Photography

March 21, 2017

一色卓丸著「原宿ストリートポートレート」トークイベントのお知らせ

編集でお手伝いした一色卓丸さんの「原宿ストリートポートレート」、こちらの発売記念トークイベントが開催されます。作家から直接ストリートポートレートの秘訣を聞けるチャンスです。場所はライカプロフェッショナルストア、ゲストはハービー・山口さんです。

Hsp_s
●「原宿ストリートポートレート」発売記念トークイベント
開催日時:2017年4月2日(日)14:00〜15:30(受付開始13:30〜)
出演:一色卓丸氏、ハービー・山口氏
会場:ライカプロフェッショナルストア東京
※お申し込み方法など、詳細はCAMERAfanのページをご覧ください。

著者サイン会やライカのタッチ&トライもあるそうです。ご興味ある方、ぜひ!

| | Comments (0)

March 17, 2017

ファイナリスト発表です(アルティザン・アンド・アーティスト第2回フォトコンテスト)

アルティザン・アンド・アーティスト第2回フォトコンテストのファイナリストが発表になりました。最終候補作は15点。アルティザン&アーティストのオフィシャルサイトでご覧いただけます。

Photo_contest2017

●アルティザン・アンド・アーティスト第2回フォトコンテスト
第2回フォトコンテスト審査結果発表

3月25日の授賞式にて、受賞作品を発表します。授賞式後は僭越ながら澤村のトークショーがあります。オールドレンズとかライカとかドレスアップとか、いろいろお話したいと思っています。ぜひお立ち寄りください。

●第2回フォトコンテスト授賞式&トークショー
日時:3月25日 18:00~
場所:代官山北村写真機店
※参加無料、予約不要

| | Comments (0)

March 07, 2017

ファッションで人は自由になる(原宿ストリートポートレート/レビュー)

なぜ彼は、原宿で外国人ばかりを撮るのだろう。それが初めて一色卓丸氏のポートフォリオを見たときの感想だった。

原宿を行き交う、個性的なファッションに身を包んだ外国人を、彼は一台のライカで切り取る。写真の中の彼女たちは、誇らしげなポーズをとるでもなく、無理に笑顔を作るでもなく、自宅の前で親戚に写真を撮られたような姿で立っている。この時この瞬間、彼女はまちがいなくここにいた。そんなリアリティーのあるポートレート。その撮影は2011年から始まり、そして今も週末になれば、一色卓丸氏はライカを提げて原宿を歩く。なぜ彼は、このようなストリートポートレートを撮り続けるのか。今回、「原宿ストリートポートレート」の編集を頼まれた時、真っ先にそのことを訊ねた。

Lmimg_0003

●一色卓丸「原宿ストリートポートレート」[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
判型:B5変型判 224ページ
発売日:2017年3月7日

その答えのために丸ごと章を割くことにした。第2章「なぜ僕は、原宿でストリートポートレートを撮るのか」は、作家自身の言葉でストリートポートレートの理由がたっぷりと語られている。なぜ原宿なのか、なぜ外国人なのか、なぜライカなのか。ここで種明かしすることはできないが、一色卓丸氏のストリートポートレートに懸ける強い思いを感じてもらえるだろう。

本書の編集者としてひと言。ファッションは人を自由にする。自由を求める心がファッションを為す。どうか世界がいつまでも、ファッションの自由で充ち満ちていますように。

| | Comments (0)

March 03, 2017

「アルティザン・アンド・アーティスト 第2回フォトコンテスト」締め切り間近です!

「アルティザン・アンド・アーティスト第2回フォトコンテスト」の応募締め切りが迫ってきました。締め切りは3月5日。残すところ3日間のみとなりました。担当さんに確認したところ、応募数が多すぎてデータ整理が追い付かないとうれしい悲鳴を上げていました。大丈夫、担当さんはやればできる子なので、駆け込み応募歓迎です。どんどんご応募ください。

Photo_contest2017_2

●アルティザン・アンド・アーティスト 第2回フォトコンテスト
締め切り:2017年3月5日
授賞式:2017年3月25日 代官山北村写真機店
※応募詳細は上記のリンク先にてご確認ください。

このコンテストは、風景、人物、オールドレンズと3部門に分かれています。ぜひ得意ジャンルでチャレンジしてみてください。使用機材は問いません。お気に入りのカメラとレンズでOKです。副賞が豪華で、なおかつ受賞作が代官山北村写真機店に展示されたりと、特典も盛りだくさんです。締め切りまであと3日、みなさんのご応募お待ちしております。

| | Comments (0)

February 27, 2017

一色卓丸さんの「原宿ストリートポートレート」をお手伝いしました!

ぼくは写真仲間と呼べる友達が少ない。元々ライターという職種はひとりで作業することが多く、カメラ写真業界で書くようになってからは、撮影も執筆も編集もすべてひとりでこなすようになり、ますます人付き合いが減ってしまった。フリーランスなんて所詮、プロのボッチだからな(笑)。そんなぼくにとって、写真家の一色卓丸さんは数少ない写真仲間だ。

彼と知り合ったのは、ぼくが講師を担当するオールドレンズパラダイスがキッカケだ。第1期からおそらく5年近くは受講生として参加してくれた。当初はオリンパスペンにオールドレンズを付けて撮っていたが、そのペンにライカレンズが付き、ボディがM8に代わり、あれよあれよという間にライカな人になってしまった。

一色卓丸さんの撮影スタイルは首尾一貫している。原宿で、外国人を、ストリートで撮る。当初からずっとこのスタンスだ。ストリートでテンポよく撮ることを思うと、レンジファインダーのライカに行き着いたのもうなずける。

彼の撮るストリートポートレートはリアリティーが秀逸だ。被写体となる外国人は、目を惹くファッションに身を包みつつも、作り込んだような不自然さがない。予定調和の欠片もない素の佇まい。彼女はまちがいなく、その時、その場にいた。その証明としてのポートレート。彼のポートレートは偽りなき瞬間が宿っていると思う。

その後、ぼくが編集担当するムックに何度か作品を寄稿してもらい、時を同じく、個展を開催したり、ポートレート講座の講師を務めたり、彼は写真家として活動の幅を広げていく。その集大成とも言えるのが、今回の写真集だ。

Hsp_s

●一色卓丸「原宿ストリートポートレート」[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
判型:B5変型判 224ページ
発売日:2017年3月7日

昨年、玄光社から「一色さんのポートレート集を作りたい。ついては編集を担当してほしい」と打診があった。二つ返事で快諾したのは無論、我がことのように興奮した。昨今、有名写真家ですら自らの作品集を出すのは難しい。そうした時代、自らの売り込みではなく、出版社サイドからのオファーだ。写真家のサクセスストーリーを目の当たりにした瞬間だった。

掲載写真はすべてライカで撮っている。レンズのセレクトもけっこう燻銀だ(キャプションでチェック!)。ポートレートファンだけでなく、ライカな人にもお薦めしたい。ちなみに、帯文はハービー・山口さんだ。ファッション、ストリートポートレート、そしてライカ。3つのキーワードが織り成すTakumaruワールドをご覧あれ!

| | Comments (0)

A&A 第2回フォトコンテスト、締め切りまであと一週間です!

Leica M10を買いました。自分に言い訳するための「買うべき理由」はいくらでもでっち上げられますが、買うといいことありそうだから買った、とまあそんな感じです(笑)。M8のときもM240のときもそうでしたが、きっとM10も新しいフィールドに連れて行ってくれると信じています。

Lml1000011
Leica M10 + Summicron 35mmF2 RF

さて、大盛況だったCP+2017も終わり、一息つくまでもなく、例のアレがやってきます。そう、「アルティザン・アンド・アーティスト第2回フォトコンテスト」の締め切りです。ご応募いただけるのは3月5日までです。あと一週間、みなさんの自信作、ぜひご応募ください。

●アルティザン・アンド・アーティスト 第2回 フォトコンテスト

Lml1000092
Leica M10 + Nokton 50mmF1.5

Lml10001782
Leica M10 + Canon 50mmF1.8

M10で色々なレンズを取っ替え引っ替え楽しんでいます。おかげで仕事が進みません(笑)。

| | Comments (0)

February 11, 2017

「Mobbed Hong Kong」をウェブ公開しました!

日本カメラ2016年9月号に載せていただいた「Mobbed Hong Kong」を、自身のオフィシャルサイトに掲載しました。雑誌掲載カットからの抜粋と、未掲載カットをミックスして公開しています。香港の巨大アパートメントが好きな方、ぜひご覧ください。広角で撮ったカットが多いので、迫力のある様子を堪能していただけると思います。

●Mobbed Hong Kong - metalmickey.jp

Lm_dsc0872

| | Comments (0)

February 09, 2017

「アルティザン・アンド・アーティスト 第2回フォトコンテスト」応募開始です!

フォトコンのお知らせです。「アルティザン・アンド・アーティスト 第2回フォトコンテスト」がはじまりました。僭越ながら、澤村が審査員を務めます。このフォトコンはアルティザン&アーティスト×代官山北村写真機店のコラボになっていて、代官山北村写真機店サイネージスペースにて授賞式&トークショーを行い、入賞作品は同スペースに2週間ほど展示されます。

Photo_contest2017_3

●アルティザン・アンド・アーティスト 第2回フォトコンテスト
応募締め切り:2017年3月5日
応募方法:メール(詳細はホームページをご覧ください)
審査員長:澤村 徹

授賞式&トークショー:2017年3月25日(土)PM18:00~
場所:代官山北村写真機店サイネージスペース

ちなみに、風景部門、人物部門、そしてオールドレンズ部門があります。どんな作品を拝見できるのか、いまから楽しみです。たくさんのご応募、お待ちしております。

| | Comments (0)

ボケフォトコンテスト写真展、行ってきました!

今週からはじまった「ボケフォトコンテスト入賞&入選作品写真展」を見てきました。カフェバー併設のギャラリーの壁がボケフォトだらけです。いやはや壮観ですね。ウェブですでに作品公開されていますが、プリントで見るとまたちがった雰囲気でおもしろいです。

Bk02

写真を見た後は、バースペースでボケフォトファンのみなさんと歓談してきました。実は入稿中なのでちょろっと顔を出すだけのつもりだったのですが、すっかりカメラレンズ談義に花が咲いてしまい、気付けば終電近い時間。ダメな大人だなあ(笑)。会期は今週土曜日までです。みなさんもぜひ!

Bk01

●ボケフォトコンテスト入選&入賞作写真展/PICTORICO協賛
期間:2月6日(月)~11日(土) 14時~20時
場所:カフェバー&アートスペース銀座REVERSE

| | Comments (0)

February 05, 2017

「ボケフォトコンテスト入賞&入選作品写真展」がはじまります!

明日、2月6日より、「ボケフォトコンテスト入賞&入選作品写真展」がカフェバー&アートスペース銀座REVERSEにて開催されます。フォトテクニックデジタル2月号では入賞作品のみの掲載でしたが、写真展では入選作品もすべて掲載します。

Bok_pstr
●ボケフォトコンテスト入選&入賞作写真展/PICTORICO協賛
期間:2月6日(月)~11日(土) 14時~20時
場所:カフェバー&アートスペース銀座REVERSE

会場はプログレッシブロックとドリンクのみのちょっと面白いカフェバー&ギャラリーです。夜20時までやっているので、会社帰りにお立ち寄りいただくこともできます。ぜひご来場ください。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧