metalmickey's camera

December 13, 2017

刻印シューカバーでリア充リベンジ

ぼくが学生の頃、アメカジが流行していた。当時、リア充の象徴たるイベント系サークルの面々は、袖部がレザーのスタジアムジャンパーを羽織り、これにおそろいのワッペンをいくつも貼り付け、キャンパス内を我が物顔で歩いていた。そんな彼らを見て、「大学生にまでなって制服かよ!」と毒づくのが、ぼくら非リア充の特権だった。知的学生はいつだってアンチメジャーなのだ(泣)。

Lmimg_0023

●metalmickey's camera F-Foto Custom Word Shoecover
シューカバーでその名を刻む

なんの話かというと、シグネチャーを刻印できるシューカバーを作ってみたら、これがどうにもかっこよく、写真グループでおそろいのシューカバーとか楽しいだろうなあと思ったのだ。学生の頃は「おそろい」なんて聞いただけで顔をしかめたものだが、この歳になると仲の良い友達もめっきり減り、仲間というのが殊の外大切に思えてくる。「オソロのシューカバーでアイデンティティーを高め合うのだ!」と、年甲斐もなく興奮気味なのである。

そんなわけで、若かりし頃、つい斜に構えて寂しい青春を送ってしまった皆様、F-Fotoのカスタムワードシューカバーはいかがでしょう。写真コミュニティー、写真教室、グループ展など、ちょっとした集まりでおそろいのシューカバーを作ると、なかなか気分が盛り上がると思います。ぼくは「Old Lens Paradise」を刻印して、すっかりテンションMAXですよ。

| | Comments (0)

November 13, 2017

弁当箱のレンズ、使えます!

「オールドレンズ・ライフ2017-2018」にて、Argus C3の標準レンズ、Cintar 50mmF3.5を取り上げた。Rare AdaptersからアーガスC3用マウントアダプターが発売され、それを使った記事だ。ただ、このマウントアダプターは海外通販で購入する必要があり、ちょっと試しづらい。そんな折、改造レンズでおなじみのブリコラージュ工房ノクトからもArgus C3用マウントアダプターが登場した。

Lmimg_0005

●metalmickey's camera
アーガスの銘玉をライカで堪能

ノクト版アーガスアダプターは無限遠調整が可能だ。そのあたりを記事では詳しく解説している。調整方法はちょっとクセがあるけれど、アーガスの定番レンズ、Cintarをベストセッティングで使えるのはありがたい。作例も載せているので、合わせてご覧あれ。

| | Comments (0)

October 29, 2017

Gビオゴン21mm 周辺流れを解消する裏ワザ

海外で周辺像の流れを補正レンズで解消するというテクニックが流行っているという。ショートフランジバックの超広角レンズをフルサイズミラーレス機に付けると、周辺像が流れてしまう。あれをたった1枚の補正レンズで結像させようというのだ。その一部始終をmetalmickey's cameraでレポートした。広角レンズが好きな方、ご覧あれ。

Lmimg_0030

●metalmickey's camera
G Biogon T* 21mmF2.8 周辺像の流れを光学補正する

実はこのネタ、オールドレンズ・パラダイスのメンバーから教えてもらったものだ。理論的にはけっこう高度なことをやっているのだが、すべて市販パーツでまかなえ、しかも特殊工具不要の可逆改造という点が気に入っている。誰でも試せるテクニックなので、ぜひ!

| | Comments (0)

October 24, 2017

オートフォーカス「写ルンです」の作り方

デジカメWatchの記事で「写ルンです」のリメイクレンズが発売になると知った。この記事を読んでピンときた。これってたぶん、LM-EA7でAF化できるよね!? オートフォーカス写るんです、ちょっと萌えるなあと(笑)。そんなわけで、私物購入して早速試してみた。

Mmc12_02
●metalmickey's camera
オートフォーカス「写ルンです」を夢見て

AF化の可否は記事を見てもらうとして、GIZMON Utulens、けっこうおもしろい写りだった。特に逆光のときのフェードテイストがいい。プラスチックレンズのわりに基本がしっかりしたレンズなので、逆光でもグダグダにならず、程良い乱れ方をする。これならスマホのアプリ入らずだね(笑)。
Lm_dsc1826
α7II + Utulens 32mm F16

| | Comments (0)

October 01, 2017

ギターストラップみたいなカメラストラップ

metalmickey's cameraにレビューを1本アップした。お題目はこのところ気に入っているホークスミルのストラップ。一見するとよくありがちなストラップなのだが、レザーがすごくいい。エイジングしやすいレザーで、α7IIに付けて表情の変化を楽しんでいるところだ。

Lmimg_0010

●metalmickey's camera
Hawkesmill Westminster Leather Camera Strap
ギターストラップみたいなカメラストラップ

Hawkesmillはイギリスのブランドで、日本に代理店はまだないようだ。オフィシャルの直販サイトから購入した。カメラバッグもあり、ビリングガム風のトラディッショナルなスタイルだ。ただ、同社のホームページを見るかぎり、必ずしてもライカユーザー向けということではなさそうだ。日本だと「トラディッショナル=ライカ」みたいなところがあるので、この感覚はおもしろいなと思った。

ちなみに、タイトルのギターストラップ云々はわかる人だけわかればいいです(汗)。

| | Comments (0)

September 20, 2017

【7artisans 50mm F1.1 まとめ】セルフアジャストからAF動作まで

最近、七工匠の7artisans 50mm F1.1を気に入って使っている。安価だが収差が多く、まじめに評価すると高ポイントには至らないレンズだ。ただし、この手が好物の人にはたまらないレンズである。そんなわけで、最近スタートしたレビューサイトにて、3本立て続けに記事をアップした。この3本で7artisan 50mm F1.1のおいしいところが一通り伝わると思う。

Mmc04_01

●metalmickey's camera
7artisan Special Issue

大手カメラ媒体があまり取り上げないタイプのレンズだと思うので、仕事そっちのけでせっせと書いてみた。ぜひご高覧のほどを!

| | Comments (0)