Cameraholics

December 07, 2021

「Cameraholics Vol.6」は12月13日発売です!

来る12月13日、ホビージャパン「カメラホリックVol.6」が発売になります。ライカを軸にしたマニアックな一冊、今号も執筆と編集の両面でお手伝いしました。1特は「旅するライカ」と題したフォトギャラリー、2特はアポズミ特集、3特はNikon Z fc×オールドレンズ、4特は赤城耕一さんによるフォクトレンダー言いたい放題、とまあおもしろい企画が目白押しです。

Cover_vol06

●Cameraholics Vol.6[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売日:2021年12月13日
※Amazonのリンクはアフィリエイトプログラムを利用しています。

澤村はイロモノ担当としてきっちり仕事させていただきました。Nikon Z fc特集をまるっと担当し、オールドレンズとドレスアップでゴテゴテにした変態Z fcを多数掲載しています。作例よりもブツカットのほうが大きいです。察してください。1特の「旅するライカ」では久しぶりに赤外写真を掲載。香港のゴーストタウンを赤外撮影したものです。冥府感バリバリです。連載「吾輩は寫眞機である」は周エルカンをレポートしました。

濃いネタたっぷりのカメラホリックVol.6、ぜひお手にとってご覧ください。

 

| | Comments (0)

June 09, 2021

ストッパー不在の恐怖【Cameraholics Vol.5】

さあ皆さん、カメラホリックVol.5がいよいよ発売です。今号もびっくりするくらい欲望に忠実(笑)な一冊に仕上がりました。高かろうがレアだろうが、手にしてみたい撮ってみたい。ライカを前にするとどうしてこうも歯止めがきかないのでしょうか。ホント、ひとの心は弱いものです。

Lmimg_0002_20210609115501

●カメラホリックVol.5[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売日:2021年6月10日
判型:A4判
価格:2,970円
※AmazonのリンクはAmazonアソシエイト(アフィリエイト)を利用しています。

今号の第1特集は「ライカの噂、真相に迫る。」です。ライカのゴシップ的なネタを掘り下げてみようと。企画会議の時点では、できるできないはさておき、だいぶきわどいネタもあげていきます。ある程度ネタが集まったところで、現実的に誌面に載せられるネタに絞っていけばいいわけですから。たとえば、「今度のアポランター、アポズミよりいいらしいぜ」とか、「ライカM10-Rでオールドライカレンズとか意味なくない?」とか、こういうきわどいネタはよくよく考える必要があるわけです。フツーは。

ええ、カメラホリック編集部はストッパーがいません。「おもしろそうだから全部やろうぜ」というまさかの楽観主義。でも、まだ大丈夫。難しいネタはご意見番的ライターさんにお願いすればいい。どんなムチャぶりをしても危険水域を越えずに仕上げてくれるベテランさんがたくさんいます。

「とりあえず、面倒な設問は言い出しっぺが担当しような」と編集部。おわったな。

そんなわけでライター澤村、「アポランターとアポズミ、どっちがいいのか白黒はっきりつける」という厄介なネタを担当することになりました。なかなか高難易度の罰ゲーム、ぜひ誌面をみてやってください。

 

| | Comments (0)

May 29, 2021

ライカ濃度飽和中。【Cameraholics Vol.5】

来る6月10日、カメラホリックVol.5が発売になります。毎度ながら編集と執筆でお手伝いしました。今号は編集長の大号令で原点回帰の号と位置付け、ライカネタをこれでもかと詰め込みました。もともとライカ濃度の高い本シリーズですから、あきれるくらいライカ密になってます。単にライカ愛を垂れ流すのではなく、愛しすぎて憎いという感情もしっかり反映してますよ。

Ch05

●カメラホリックVol.5[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売日:2021年6月10日
判型:A4判
価格:2,970円
※AmazonのリンクはAmazonアソシエイト(アフィリエイト)を利用しています。

第1特集は「ライカの噂、真相に迫る。」です。ライカにまつわる噂のあれやこれやを集めました。たとえば、「アポズミとアポランターどっちがいいの?」とか、「レンジファインダーって厳密にはピント合わないよね?」とか、「ライカビットって飾りじゃね!?」みたいな、意地のわるい噂にも真っ向勝負を挑んでみました。ライカを巡る本音トーク、お楽しみください。

第2特集はノクティルックス特集です。復刻ノクチが発売になったので、これにかこつけてノクチの人気モデルをドドンと集めてみました。オリジナル1st、復刻1st、第2世代E58、そして現行。レビュワーは当該モデルを実際に所有し、愛用されている写真家勢です。ハービー・山口さんの第2世代E58、落合陽一さんのオリジナル1stは必読ですよ。

澤村のメインの執筆担当は第3特集と連載です。もちろんどちらもライカネタ。第3特集はライカM10でシネレンズ撮影してみました。アリフレックスあたりは誰もが想像できると思いますが、そんなものは序の口です(笑)。今号もイロモノ担当としてきっちり仕事させていただきました。連載はジュピターネタです。もちろん、ただライカにジュピターをつけてもおもしろくないですよね。ちゃんと2回転半ひねりを加えてあります。

梅雨で撮影の難しい日々がやってきますが、カメラホリック最新号なら雨天決行でライカと写真の世界をお楽しみいただけます。今号もよろしくお願いいたします!

 

| | Comments (0)

February 06, 2021

書評、ありがとうございます!【オールドレンズはバベルの塔】

オールドレンズ・フォトエッセイ集「オールドレンズはバベルの塔」が発売になって一週間がたちました。たくさんのかたにご高覧いただき、ネット界隈の反応に一喜一憂しています。出版した本の評価は当然気になるわけですが、バベルの塔は澤村初のエッセイ本、そりゃもう物凄く気になるわけです。SNS画面リロードしまくりです(笑)。たくさんいただいたご感想のなかから、とくにうれしかった書評をピックアップしてみました。ご購入を検討されているかた、ぜひご参考に。

Snapcrab_noname_202126_201646_no00

ジェットダイスケ/JETDAISUKE(YouTubeチャンネル)
おすすめカメラ本「オールドレンズはバベルの塔」澤村徹著
オールドレンズ軸で書かれたエッセイの面白さ

カメラレビューでおなじみのジェットダイスケさんのYouTubeチャンネルでご紹介いただきました。すみません、力一杯自慢させてください。動画丸ごと一本「バベルの塔」です(笑)。ジェットダイスケさんとは取材がきっかけで知り合い、以降仲良くさせていただいてます。そのあたりの出会いも動画内で紹介されています。

Snapcrab_noname_202126_201734_no00

ルミエールカメラのブログ Lumière ~銀塩ライカとブラックペイントの店~
『オールドレンズはバベルの塔』

ライカカスタムで有名なルミエールのブログでご紹介いただきました。ここの職人さんとは10年来の知り合いで、レンズのメンテをお願いしたり、オールドレンズ談義をしたりと、仲良くさせてもらっています。本書内にルミエールらしきお店が出てくる……みたいな噂があるようなないような(笑)。

Snapcrab_noname_202126_201850_no00

b's mono-log
オールドレンズはバベルの塔

こちらのブロガーさんは、ぼくの古い古い読者です。どのくらい古いのかというと、ぼくがまだパソコン誌で「吾輩は寫眞機である」というカメラ系連載をしていた頃からの読者様なのです。ぼくが新刊を出すたびにがっつり掘り下げた書評を書いてくださり、いつも励みになっています。今回もめっちゃ深掘りしてますね。とりあえず、ラノベネタにツッコミを入れてくれたはじめての人です(笑)。

Snapcrab_noname_202126_201916_no00

note tanakachotoku
ブレイクニュース。オールドレンズはバベルの塔である!

田中長徳先生のnoteで取り上げていただきました。長徳先生とはオールドレンズパラダイスがらみでご挨拶をさせていただき、最近はカメラホリックの仕事で京都ロケに同行させてもらいました。あのロケはホント至福の時だった(笑)。ちなみにnoteの記事のほうですが、平たく言うと、「レンズ交換ばかりしてないで真面目に撮れ書け!」と叱られております。ありがとうございます!

SNS上の感想も気がついたものはすべて拝読するようにしています。もしブログなどにレビューを書かれたときはおしえてくださいね。

 

| | Comments (0)

February 01, 2021

エッセイ集だけど写真もたくさんあるよ!【オールドレンズはバベルの塔】

先週末に発売になった「オールドレンズはバベルの塔」、読了した皆さんから「おもしろかった」との声をSNS上で拝見し、安堵しています。今回の本は「一気読みしました」という声がとても多くて、物書きの端くれとして本当にうれしく思っています。さて、この記事は本書のちょっとした仕掛けをご紹介したいと思います。

Lmimg_0059_20210201143401

表紙の帯をめくると、澤村徹とゆかいな親父たちがあらわれます。バベルの塔撮影ワークショップという設定です(笑)。澤村のイラストですが、十年前のまだおなかがぽっこりする以前の澤村の姿です。イラストレーターさんの忖度ですね(笑)。

015_054_c1__06

左ページに注目。エッセイはまずブツカットからはじまります。軽くドレスアップしたオールドレンズ付きのカメラを撮りました。キャプションにはそのレンズの概要に加え、澤村の入手当時に価格を記しました。これは相場価格ではなくて、ぼくが買ったときのガチの値段です。当時の具体的な金額がここから読み取れると思います。

015_054_c1__02

ペロンとページをめくると、エッセイの本編がはじまります。実はエッセイなのに、うっすらと全編を貫くストーリーがあります。きっとそのため一気読みする人が多かったのかな。今回の本は文章が主役なので、原稿にはだいぶ気をつかいました。

015_054_c1__10

そのあと、写真が5カットつづきます。ページ数的なことをいうと、全ページの1/3~1/2ぐらいが写真ページですね。がっつり読む本ではありますが、写真もたくさん載せています。ただ、普段のオールドレンズ本のようなキメッキメの作例ではなくて、脱力感のある写真をあえて選びました。エッセイを読みながら写真を見てもらうと、このあたりのバランスは納得してもらえると思います。ちなみに、すべての写真に題名とキャプションをつけています。昔、metalmickey's montageというフォトブログで写真に題名をつけていたのですが、あの面倒な作業を復活させました(笑)。本の隅の隅まで楽しんでもらえると思います。

本書は電子版も紙と同時発売です。ご興味あればぜひご高覧いただけると幸いです。

 

| | Comments (0)

January 29, 2021

「オールドレンズはバベルの塔」本日発売です!

2008年以降、「オールドレンズ・パラダイス」を皮切りに、年1~2冊ペースでオールドレンズ本を書いてきました。「オールドレンズ・ライフ」に至っては10年10冊に達し、すっかりオールドレンズ本がライフワーク化しています。自分のライター人生、こういう歩み方になるとは思わなかったなあ(笑)。

Lmimg_0048

オールドレンズはバベルの塔[ホビージャパン][Amazon
発売:2021年1月29日
版元:ホビージャパン
判型:A5判
※AmazonのリンクはAmazonアソシエイトリンクを使用しています。

さて、本日1月29日、ホビージャパンから「オールドレンズはバベルの塔」が発売になりました。例によってオールドレンズ本ですが、いつもの本とはずいぶん趣きが異なります。これまでの本が“オールドレンズの解説書”であるのに対し、本書はオールドレンズ・フォトエッセイ集です。ちょっと気取った言い方をすると、“私的文脈でオールドレンズを語る”といった感じです。

ライターというのはフラットな視点で記事を書くことがほとんどです。エッセイのように私的な文章を書くことはごくまれ。事実、本書は澤村史上初のエッセイ本です(笑)。こんな機会は滅多にありません。

せっかくいただいたレアな仕事ですから、レンズ本の新機軸を打ち立てるつもりでがんばって書きました。オールドレンズファンはもちろん、オールドレンズどころか写真・カメラに興味のない人でも楽しんでもらえるように工夫をこらしています。ぜひ、たくさんの人に読んでいただきたいです。ご高覧のほど、よろしくお願いいたします。

 

| | Comments (0)

January 10, 2021

次の新刊はフォトエッセイ集【オールドレンズはバベルの塔】

来る1月29日、新刊「オールドレンズはバベルの塔」をホビージャパンより出版します。僭越ながら、澤村徹初のエッセイ集です。

Babel_s

●オールドレンズはバベルの塔[ホビージャパン][Amazon
発売:2021年1月29日
版元:ホビージャパン
判型:A5判

2008年以降、毎年1~2冊ペースでオールドレンズ本を出してきました。本書はこれまでのオールドレンズ解説本とは異なり、オールドレンズ・フォトエッセイ集になります。平たく言うと、“読むオールドレンズ本”です。オールドレンズファンだけでなく、オールドレンズや写真に興味のない人でも楽しめるように工夫をこらしました。いつものオールドレンズ本とはひと味ちがったオールドレンズ本、ぜひたくさんの方にご覧いただきたいです。よろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

December 05, 2020

勝負レンズとニコン愛と【Cameraholics Vol.4】

来る12月11日、カメラホリックVol.4が発売になります。澤村は編集と執筆でお手伝いしました。このところ半年に1冊ペースでの刊行となり、アッという間の4号目です。今号も濃ゆいカメラの世界へ誘う内容が盛りだくさんですよ。ちなみに、カメラホリックの表紙はVol.2以降、ハービー・山口さんの撮り下ろしです。気づいた人いるかなあ。

P000_cover_1116a

●Cameraholics Vol.4[ホビージャパン][Amazon
発売日:2020年12月11日(金)

第1特集は「写真家の勝負レンズ」です。ハービー・山口さんを筆頭に、本誌執筆陣の勝負レンズをドドンとご紹介します。実際に勝負レンズで撮った作品と、そのレンズへの思い入れをご覧いただけます。なんというか、フツーのレンズが一本もなかったです(笑)。そうそう、オールドレンズファンのヒーロー、上野由日路さんも載ってますよ。

第2特集は「元始、ニコンは太陽だった。」というキワモノ企画です。ありていにいうとニコン応援歌なんですが、赤城耕一さん、後藤哲朗さん、土田ヒロミさんなどなど、そうそうたるメンツにニコン愛を語っていただきました。どなたの語りもアンビバレントな想いが滲んですごいことになってます。ニコン派はもちろんですが、ニコン全盛期を知らない世代にこそ読んでいただきたい特集です。かつてカメラは世界の中心だった、と実感してもらえると思います。

3特は澤村の担当ページです。今回は「ライカ×オールドレンズ」というテーマにしました。デジタルM型ライカで非ライカMマウントレンズを楽しもうという企画です。無論、いまどきのライカはライブビューがありますから、どんなオールドレンズでもいけます。そこでマウントアダプターにこだわり、デジタルM型ライカならではのオールドレンズスタイルを追求してみました。そうそう、この企画に合わせて、ルミエールのアレを再販していただきました。感謝です。

この他、ライカQ2モノクロームのレビューとか、連載「吾輩は寫眞機である」とか、アレやコレやと書いています。隅々までディープな企画満載のカメラホリックVol.4、ぜひお手にとってご覧ください。おっとそうだ、電子版も紙と同時発売です!

| | Comments (0)

May 23, 2020

モノクローム三昧の一冊です【Cameraholics Vol.3】

来る5月29日、カメラホリックVol.3が発売になります。今号も編集と執筆の両面でお手伝いしました。今回はモノクロ大特集号です。ライカM10モノクロームの発売にからめ、著名な写真家陣のモノクロフォトギャラリーをドドーンと展開しています。また、モノクロのハウツウやエッセイを多彩な執筆陣にお願いしました。モノクロファンはもちろんですが、モノクロって難しそうだなあと距離を取っていた人にこそご覧いただきたいです。モノクロ写真の楽しさ格好良さを実感してもらえると思います。

そんなモノクロフォトギャラリーの中で澤村がイチ押ししたいのが、小澤太一さんです。ええ、あの小澤太一さんですよ。キヤノンのイメージが強い写真家さんですが、実は熱心なライカユーザーでもあります。ライカM10モノクロームを購入されたと耳にし、寄稿をお願いしました。小澤太一×ライカM10モノクローム、おもしろそうでしょ? 彼の作品は海外で撮ったものが多いのですが、今回は日本の離島での撮り下ろしです。いつもとちがう側面が見られるのか、機材や場所が変わってもいつも通りの小澤太一さんなのか。ぜひご自身の目で誌面を確認してみてください。

Cameraholics003_cover_s_20200523192301

●Cameraholics Vol.3[ホビージャパン][Amazon
出版社:ホビージャパン
発売日:2020年5月29日

で、澤村は何を書いたのかというと、ゼブラ柄オールドレンズ特集です。いつだってマイペース、ブレませんよ(笑)。かわいいは正義と言いますが、オールドレンズ好きには「ゼブラこそ正義」です。作例もお約束通り、地味でじわじわくるやつを載せてます。

そしてもうひとつ、ライター澤村のパソコン誌時代を知っている方々に朗報(なのか?)です。連載「吾輩は寫眞機である」が復活することになりました。これはPCfanというパソコン誌で2007年から2011年にかけ、63回続いた連載です。パソコン誌でカメラネタというデタラメに加え、カメラの深淵をひたすら自腹で掘り下げるというライターにとって絶望的な企画でした。連載一回の出費が原稿料を軽~く超えているので、続けば続くほど赤字が累積していきます。ひどい仕事でしょ(笑)。そんなブラックな迷連載がカメラホリックで復活します。どのみち赤字ですから、そのぶん好き勝手やらせてもらいますよ。ちなみに、PCfan時代は1ページ連載でしたが、カメラホリックでは2ページもらえました。編集部の温情ですね。赤字がいくらか軽減します。

そんなこんなのカメラホリックVol.3、ぜひ多くの方に手に取っていただきたいです。ご高覧のほど、よろしくお願いいたします。

 

| | Comments (0)

December 09, 2019

ライカ会に参加してきました!【Cameraholics Vol.2 出版記念】

コムロミホさんとホビージャパンの主催によるライカ会に参加してきました。先月末にCameraholics Vol.2が発売になり、それを記念してのライカ会です。ライカ好きが集まってカメラ談義に花を咲かせ、モデル撮影を楽しみ、おいしいランチに舌鼓。ゆるく濃くライカを愛でるイベントです。

Lml10035252
Leica M10 + Nikkor-N・C 5cmF1.1(モデル:アオイミヅキ)

Lml10034732
Leica M10 + Nikkor-N・C 5cmF1.1(モデル:アオイミヅキ)

プロの写真家が多数参加することで有名なこのイベントですが、その一方で知る人ぞ知るオールドレンズマニアもお忍びで参加してました。今回個人的にツボだったのは、「アルパカメラ大図鑑」の豊田茂雄さん、oldlens.comの岡田祐二さんのご両名。ぼくにとって「オールドレンズ・パラダイス」を書く前からのヒーローです。

Lml1003539
豊田茂雄さんのライカ。すごいコレクションでした。

Lml1003541
アジャスティグマの体験会も開催。写真は視度測定用のレンズ。

Lml1003508
コムロミホさんの指導のもと、ライカで楽しくモデル撮影。

締めは恒例のライカ集合写真です。総額、世田谷に一軒家が建つほどのライカが集まりました。ホント、途方もないなあ(笑)。

Img_2934

| | Comments (0)