オールドレンズ

October 23, 2021

国産オールドレンズを特集しないワケ

「国産オールドレンズ特集やってくれよ!」と幾度となくリクエストがあった。たしかに澤村のオールドレンズ記事は海外製レンズ、特にカールツァイスイエナとかロシア製が多い。近年はライカレンズを取り上げることも増えた。ただ、自らの名誉のためにいっておくと、ちゃんと国産オールドレンズも紹介してるからね(笑)。当然のことだけど、オールドレンズのムックを制作するにあたり、どんなレンズをどの程度の配分で取り上げるかはちゃんと考えている。好きなレンズをテキトーに並べているわけじゃない。

Lmimg_0010_20211023151901

ただ、そうはいっても、国産オールドレンズだけで一本の特集を組んだことはない。これはたまたまではなく、意図的に国産オールドレンズ特集を避けてきた理由があるのだ。

国産オールドレンズというと、戦前から続くレンジファインダー用レンズ、戦後の一眼レフ用レンズに大別できる。実のところ、レンジファインダー用レンズはプレミアのついたレンズが多く、ホビーというよりもコレクション色が強い。戦後モノにしても、ズノーのピンポン玉とか、キヤノンF0.95とか、国内光学技術黎明期の遺産、のような感じで手軽さの対極にある。オールドレンズホビーの対象になる国産品は、やはり戦後の一眼レフ用レンズだろう。

で、肝心の国産一眼レフ用レンズだが、よくもわるくもちゃんと写る。高度経済成長の最中、海外のカメラやレンズに追い付け追い越せと開発された製品たちだ。写りはもちろんのこと、価格面でも競争力がある。日本人のきまじめな国民性もあってか、安価なレンズですらしっかり写るのだ。

さて、ここで問いたい。我々はちゃんと写るレンズがほしいからオールドレンズを使っているのか。そうではないはずだ。求めているのは高画質ではなく、個性のある写りのはず。そうすると、高度経済成長期の国産オールドレンズは候補から外れてしまう。無難によく撮れてしまうからだ。

もうひとつ、ぼくがこのカテゴリーを避けてきた理由がある。それは価格の問題だ。戦後一眼レフ用の国産オールドレンズは値頃感がある。お膝元なので玉数が多く、コンディションのよいレンズが安く買える。オールドレンズを手軽に楽しめる聖域のようなカテゴリーだ。それをマス媒体で荒らすのは気が引ける。森の奥の花畑はそっとしておくべきだ。

そのような理由で国産オールドレンズ特集を避けてきたわけだが、今回、「カメラホリック レトロ Vol.1」では正面切って国産オールドレンズを取り上げた。それが「F1.2の奇跡」という特集だ。ご存知の通り、昨今、ライカを中心にオールドレンズの値上がりがすごい。定番オールドレンズや人気のクセ玉は正気を保ったままだと到底買えない値段になってしまった。そうしたなか、写りが個性的で、価格的にこなれたものが残っているカテゴリーとして、いまあえて注目したいのが50ミリ超F1.2のレンズだ。55/57/58ミリの大口径F1.2タイプ。50ミリではなく、50ミリ超というのがポイントだ。

詳しくはぜひカメラホリックレトロを見てほしいのだが、「これだからオールドレンズはたまんねえんだよなあ」とニマニマしてしまうレンズを集めた。オールドレンズビギナーなら現行レンズとのちがいに驚くだろうし、ベテラン勢とてクセ玉の概念が覆るほどの衝撃を受けるはずだ。凶暴なもの、絶妙なもの、はたまた時代を超えた高描写を見せるもの。50ミリ超F1.2は本当に表情豊かなのだ。興味があればぜひ、カメラホリックレトロをご覧あれ。

| | Comments (0)

October 08, 2021

「カメラホリック レトロ」創刊!

来る10月18日、新しいオールドレンズマガジンが発売になります。「オールドレンズ新章はじまる」とキャッチフレーズをつけました。ミラーレス全盛のいま、オールドレンズを全力で楽しみたい。そんな人たちに向けた一冊です。オールドレンズビギナーも、すでに抜け出せない人も、オールドレンズ天国行きの片道切符「Cameraholics Retro」、ぜひ手に取ってご覧いただきたいです。

Retro_s

●カメラホリック レトロ Vol.1[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売日:2021年10月18日
価格:2,970円

「Vol.1」と記してありますが、継続的に出版されるかは売り上げ次第。責任編集として全力でがんばってまいります。オールドレンズファンの皆様、応援のほど、よろしくお願いいたします!

-------------------------------------------

僕らはオールドレンズマジックを信じる
谷杉アキラ/上野由日路/山形宗次郎/澤村 徹

Nikon Z fc × オールドニッコール

F1.2の奇跡
―55/57/58mmF1.2という金脈―

オールドレンズAF化は乱世でござる
―TECHARTのライバル続々登場―

先輩と語り合うためのオールドレンズ10選、他

 

| | Comments (0)

June 24, 2021

「オールドレンズはバベルの塔」でテレビ取材!

先日、テレビの取材を受けた。出版社の社長室でガチガチに固まってインタビューを受けた。取材クルーのブラックマジックに付いているレンズはHelios-44-2 58mmF2だった。

これまで雑誌の取材はちょくちょく受けてきたが、テレビはめずらしい。雑誌の場合、「オールドレンズの魅力を教えてください。ついでにレンズとか写真も貸してください」的な取材が多い。モノ雑誌、ライフスタイルマガジン、そういえばクレジットカードの会員誌からの取材もあった。1時間の取材で見開き程度のネタになる。効率はわるくないのだろう。

Lmimg_0015

ただ、今回はいろいろと状況がちがう。雑誌ではなくテレビ、というちがいはもちろんだが、取材のお題目がオールドレンズではない。年明けに出したエッセイ集「オールドレンズはバベルの塔」について取材したいという。オールドレンズではなく、「本」が主役だ。なぜこの本を書いたのか、どんな内容なのか。著者自身の言葉で語ってほしいと。

もうドヤ顔である。取材依頼は出版社を経由して打診があったのだが、この時点で鼻息荒くドヤ顔だ。別にテレビに出られてうれしいというのではない(もちろんうれしい)。こちらの狙いがズバッと当たった気がしてドヤ顔なのだ。

「オールドレンズはバベルの塔」を書くとき、実は“縛り”を設けた。それは「カメラや写真に興味のない人でも読める本を書くこと」だ。極端な話、仮にオールドレンズに関する箇所をすべてすっ飛ばしても、エッセイとして楽しめる本を目指す。オールドレンズの本なのに、オールドレンズ抜きでも成立させる。そんな縛りを自らに課した。

あの本にはオールドレンズに翻弄される男の姿が描かれているが、「オールドレンズ」を「趣味」に置き換えれば、趣味に振り回されるダメな大人の話になる。オールドレンズはさておき、何かしら趣味の世界に足を突っ込んでいる人なら共感してもらえるはず。テレビというメジャーな媒体から取材の声がかかったとき、このあたりの狙いが伝わったのかなと思った。オールドレンズはニッチな趣味だけど、趣味を巡るマインドは老若男女みな共通だろう。

肝心の放映だが、番組の性格上、詳しい告知はNGだという。唯一いえるのは、6月25日から7月1日の間にかけて、どこかで流れるということ。実はぼくもいつ放送されるのか日時を知らされていない。とりあえず、録画用のHDDを買って連日自動録画かな。

●オールドレンズはバベルの塔[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
価格:2,750円
※AmazonのリンクはAmazonアソシエイト(アフィリエイト)を利用しています。

 

| | Comments (0)

June 09, 2021

ストッパー不在の恐怖【Cameraholics Vol.5】

さあ皆さん、カメラホリックVol.5がいよいよ発売です。今号もびっくりするくらい欲望に忠実(笑)な一冊に仕上がりました。高かろうがレアだろうが、手にしてみたい撮ってみたい。ライカを前にするとどうしてこうも歯止めがきかないのでしょうか。ホント、ひとの心は弱いものです。

Lmimg_0002_20210609115501

●カメラホリックVol.5[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売日:2021年6月10日
判型:A4判
価格:2,970円
※AmazonのリンクはAmazonアソシエイト(アフィリエイト)を利用しています。

今号の第1特集は「ライカの噂、真相に迫る。」です。ライカのゴシップ的なネタを掘り下げてみようと。企画会議の時点では、できるできないはさておき、だいぶきわどいネタもあげていきます。ある程度ネタが集まったところで、現実的に誌面に載せられるネタに絞っていけばいいわけですから。たとえば、「今度のアポランター、アポズミよりいいらしいぜ」とか、「ライカM10-Rでオールドライカレンズとか意味なくない?」とか、こういうきわどいネタはよくよく考える必要があるわけです。フツーは。

ええ、カメラホリック編集部はストッパーがいません。「おもしろそうだから全部やろうぜ」というまさかの楽観主義。でも、まだ大丈夫。難しいネタはご意見番的ライターさんにお願いすればいい。どんなムチャぶりをしても危険水域を越えずに仕上げてくれるベテランさんがたくさんいます。

「とりあえず、面倒な設問は言い出しっぺが担当しような」と編集部。おわったな。

そんなわけでライター澤村、「アポランターとアポズミ、どっちがいいのか白黒はっきりつける」という厄介なネタを担当することになりました。なかなか高難易度の罰ゲーム、ぜひ誌面をみてやってください。

 

| | Comments (0)

May 29, 2021

ライカ濃度飽和中。【Cameraholics Vol.5】

来る6月10日、カメラホリックVol.5が発売になります。毎度ながら編集と執筆でお手伝いしました。今号は編集長の大号令で原点回帰の号と位置付け、ライカネタをこれでもかと詰め込みました。もともとライカ濃度の高い本シリーズですから、あきれるくらいライカ密になってます。単にライカ愛を垂れ流すのではなく、愛しすぎて憎いという感情もしっかり反映してますよ。

Ch05

●カメラホリックVol.5[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売日:2021年6月10日
判型:A4判
価格:2,970円
※AmazonのリンクはAmazonアソシエイト(アフィリエイト)を利用しています。

第1特集は「ライカの噂、真相に迫る。」です。ライカにまつわる噂のあれやこれやを集めました。たとえば、「アポズミとアポランターどっちがいいの?」とか、「レンジファインダーって厳密にはピント合わないよね?」とか、「ライカビットって飾りじゃね!?」みたいな、意地のわるい噂にも真っ向勝負を挑んでみました。ライカを巡る本音トーク、お楽しみください。

第2特集はノクティルックス特集です。復刻ノクチが発売になったので、これにかこつけてノクチの人気モデルをドドンと集めてみました。オリジナル1st、復刻1st、第2世代E58、そして現行。レビュワーは当該モデルを実際に所有し、愛用されている写真家勢です。ハービー・山口さんの第2世代E58、落合陽一さんのオリジナル1stは必読ですよ。

澤村のメインの執筆担当は第3特集と連載です。もちろんどちらもライカネタ。第3特集はライカM10でシネレンズ撮影してみました。アリフレックスあたりは誰もが想像できると思いますが、そんなものは序の口です(笑)。今号もイロモノ担当としてきっちり仕事させていただきました。連載はジュピターネタです。もちろん、ただライカにジュピターをつけてもおもしろくないですよね。ちゃんと2回転半ひねりを加えてあります。

梅雨で撮影の難しい日々がやってきますが、カメラホリック最新号なら雨天決行でライカと写真の世界をお楽しみいただけます。今号もよろしくお願いいたします!

 

| | Comments (0)

February 20, 2021

オールドレンズ本が豊作です!

みなさんお気づきでしょうか。昨年夏以降、かつてないほどにオールドレンズ本が出版されています。つい数年前まではカメラ・写真カテゴリーの陸の孤島だったオールドレンズ、それがわずか半年ほどで5冊も関連本が登場しているのです。オールドレンズがまさかの全国区、ついにレッドオーシャンなのか!? とまあそんなわけで、ここ半年ほどで登場したオールドレンズ本をまとめてみました。

Img_3875

●オールドレンズで撮るポートレート写真の本[Amazon
著者:上野由日路
監修:澤村 徹
出版社:ホビージャパン
発売日:2020年8月6日

●ポートレートのためのオールドレンズ入門~オススメの50本~[Amazon
著者:鈴木啓太|urban
出版社:玄光社
発売日:2021年2月18日

まずはオールドレンズ×ポートレートがブームになっています。昨年8月、上野由日路さんが2冊目となる著書「オールドレンズで撮るポートレート写真の本」を出版しました。これはオールドレンズでポートレート撮影するための実践的なテクニック集です。具体的なポートレート向けのオールドレンズを取り上げ、そのレンズの特徴をふまえた上で、使いこなしテクニックをていねいに解説しています。上野由日路さんは実際にオールドレンズで商業ポートレートを撮影するプロカメラマンなので、即戦力、実力アップに直結するテクニックが満載です。

ポートレート系のもう一冊は、SNSで活躍されている鈴木啓太|urbanさんの「ポートレートのためのオールドレンズ入門」です。こちらは先日発売になったばかりの新刊です。オールドレンズ50本分のポートレートという圧巻の内容。澤村が手がけるオールドレンズ本は、たいてい1冊あたり30~40本のレンズを掲載しています。50本はけっこうなボリュームですね。写真内容はオールドレンズの作例集というよりも、urbanさんの作品集といった雰囲気です。オールドレンズの可能性を感じさせてくれる1冊でした。

Lmimg_0032_20210220110301

●OLD LENS LIFE 2020-2021[Amazon
責任編集:澤村 徹
出版社:玄光社
発売日:2020年9月29日

昨年の秋には毎度おなじみのオールドレンズ・ライフを出版しました。本シリーズもかれこれ10冊目。年1冊ペースで10年がんばってきました。かつてはこのムックがほぼ唯一のオールドレンズ本だったのですが、前述の通り、ここにきて一気にオールドレンズ関連本が増えました。とても感慨深いです。ちなみにこの号は、沈胴レンズとフレア・ゴーストの特集です。あと、澤村のオールドレンズ本ではめずらしく、OEM系のオールドレンズも取り上げてみました。

Lmimg_0026

●オールドレンズはバベルの塔[Amazon
著者:澤村 徹
出版社:ホビージャパン
発売日:2021年1月29日

●ソニーα7シリーズではじめるオールドレンズライフ[Amazon
著者:澤村 徹
出版社:玄光社
発売日:2021年2月18日

年が明けて2021年、立て続けに2冊のオールドレンズを出版しました。1冊目は澤村初のエッセイ集「オールドレンズはバベルの塔」です。ぼくがオールドレンズと出会ってオールドレンズ本を書き出す経緯を横軸に、オールドレンズにまつわる悲喜こもごもなエピソードを綴りました。これまで「見るオールドレンズ本」をたくさん書いてきましたが、これは「読むオールドレンズ本」です。といってもラノベ感覚でサクッと読めますし、ページの半分は写真です。カジュアルかつ新しい切り口を目指した1冊です。

2冊目はオールドレンズの入門書「ソニーα7シリーズではじめるオールドレンズライフ」です。既存のオールドレンズ・ライフシリーズの副読本的な1冊です。ソニーα7シリーズに特化し、最短ステップでオールドレンズを楽しめるようにガイドしました。一応、入門書の体裁をとっていますが、そこは澤村のオールドレンズ本、森のそこそこ深いところ、戻ってこられないあたりまではお連れします。お手頃価格の「名レンズ」を厳選して載せました。

ミラーレス登場以前からオールドレンズを楽しんできた身としては、こうしたオールドレンズシーンの盛り上がりはとても眩しく感じられます。上野由日路さんしかり、鈴木啓太|urbanさんしかり、澤村の数少ないオールドレンズ仲間です(笑)。新たな書き手の登場がとてもうれしいです。大豊作のオールドレンズ本、ぜひお楽しみください。

※AmazonのリンクはAmazonアソシエイトリンクを使用しています。

 

| | Comments (0)

February 06, 2021

書評、ありがとうございます!【オールドレンズはバベルの塔】

オールドレンズ・フォトエッセイ集「オールドレンズはバベルの塔」が発売になって一週間がたちました。たくさんのかたにご高覧いただき、ネット界隈の反応に一喜一憂しています。出版した本の評価は当然気になるわけですが、バベルの塔は澤村初のエッセイ本、そりゃもう物凄く気になるわけです。SNS画面リロードしまくりです(笑)。たくさんいただいたご感想のなかから、とくにうれしかった書評をピックアップしてみました。ご購入を検討されているかた、ぜひご参考に。

Snapcrab_noname_202126_201646_no00

ジェットダイスケ/JETDAISUKE(YouTubeチャンネル)
おすすめカメラ本「オールドレンズはバベルの塔」澤村徹著
オールドレンズ軸で書かれたエッセイの面白さ

カメラレビューでおなじみのジェットダイスケさんのYouTubeチャンネルでご紹介いただきました。すみません、力一杯自慢させてください。動画丸ごと一本「バベルの塔」です(笑)。ジェットダイスケさんとは取材がきっかけで知り合い、以降仲良くさせていただいてます。そのあたりの出会いも動画内で紹介されています。

Snapcrab_noname_202126_201734_no00

ルミエールカメラのブログ Lumière ~銀塩ライカとブラックペイントの店~
『オールドレンズはバベルの塔』

ライカカスタムで有名なルミエールのブログでご紹介いただきました。ここの職人さんとは10年来の知り合いで、レンズのメンテをお願いしたり、オールドレンズ談義をしたりと、仲良くさせてもらっています。本書内にルミエールらしきお店が出てくる……みたいな噂があるようなないような(笑)。

Snapcrab_noname_202126_201850_no00

b's mono-log
オールドレンズはバベルの塔

こちらのブロガーさんは、ぼくの古い古い読者です。どのくらい古いのかというと、ぼくがまだパソコン誌で「吾輩は寫眞機である」というカメラ系連載をしていた頃からの読者様なのです。ぼくが新刊を出すたびにがっつり掘り下げた書評を書いてくださり、いつも励みになっています。今回もめっちゃ深掘りしてますね。とりあえず、ラノベネタにツッコミを入れてくれたはじめての人です(笑)。

Snapcrab_noname_202126_201916_no00

note tanakachotoku
ブレイクニュース。オールドレンズはバベルの塔である!

田中長徳先生のnoteで取り上げていただきました。長徳先生とはオールドレンズパラダイスがらみでご挨拶をさせていただき、最近はカメラホリックの仕事で京都ロケに同行させてもらいました。あのロケはホント至福の時だった(笑)。ちなみにnoteの記事のほうですが、平たく言うと、「レンズ交換ばかりしてないで真面目に撮れ書け!」と叱られております。ありがとうございます!

SNS上の感想も気がついたものはすべて拝読するようにしています。もしブログなどにレビューを書かれたときはおしえてくださいね。

 

| | Comments (0)

February 01, 2021

エッセイ集だけど写真もたくさんあるよ!【オールドレンズはバベルの塔】

先週末に発売になった「オールドレンズはバベルの塔」、読了した皆さんから「おもしろかった」との声をSNS上で拝見し、安堵しています。今回の本は「一気読みしました」という声がとても多くて、物書きの端くれとして本当にうれしく思っています。さて、この記事は本書のちょっとした仕掛けをご紹介したいと思います。

Lmimg_0059_20210201143401

表紙の帯をめくると、澤村徹とゆかいな親父たちがあらわれます。バベルの塔撮影ワークショップという設定です(笑)。澤村のイラストですが、十年前のまだおなかがぽっこりする以前の澤村の姿です。イラストレーターさんの忖度ですね(笑)。

015_054_c1__06

左ページに注目。エッセイはまずブツカットからはじまります。軽くドレスアップしたオールドレンズ付きのカメラを撮りました。キャプションにはそのレンズの概要に加え、澤村の入手当時に価格を記しました。これは相場価格ではなくて、ぼくが買ったときのガチの値段です。当時の具体的な金額がここから読み取れると思います。

015_054_c1__02

ペロンとページをめくると、エッセイの本編がはじまります。実はエッセイなのに、うっすらと全編を貫くストーリーがあります。きっとそのため一気読みする人が多かったのかな。今回の本は文章が主役なので、原稿にはだいぶ気をつかいました。

015_054_c1__10

そのあと、写真が5カットつづきます。ページ数的なことをいうと、全ページの1/3~1/2ぐらいが写真ページですね。がっつり読む本ではありますが、写真もたくさん載せています。ただ、普段のオールドレンズ本のようなキメッキメの作例ではなくて、脱力感のある写真をあえて選びました。エッセイを読みながら写真を見てもらうと、このあたりのバランスは納得してもらえると思います。ちなみに、すべての写真に題名とキャプションをつけています。昔、metalmickey's montageというフォトブログで写真に題名をつけていたのですが、あの面倒な作業を復活させました(笑)。本の隅の隅まで楽しんでもらえると思います。

本書は電子版も紙と同時発売です。ご興味あればぜひご高覧いただけると幸いです。

 

| | Comments (0)

January 29, 2021

「オールドレンズはバベルの塔」本日発売です!

2008年以降、「オールドレンズ・パラダイス」を皮切りに、年1~2冊ペースでオールドレンズ本を書いてきました。「オールドレンズ・ライフ」に至っては10年10冊に達し、すっかりオールドレンズ本がライフワーク化しています。自分のライター人生、こういう歩み方になるとは思わなかったなあ(笑)。

Lmimg_0048

オールドレンズはバベルの塔[ホビージャパン][Amazon
発売:2021年1月29日
版元:ホビージャパン
判型:A5判
※AmazonのリンクはAmazonアソシエイトリンクを使用しています。

さて、本日1月29日、ホビージャパンから「オールドレンズはバベルの塔」が発売になりました。例によってオールドレンズ本ですが、いつもの本とはずいぶん趣きが異なります。これまでの本が“オールドレンズの解説書”であるのに対し、本書はオールドレンズ・フォトエッセイ集です。ちょっと気取った言い方をすると、“私的文脈でオールドレンズを語る”といった感じです。

ライターというのはフラットな視点で記事を書くことがほとんどです。エッセイのように私的な文章を書くことはごくまれ。事実、本書は澤村史上初のエッセイ本です(笑)。こんな機会は滅多にありません。

せっかくいただいたレアな仕事ですから、レンズ本の新機軸を打ち立てるつもりでがんばって書きました。オールドレンズファンはもちろん、オールドレンズどころか写真・カメラに興味のない人でも楽しんでもらえるように工夫をこらしています。ぜひ、たくさんの人に読んでいただきたいです。ご高覧のほど、よろしくお願いいたします。

 

| | Comments (0)

January 26, 2021

新刊「ソニーα7シリーズではじめるオールドレンズライフ」のお知らせ

いつもよりタイミングが早いのですが、版元さんから情報解禁が出たのでお知らせです。来る2月18日、玄光社より「ソニーα7シリーズではじめるオールドレンズライフ」を出版します。タイトルそのまんまなのですが、α7シリーズに特化したオールドレンズスタートブックです。カメラのセッティング、撮影方法にはじまり、入門オールドレンズ、定番オールドレンズを紹介していきます。これからオールドレンズをはじめたい方、2本目3本目のオールドレンズを探している方にぴったりな一冊です。

A7_oll_s

●ソニーα7シリーズではじめるオールドレンズライフ[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2021年2月18日
判型:B5判
価格:2,420円(税込)
※AmazonのリンクはAmazonアソシエイトリンクを使用しています。

本書は入門オールドレンズに加え、「手頃な名レンズ」をそろえました。フレア・ゴーストだけでなく、オールドレンズの豊かな味わいを実感してもらえるような構成になっています。「ヘリオスもいいけどジュピター8もいいぞ」「タクマーだけじゃなくてプラナーの良さも知ってほしい」そんな思いで書きました。ぜひご高覧いただけると幸いです。

 

| | Comments (0)