OLD LENS LIFE

January 04, 2017

「パオロとフランチェスカ」のその後

以前、「オールドレンズ・ライフ Vol.4」に、「パオロとフランチェスカ」という題で写真と文章を載せたことがある。二体のキスドールが心なき者に破壊され、それでもしばしの時を経て、二人は寄り添い口づけを交わすというストーリーだ。あれから数年ぶりに、ふたりに挨拶をしてきた。

Lml1001195
Leica M8 + Summilux-M 35mmF1.4

最後に見たキスドールは木の下で身を寄せ合っていたが、数年ぶりのふたりははじめて見たときと同じく、小道を挟んで見つめ合っていた。ここのオーナーが修理したのだろうか。すっかり塗装が落ちて真っ白になってしまったが、それはそれで石膏像のようで美しいと思う。

Lml1001196
男の子を見ると、足首に棒を差し込み、応急処置している。痛々しい感じは否めないが、地べたに転がっていたことを思うと、こうして立っていることが奇跡のようだ。

Lml1001203
キスドールはやはり、向かい合い、見つめ合っている姿がいいね。

| | Comments (0)

September 14, 2016

ホークさんと澤村の常軌を逸したシンクロ率

オールドレンズ・ライフ Vol.6Tsubasa Swallow 35mm F2を実写レポートした。読者諸氏はすでにご覧いただいているだろう。このレンズ、ヘリコイドアダプターでおなじみのHawk's Factoryが設計製造したオリジナルMFレンズだ。わかりやすく言うと、ホークさんが作っているレンズである。

Hf

さて、Swallow 35mm F2の代理店であるデジタルホビーの中の人から上の写真が届いた。右がオールドレンズライフ6のスワローの実写レポート。ぼくが撮影した写真だ。左はSwallow 35mm F2の開発者、ホークさんがスワローで撮った写真である。澤村は東京奥多摩で撮影、ホークさんは台湾で撮影。似すぎじゃね!?(笑)。

どうやらオールドレンズライフ6の見本誌をホークさんが見て、似た写真を撮っていたことに気付いて写メしてくれたらしい。なんだろう、こういう空間を超えたシンクロはゾクッとしますね(笑)。

| | Comments (0)

August 30, 2016

オールドレンズ・ライフ Vol.6 本日発売です!

オールドレンズファンのみなさん、お待たせしました。玄光社「オールドレンズ・ライフ Vol.6」が本日発売となりました。年1冊ペースでの6冊目、思えば遠くに来たもんだ的な気分です。ちなみに今は、Vol.7の企画書練ってます(笑)。

Lmimg_0025

●OLD LENS LIFE Vol.6[玄光社][Amazon
出版元:玄光社
発売日:2016年8月30日
価格:税込2,160円
判型:A4変型判144ページ

オールドレンズライフの企画を練るとき、毎号、それとなく大きな方向性を考えます。Vol.6でイメージしたのは「レンズ語り」です。良く写るレンズがほしいなら、現行レンズにまさるものはありません。諸収差の多いオールドレンズを愛用するからには、それ相応に理由があるはずです。なぜ自分はこのレンズが好きなのか? 理由は十人十色であり、その人の写真やカメラとの向き合い方とも大きく関係してくるはずです。客観的評価よりも主観的評価。オールドレンズはそういう世界だと思うのです。世界中が駄レンズと言おうが、自分にとっては唯一無二の名レンズ。そんなレンズ語りをやってみたいなあとまとめたのがVol.6です。レンズ語りの実例と、レンズ語りに必要な基礎情報をあれやこれやと一冊にまとめました。ぜひ書店で手にとっていただけると幸いです。

| | Comments (4)

August 24, 2016

「オールドレンズ・ライフ Vol.6」のテーマはマイベストオールドレンズ

玄光社「オールドレンズ・ライフ Vol.6」の発売がいよいよ迫ってきました。Amazon、玄光社、それぞれのホームページで詳しい情報を確認していただけます。発売は8月30日、あと一週間ですね。

Oll6_s
●OLD LENS LIFE Vol.6[玄光社][Amazon
出版元:玄光社
発売日:2016年8月30日
価格:税込2,160円
判型:A4変型判144ページ

今回のテーマは、「自分だけのお気に入りのオールドレンズ」です。オールドレンズはそもそもが趣味性の高い世界です。オールドレンズファンは多かれ少なかれ、自分だけの愛用レンズをもっているはず。そうしたお気に入りのオールドレンズとどうやって出会ったのか、またどんなレンズがお気に入りになるのか、といった部分をいろいろな側面から切り込んでみました。

第1特集の「マイベストオールドレンズ」は、オールドレンズ愛好家のみなさんに取材し、お気に入りのオールドレンズを1本だけ選出してもらい、そのレンズに対する愛着を語ってもらいました。愛着を感じるポイントが文字通り十人十色で、オールドレンズの奥深さを感じさせます。

オールドレンズは描写面に心惹かれることが多いです。「フィルムメーカー製レンズの彩り」「これが噂のボケモンスター」では、オールドレンズの個性的な描写にクローズアップしています。特にフィルムメーカー製レンズという切り口はこれまで雑誌で見かけたことがないので、新しいカテゴリーとして楽しんでもらえるのではないでしょうか。

きわめつけは「ゼロからはじめるレンズ構成概論」です。本シリーズ6冊目にしてはじめて、レンズ構成について語ります。レンズ構成はどうしても話が難しくなるため、これまであえて避けてきました。ただ、お気に入りのオールドレンズを語る際、レンズ構成ならびに歴史的背景を知ることが不可欠だと感じました。内容は超ビギナー向けです。トリプレットとかテッサー型とか、話には聞くけど今ひとつピンとこない。そんな層に向けて、やさしくレンズ構成を解説しています。

また、前号につづき、オールドレンズと相性のよい現行MFレンズもたくさん載せています。本邦初公開となる新MFレンズにありますよ。

そうそう、表紙のα7IIのヤバさにどれほどの人が気付いたでしょうか。仕込みは上々、ツッコミどころ満載です(笑)。とにかくまるっと一冊、オールドレンズを楽しんでいただけます。8月30日発売、オールドレンズ・ライフ Vol.6、ぜひよろしくお願いいたします!

| | Comments (0)

August 18, 2016

オールドレンズ・ライフ Vol.6 8月30日発売です!

今年もオールドレンズライフの季節がやってきました。お盆の最中、2度にわたる色校を戻し終え、やっと手離れしたところです。春からずっとつきっきりだった一冊、オールドレンズ・ライフ Vol.6は8月30日発売です。

Lml1001402

●OLD LENS LIFE Vol.6
出版社:玄光社
発売日:2016年8月30日

今号は、「お気に入りのオールドレンズを見つける」が大きなテーマになっています。オールドレンズはそもそもが趣味性全開の世界。世間の評価を参考にしつつ、自分のお気に入りを探すのは楽しいものです。お気に入りの一本との出会い方、お気に入りを見つけるための基礎知識、そしてオールドレンズならでの描写のおもしろさ。そうしたものを一冊にまとめました。発売まであと2週間少々、しばしお待ちください。

| | Comments (0)

August 05, 2016

今ならオールドレンズライフ読み放題!

Amazonにて、Kindle Unlimitedという読み放題サービスが始まりました。月額980円で対応書籍が読み放題というサービスです。このサービスにオールドレンズライフVol.2~5が対応しました。

Snapcrab_noname_201685_11340_no00

●玄光社 Kindke Unlimited対応書籍一覧

ちなみに、30日間のお試し期間が設けられています。オールドレンズライフシリーズのバックナンバーをとりあえず読んでみたいという方は、このお試し期間でぜひご覧ください。Kindle版は紙版より安いとはいえ、複数冊だとけっこうな金額になります。かっこうのチャンスをぜひご活用ください。

| | Comments (0)

May 13, 2016

香港ワークショップ開催のお知らせ(Turtleback)

先月の後半、香港に行ってきました。「澤村が海外なんてめずらしいなあ」と思った人も少なくないでしょう。ぶっちゃけすごく久々の海外でした(笑)。何故このタイミングで香港に行ったのかというと、とあるイベントのための下見です。Turtleback社から香港でオールドレンズワークショップをやらないかと声がかかり、いよいよその募集がスタートしました。

Lml1009383
Leica M + Summarit 5cmF1.5

●Turtleback オールドレンズ・ワークショップ
澤村 徹と行く香港ワークショップ
日程:2016年11月3日~6日(4日間)

詳細は専用サイトをご覧いただくとして、ざっとこのワークショップの特徴を紹介しましょう。今回の香港ワークショップは、4日間に渡り、澤村といっしょに香港のオールドレンズ撮影向けのスポットをみっちりとまわります。現地スタップは香港在住数十年という現地に精通したオールドレンズファンで(みなさん日本人ですが、中国語と英語がぺらぺらです)、彼らと澤村で撮影ポイントを厳選しました。香港らしさという観点、オールドレンズ撮影向きという観点、この双方から撮り甲斐のあるポイントを選んでいます。先方からの候補地リストを元に、澤村からも「ここは絶対撮りたい!」とリクエストを加え、自信たっぷりの撮影コースに皆さんをお連れします。

主催のTurtlebackは、iPhoneにオールドレンズを付けるアダプターを製造販売している会社です。こんなもんを作るくらいですから、中の人はオールドレンズにどっぷりです(笑)。オールドレンズ好きがオールドレンズ好きのためにワークショップを開催するわけですから、おもしろい内容になって当然です。そうは言っても学生の課題ではありませんから、撮ってばかりの強行軍というわけではありません。適宜、ランチや休憩時間を設け、高齢の方でも気持ちよく撮影を楽しめるルートを作りました。初日と最終日には懇親会をセットして、オールドレンズ談義に花を咲かせる時間もたっぷりあります。

今回、参加メンバーをしっかりサポートしていきたいので、最大参加人数は抑えめにしています。ご興味ある方、ぜひ早めにお申し込みいただけると幸いです。

| | Comments (0)

September 15, 2015

KIPON EF-MFT AF をファームアップ

KIPONのAFマウントアダプター、EF-MFT AFのファームウェアをアップデートしました。アップデート用のソフトを起動し、USBケーブル(マイクロUSB)でEF-MFT AFをつなぐという至ってシンプルな作業です。Ver2.4の歪曲収差補正による歪み現象の改善、ってやつが前々から気になってたんですが、ウカウカしていたらVer2.5になってました。アップデートの頻度が高いのは、きっとフィードバックがたくさんあるのかな。今年の注目アイテムのひとつであることはまちがいないですね。ちなみに、焦点工房が独自にテストした動作確認リストも公開されています。2015年6月時点のリストなので、ファームウェアのバージョンによっては動作に影響があるかもしれませんね。ただ、購入前の事前情報としてはとても有益だと思います。

Img_1482
さて、KIPONのAFマウントアダプターについて、耳より情報をひとつ。オールドレンズ・ライフ Vol.5の読者プレゼントとして、EF-MFT AFとEF-S/E AFをそれぞれ5個ずつ提供していただきました。焦点工房や新東京物産のサイトで確認してもらうとわかるのですが、AFマウントアダプター計10個って、相当な金額になります(汗)。これだけ大盤振る舞いな読者プレゼントもそうそうないと思うので、ぜひチェックしてみてください。

| | Comments (0)

September 03, 2015

OLD LENS LIFE Vol.5 は電子版も同時発売です

発売から数日たち、オールドレンズ・ライフ Vol.5の感想が各方面から届いております。読者から企画のリクエストもあり、大変ありがたいです。さて、今号はかねてからご要望の高かった電子版が紙と同時発売になりました。タブレットやスマホ(画面の大きいやつね)でご覧いただけます。海外在住の方は電子版の恩恵大ではないでしょうか。

Lmimg_0011

●玄光社 オールドレンズ・ライフ Vol.5 電子版

上のリンク先には、オールドレンズライフ5電子版の一覧があります。Kindle、Kobo、ヨドバシカメラなど、普段使われているサービスにてオールドレンズライフ5電子版がご購入いただけます。紙版と合わせ、電子版もよろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

September 01, 2015

Acru OLD LENS 2015 トークイベントやります!

来週からはじまるアクリュオールドレンズ写真展「OLD LENS 2015」に参加します。この企画展は今年で2回目。昨年に引き続き、今年も招待作家として参加させてもらうことになりました。作品展示だけでなく、トークイベントもやります。お題目はオールドレンズ・ライフ Vol.5で取り上げた復刻トミノンの製作秘話です。あのレンズはプロジェクト立ち上げ前(!?)から関わっていたので、オールドレンズファンが興味津々なあんな話やこんな話をたっぷり披露します。ご期待ください。

Oldlens01
●アクリュ オールドレンズ写真展「OLD LENS 2015」
会期:2015年9月7日(月)~20日(日)※水曜日定休
場所:アクリュギャラリー

●澤村徹×シノハラトモユキ OLD LENS 2015 トークイベント
日時:2015年9月11日(金)19:00~(1時間程度)
場所:アクリュラボ

オールドレンズ・ライフ Vol.5を見ていただいた方はご存じだと思いますが、今回、アクリュとコラボしてカメラバッグを製作しました。その名も「コルメナII Tetsu Sawamura model」。クラックレザーと帆布を組み合わせた男臭いバッグです。このコラボカメラバッグの製作秘話も合わせてご紹介します。

復刻オールドレンズとコラボカメラバッグ、う~ん、一時間で足りるかなあ。話したいことがたくさんありすぎます。延長覚悟でご参加ください(笑)。

| | Comments (0)