が目白押しです(笑)。

オールドレンズ・ライフは「雑誌」を意識して毎号作っています。実用性とエンターテイメントをほどよいバランスで織り交ぜたいなあと。「このレンズ、なんかヤベえ」みたいな感じで気軽にオールドレンズを楽しんでほしいです。

 

| | Comments (0)

September 12, 2019

道内最古、築百年の写真館を訪ねる(旧小林寫眞館)

今年の初夏、オールドレンズ・ライフの取材で函館にある旧小林寫眞館を訪れた。築百年という道内最古の写真館だ。一見すると重要文化財のようだが、歴とした現役の写真館だ。完全予約制なので、通常はその中を拝むことはできない。

実は数年前、函館で作例撮りした際、旧小林寫眞館の前を歩いていた。何かしらの文化財のようだが中には入れず、反面、手入れは良く行き届いている。一体どんな建物なのか気になっていた。

館長の谷杉アキラさんはぼくと同世代の写真家だ。この旧小林寫眞館とは別に、Photo Studio TANISUGIという現代的な写真館も経営している。元々Facebookつながりだったこともあり、取材前から大いに盛り上がり、今回、取材にかこつけて旧小林寫眞館の内部を見せもらった。役得ってやつだ。

Lm1006016
淡い鶯色とでも言おうか。独特の色合いの壁だ。最初期に使われていたペンキの色を調べ、オリジナルに近い状態に塗り直したという。

旧小林寫眞館の外観はたしかに古いのだが、どこか素っ気ない佇まいだ。豪奢な洋館というわけではない。だからうっかり油断していた。引き戸をくぐった瞬間、完全に場に呑まれた。詳しく書くとネタバレになってしまうので、とりあえず比喩に止めておこう。ラノベでよく見かけるドアの向こうは異世界だった、みたいな感じだ。まあ、相当やばいことになっていた。

Lmimg_0024
取材の後、谷杉アキラさんにポートレートを撮ってもらった。この写真館でしか撮れない写真であり、かつ旧小林寫眞館らしさに満ちたプリントだ。

そんな旧小林寫眞館だが、残念なことに2020年3月末で閉館するという。開業から10年、けっして短い時間ではない。道内最古の写真館を、実際の写真館として運営する。古民家リノベーションでカフェを開業するのとはわけがちがう。当時の姿をできるかぎり忠実に再現した上での写真館営業だ。その苦労は並々ならぬものがあっただろう。谷杉さん曰く、旧小林寫眞館の収益はすべて修繕費に充ててきたという。函館駅からずいぶんと離れた地にある写真館だ。毎日のようにお客さんであふれかえるわけではない。写真館の売り上げは無論、私財をなげうって旧小林寫眞館を存続させてきたというのが正直なところだろう。

閉館は寂しいことだが、まだ半年ほどの時間がある。興味がわいた人はぜひ、予約を入れ、扉の向こうの異世界的空間を楽しんでほしい。


旧小林寫眞館
Photo Studio TANISUGI 写楽館

 

| | Comments (0)

September 06, 2019

【OLD LENS LIFE 2019-2020】9月30日発売です!

作例撮りの帰りに玄光社に寄り、「オールドレンズ・ライフ2019-2020」の色校をチェックしてきました。今年もいい仕上がりです。丸一年かけて撮り貯めたあんな写真やこんな写真が誌面を彩り、報われた気分になりますね。

Lm_dsc2646

●オールドレンズ・ライフ 2019-2020[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2019年9月30日
税別価格:2,000円

今号もオールドレンズで撮った写真をたっぷりと載せています。個人的にお気に入りなのは、マカオのグランドリスボアのカットかなあ。オールドズームでググッとクローズアップして撮っています。どんなカットかはぜひ本書をご覧ください。

発売までまだ3週間以上ありますが、折を見て特集内容などをご紹介してまいります。ご期待ください。

 

| | Comments (0)

March 28, 2019

「はれ予報」の取材を受けました!

特定の方限定の告知になりますが、しんきんカードの情報誌「はれ予報」の取材を受けました。何でもデジタルカメラの大特集ということで、ミラーレスとオールドレンズについて語ってほしいと。お気に入りのレンズと作例をドンと紹介しています。

Img_2067

●しんきんカード情報誌「はれ予報」

担当編集さんから「ぜひイエナのレンズを!」とリクエストがありました。もしかしたら同士だったかもしれませんね(笑)。しんきんカードをお持ちの方、はれ予報がお手元に届いたらぜひご覧ください。

 

| | Comments (0)

March 17, 2019

プリント講評会という名のお楽しみ会

今日はオールドレンズ・パラダイス16期のプリント講評会でした。この講評会は講師も作品提出が義務付けられています(笑)。今回はメタルプリントなるものを試してみました。CP+で見つけたパイオテックという会社のプリントサービスで、アルミ板に昇華転写するものです。手前の2枚がメタルプリントです。詳細は改めてレポートしたいと思っています。

Lm_r000137_2

プリント講評会はネタ持ち込みのお楽しみ会も兼ねています。めいめいネタカメラを持ち寄り、カメラ・レンズ談義に花を咲かせます。

Lm_r000133

蛇腹愛が止らない人のカメラとレンズです。

Lm_r000134

こちらはカートリッジ愛が止らない人のカメラ。

来月からはオールドレンズ・パラダイス4月期がスタートします。ただいま受講生を募集中です。ぼくの講座は写真がうまくなることはありませんが(笑)、オールドレンズの楽しみ方だけはしっかりお伝えできると自負しています。オールドレンズに興味がある方、ぜひご参加ください。

| | Comments (0)

March 05, 2019

巷でウワサの水色の本、発売ですよ。

昨日、玄光社「ライカMLレンズ・ベストセレクション」が発売になりました。CP+2019で先行発売したので、すでにご覧の方もいることでしょう。表紙カバーがライカレンズ本にはあり得ない色をしているため、巷では「水色の本」と呼ばれているようです。ちなみに、去年出した「オールドレンズ・ベストセレクション」は「黒い本」だとか。来年はオールドレンズ検定に役立つ赤本を出さないといけませんね(笑)。

Lmimg_00162_2

●「ライカMLレンズ・ベストセレクション」[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2019年3月4日
価格:2,484円

表紙の写真からもわかるように、ライカレンズ本とは言えライカユーザーだけでなく、フルサイズミラーレスユーザーも視野に入れた構成になっています。掲載レンズは全64本で、文字通り古今東西のレンズを収録しました。西はドイツ、東は日本、戦前のオールドライカレンズから昨年発売したばかりの中国製レンズまで、バラエティー豊かに取り揃えました。

初心者にとってはライカレンズデビューの手引き書として、中上級者にとっては自分の趣味趣向と異なるレンズと出会う一冊として、ぜひ楽しんでいただきたいです。ご高覧のほど、よろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

March 04, 2019

CP+2019 三つのお礼

明け方、デジカメWatchの原稿を脱稿し、CP+2019にまつわる全業務を終えました。最近は桜木町のビジネスホテルに泊まるので体的にはラクなのですが、起床から就寝まで、仕事しっぱなしというセルフブラックな環境がどうかと思います(笑)。

Lm_dsc1529
α7III + Vario-Sonnar 28-85mmF3.3-4.0 T*

焦点工房ブースのトークショーにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。トーク内容はお楽しみいただけたでしょうか。ニコンZシリーズがオールドレンズと好相性ということを、わかりやすくお伝えしたつもりです。それにしてもTZE-01の破壊力は強烈ですね(笑)。いずれテスト可能な個体が手に入ったら、いろいろなオールドレンズを試したいと思っています。

会期中、取材に応じてくださった関係者の皆様にも御礼申し上げます。ここ数年、デジカメWatchからマニア向けアイテムを取材せよと勅命を受け、中小ブースを中心にまわっています。今年も期待感の募る製品をたくさん見せてもらいました。記事は本日公開になっています。ぜひご覧ください。

●デジカメWatch

最後に、先行発売で「ライカMLレンズ・ベストセレクション」をご購入いただいた皆様、ありがとうございます。ライカレンズデビューのガイドブックとして、マニア層の酒の肴(笑)として、カジュアルに楽しめるライカレンズ本を目指しました。ヘリオス、タクマーでオールドレンズデビューして、次の一本を探している、なんて人にもお薦めですよ。本書は今日から正式に発売となりました。全国の書店にてご購入いただけます。

これからは夏以降の仕事に向けていろいろと仕込んでいきます。ご期待ください。

| | Comments (0)

February 24, 2019

CP+2019 トークイベントと新刊先行発売のお知らせ

CP+2019がらみで2点お知らせです。ひとつめはトークイベントについて。今年もKent Faith International/焦点工房ブースにて登壇します。3/1(金)15時、3/2(土)11時の2回です。Nikon Zシリーズとオールドレンズで撮ったたくさんの写真と、ベースボディとしてのポテンシャルの高さを解説します。

「話題のZでオールドレンズ」

日程:
2019年 3月 1日(金) 15:00~
2019年 3月 2日(土) 11:00~

場所
Kent Faith International/焦点工房ブース(G-12)

ふたつめは新刊の先行発売についてです。来る3月4日、玄光社より「ライカMLレンズ・ベストセレクション」を上梓します。本書をCP+2019にて先行発売することになりました。中古カメラフェア会場の玄光社ブースにて、初日から販売いたします。

Mllems_s

CP+の初日から3日目(2/28(木)~3/2(土))は、ぼくも玄光社ブースに顔を出すつもりです。本書をご購入いただいた方、ひと声かけていただければサインをお入れいたします。玄光社ブースに出没する時間帯は以下の通り。取材の都合でズレが生じるとは思いますが、ブースに向かう際、ぼくのTwitterでお知らせします。

●中古カメラフェア玄光社ブース 澤村の出没時間帯(予定)
2/28(木):15時以降
3/1(金):16時以降
3/2(土):12時以降

事前に入手した情報によると、オールドレンズファンが好みそうなマウントアダプターやMFレンズがいろいろと見られそうですよ。CP+会場にて皆様とお会いできることを楽しみにしています。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧