カメラガジェット放浪記

April 05, 2018

澤村としてはめずらしく国産オールドレンズの記事ですよ

「澤村徹のカメラガジェット放浪記」を更新しました。お題目はコンタックスC/ニコンSの外爪式アダプターです。ビギナーはつい敬遠しがちなちょっとややこしいマウントですね。コンタックスC/ニコンSマウントは、標準レンズが内爪式、広角と望遠レンズは外爪式です。

Lmimg_0003

●澤村徹のカメラガジェット放浪記
第9回 待望の外爪式アダプター登場

ぼくの記事や本は、「国産オールドレンズを増やせ」と常に一定数のリクエストをいただいております(笑)。そんな声にお応えして、今回はW-Nikkor・C 3.5cmF1.8を取り上げました。いかにもオールドニッコールな墨っぽい色合いのカットもちゃんと載せてますよ。ぜひご覧ください。

| | Comments (0)

February 10, 2018

焦点工房 × K&F Concept ブースに登壇します(CP+2018)

今年のCP+は複数のブースにて登壇することになりました。情報を公開できるものから、順次紹介していきます。トップバッターは焦点工房とK&F Conceptの合同ブースです。澤村も含めて全9名によるセミナー/トークイベントを連日開催します。澤村はオールドレンズとマウントアダプターについてトークする予定です。

Lmimg_0010

●CP+ 2018 焦点工房 × K&F Concept
オールドレンズと相棒になる三箇条
2018年3月1日(木) 16:30~ 約30分
2018年3月3日(土) 12:30~ 約30分
※参加無料/予約不要

オールドレンズはそれぞれ個性がありますが、その個性を自在に使いこなす工夫を解説します。マウントアダプターの選び方、撮影テクニック、そして応用テクニックと、ぼくが普段気を付けているポイントを整理しました。オールドレンズとより親密になる方法を伝授します。CP+2018にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

| | Comments (0)

January 18, 2018

なぜか香港はズマリット率が高い

カメラガジェット放浪記を更新しました。今回はα7II向けのアクセサリーをいろいろと紹介しています。メインアイテムはSHOTENブランドのL39マウントアダプターなんですが、個人的にはcam-inのα7IIケースの出来に惹かれてます。記事には載せていないのですが、このケースのワインレッドがかなりキテますよ。

Lmimg_00192

●澤村徹のカメラガジェット放浪記 第8回
デザインリッチなL39アダプター

作例は香港で撮ったズマリットのカットを掲載しています。いまさらなんですが、どうも香港にズマリットを持ち込む率が高いようです。過去4回香港に行ったのですが、3回は持ち込んでますね(笑)。我が家のズマリットはいい感じに曇っていて、いかにもオールドレンズで撮りました、というカットが量産できます。貴重な個体だと思ってます。

| | Comments (0)

October 31, 2017

SHOTEN LM-FX Mで最短越えしたアレをご覧に入れます

カメラガジェット放浪記を更新しました。SHOTEN LM-FX Mの発売に合わせたレビューのはずが、あれも紹介しよう、これも加えようと悪ノリして、すっかりデジカメドレスアップ主義モードになってしまいました(笑)。

Lmimg_0003

●澤村徹のカメラガジェット放浪記 第7回
Xユーザーに捧ぐフルドレスアップスタイル

隠し球はやはりレンズですかね。シラッとアレが付いてます。マクロアダプターの記事でアレが付いているということは、最短越えした50mm F1.1の描写が拝めると(笑)。製品と作例、どちらもお楽しみください。

| | Comments (0)

September 29, 2017

ライカレンズはどこまで寄れる?

「澤村徹のカメラガジェット放浪記」を更新しました。今回のテーマはライカMマウントレンズによるマクロ撮影です。接写リングをLM-EA7を組み合わせ、超絶スーパーマクロに挑戦してみました。

Lmimg_0023

●澤村徹のカメラガジェト放浪記 第6回
ライカレンズでスーパーマクロAF撮影

ちなみに、この連載のイメージカットなんですが、最近はこっそりとドレスアップ仕様になっています。Cam-inのストラップを組み合わせ、軽く雰囲気出してみました。Cam-inは量産タイプのストラップですが、おいしいところをうまくくみ取っています。買いやすい値段の製品なので、気になった方は焦点工房かAmazonでぜひ。

| | Comments (0)

June 26, 2017

香港の写真、早速アップしました!

カメラガジェット放浪記を更新しました。作例は、先日まで行っていた香港です。24日に撮った作例を26日に公開ですから、自分でやっておいてナンですが、ハンパなく早いよね。けっこうがんばったよ!?

Stkb04_01

●カメラガジェット放浪記 第4回
アダプターとストラップでモノトーンドレスアップ

この連載はこれまでソリッドにマウントアダプターを紹介してきましたが、今回は軽くドレスアップテイストも含めてみました。Cam-inは以前からウォッチしていましたメーカーで、焦点工房から製品リストを見せてもらったところ、安くて良さそうな製品がたくさんありました。これからいろいろと紹介していきたいと思っています。

| | Comments (0)

May 21, 2017

ストレスフリーの広角オールドレンズ

カメラガジェット放浪記を更新しました。この連載ではめずらしく、ライカネタです。ライカM10に第2世代のスーパーアンギュロン-Rを付けて撮ってみました。一眼レフ用レンズなので、周辺までカチッとよく写りますよ。

Lmimg_0007

●澤村徹のカメラガジェット放浪記
第3回 ライカM10でライカRレンズを楽しむ

それにしても、このレンズはフードがイカしてるというか、イカレてるというか(笑)、異様にかっこいいですね。このフードだけで白飯三杯いけます。

| | Comments (0)

March 24, 2017

K&F Conceptのマウントアダプター、使ってみました!

カメラガジェット放浪記を更新しました。今回のアイテムは、CP+2017にも出展していたK&F
Conceptのマウントアダプターです。いわゆる普及価格帯の製品ですが、けっこうしっかりした作りになっています。いまどきめずらしく、「安くていい物」というスタンスがうれしいですね。

Stkb02_01

●澤村徹のカメラガジェット放浪記
第2回 マウントアダプター価格破壊のビッグウェーブ

レンズは変化球気味にボルナ-9を選んでみました。大柄の厳ついレンズですが、描写は繊細な雰囲気を感じさせます。作例たっぷり載せていますので、ぜひご覧ください。

| | Comments (0)

February 27, 2017

CP+2017 マニアックワールドへようこそ!

デジカメWatchにて、CP+2017のレポートを公開しました。ぼくが担当するレポートですので、ご推察通り、マニアック路線一辺倒な内容です。マウントアダプターとMFレンズが大好きなみなさんに贈ります。

Lm_dsc4696

●デジカメWatch
【CP+】MFレンズとマウントアダプターのマニアックな世界

近年、マウントアダプターやMFレンズの界隈では、中国製品のブランディングが大きなムーブメントになっています。KIPONがその走りですが、TECHART、中一光学、LAOWA、K&F Conceptなど、着実にその数が増えています。そうした勢いを今年のCP+では感じました。どのブランドも後発であることを意識し、独自性の高い商品を開発しています。話題に事欠かないホットなカテゴリー、その様子をレポートから感じてもらえるとうれしいです。

| | Comments (0)

February 20, 2017

新連載「カメラガジェット放浪記」はじまりました!

新しい連載をはじめることになりました。タイトルは「澤村徹のカメラガジェット放浪記」です。英語にするとCamera Gadget Wanderer、略してCGW。そんなことはどうでもいいですね(笑)。焦点工房のオフィシャルコンテンツとして、いろいろなカメラ用品をレビューしていこうという企画です。焦点工房で取り扱いのある製品なら何でもOKということで、テックアート、中一光学といったマニア御用達のアイテムを積極的に紹介していこうと思っています。

Stkb01_01

●澤村徹のカメラガジェット放浪記
第1回 フェイバリットレンズ総AF化大作戦

栄えある第1回は、中一光学のMFレンズをLM-EA7でAF動作させようというネタです。のっけから濃いですね(笑)。記事内では控えめに書いてありますが、この組み合わせのAF精度、かなり良かったです。ピント合わせでAFが悩んでいたのは2~3回ぐらいでした。開放で滲みの少ないレンズの方が、LM-EA7での合焦率はアップしますね。下の写真はオフショットですが、カチッと合焦しているのがわかると思います。

Lm_dsc3953
α7II + Creator 35mm F2 + LM-EA7

「澤村徹のカメラガジェット放浪記」は1~2ヶ月おきを目安に更新していきます。ご期待ください。

| | Comments (0)