デジカメドレスアップ主義

September 09, 2017

metalmickey's camera プレオープン!

新たにレビューサイトをスタートしました。タイトルはmetalmickey's camera。カメラケース、ストラップ、マウントアダプター、オールドレンズなど、カメラ周辺アイテムをレビューするサイトです。カメラではなくカメラアクセサリー、ニュースサイトではなくレビューサイト。自分にできることを優先したら、こんなスタイルになりました。

Mmc03_02

metalmickey's camera
・Facebopok
・Twitter

当面は、掲載スタイルやコンテンツをあれこれ試しながら運用していきます。とりあえず、プレオープンといった感じでしょうか。オウンメディアなので、自分らしい原稿を書いていきたいと思っています。RSSリーダーの登録、およびFacebookやTwitterのフォロー、よろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

June 22, 2017

カメラアクセサリーは永遠に主役です!

7年間つづいたデジカメドレスアップ主義が、ついに幕を下ろすことになった。ライターという職業柄、連載終了はさしてめずらしことではない。はじまった連載はいずれ終わる。それだけのことだ。感慨にふける暇があったら、減った仕事の穴埋めを考えなくてはならない。

Lmimg_00432

●デジカメWatch デジカメドレスアップ主義
最終回 デジカメドレスアップの極意教えます

そうは言ってもデジカメドレスアップ主義については、さすがに単なる仕事と片付けられないものがある。デジカメWatchの編集長曰く、デジカメドレスアップ主義はデジカメWatch史上最長の連載だったという。もちろんぼくの手がけた連載の中でも最長だ。2010年からの7年間、デジタルカメラの興隆を、カメラアクセサリーという側面から照らしつづけた。カメラケース、ストラップ、マウントアダプター。カメラの脇役をあえて主役として語りつづけた本連載は、カメラ史の断片ぐらいは刻めたのではないだろうか。7年間とはそういう時間だと思うのだ。

デジカメドレスアップ主義は賛否両論の激しい連載だった。ぼくが担当した連載の中で、おそらく2番目ぐらいに激しかったと思う。カメラをファッション感覚で語るなど言語道断というお叱りの声もあれば、記事とまるっと同じスタイルに仕上げ、うれしそうにそのカメラを見せてくれる読者もいた。もともとドレスアップは好みに左右される部分なので、賛否両論はあってしかるべきだろう。それだけ記事が注目を集めたと思えば、ライター冥利に尽きる。

ちなみに、賛否両論がもっとも激しかった連載は、某パソコン誌で担当した「チューニング娘。」という記事だ。パソコン周辺機器のチューニングテクニックを紹介する連載だったのだが、某アイドルグループの人気にあやかり、チューニング娘。というふざけたタイトルに決まった。しかも「アイドルつながりで女の子が徐々に脱いでいく脱衣系連載にしようぜ」というあり得ないアイディアがうっかり採用されてしまい、タイトル横でモデルの女の子が毎号少しずつ脱ぎ、最後は水着姿になるというトンデモ展開になってしまった。もっともパソコン誌は基本的に男性誌なので、水着の女の子は大歓迎だろう。

しかし、現実はちがった。読者アンケートの統計を見ると、○マークとほぼ同数の×マークがつく始末だ。コメント欄には「水着なんて下品でけしらかん」という意見がとても多い。こう書くと「草食系かよ!」と思うかもしれないが、実はそうではない。奥さんや娘さんの目を気にせず、リビングで安心して読める雑誌、というニーズがとても多いのだ。これ以降、ぼくは誌面でセクシーとエロを封印した。

最終回の記事では、ぼくがドレスアップする際、どんなことを考えながらスタイリングしているのかをまとめてみた。ドレスアップにセオリーや定石があるわけではないが、とっかかりぐらいにはなるだろう。カメラに愛着を抱き、自分らしいスタイルで携行する。デジカメドレスアップ主義が終了しても、カメラドレスアップは不滅だ。

| | Comments (0)

June 05, 2017

宝石レンズって比喩じゃなかったのか!

デジカメドレスアップ主義を更新しました。今回の注目アイテムは、宝石レンズことイルミナー25ミリF1.4です。この宝石レンズというのは愛称ではなくて、本当にレンズの中に宝石が入っています。

Lmimg_00082

●デジカメWatch デジカメドレスアップ主義
第180回 フレアが弾ける宝石レンズ

そんなことして光学的に大丈夫なのかと心配になりますが、大丈夫じゃないからおもしろいんですね。描写は期待してください。おもしろい写真が撮れます。久しぶりにマイクロフォーサーズネタというのもいいですね。

| | Comments (0)

May 26, 2017

RAYQUALの変化球連発がヤバイ

デジカメドレスアップ主義を更新しました。今回のキーアイテムはRAYQUALの新型マウントアダプターです。L39マウントアダプターなんですが、高精度アジャスト機能付きというキワモノが登場しました。フォーカシングレバーやレンズ指標の位置を、キメ打ちで調整できる実用性の高い製品です。オールドライカレンズ好きはもちろんですが、ノンライツ派にもお薦めです。

Lmimg_0004edit

●デジカメWatch デジカメドレスアップ主義
第179回 スクリューマウントレンズのこだわりセッティング

それにしても、このところのレイクォールはアグレッシブですね。アサヒフレックス用といいコニカAR用といい、オーソドックススタイルの斜め上をうまく突いてきます。アイディア一発ではなく、ちゃんと精度を出して製品化してくれるところがうれしいですね。

| | Comments (0)

May 11, 2017

Leica M10でKistar 35mm F1.4を使ってみました!

デジカメドレスアップ主義を更新しました。ボディは個人的に旬のライカM10、レンズは木下光学研究所のKistar 35mm F1.4です。距離計連動はしませんが、ライブビュー対応機のM10なら何ら問題ありません。しかもM10はライブビューでフォーカスエリアを移動できるので、開放で任意の場所に合焦させる、という使い方もラクラクですね。

Lmimg_0015edit

●デジカメWatch デジカメドレスアップ主義
第178回 ライカM10フルブラックドレスアップ

ドレスアップはブラックにこだわって製品を選んでみました。ただ、ストレートなブラックスタイルではなく、微妙に変化球を混ぜています。そのあたりを楽しんでもらえるとうれしいです。ぜひ本編をご覧ください。

| | Comments (0)

March 23, 2017

Leica M10 ガチモードでドレスアップ!

デジカメドレスアップ主義を更新しました。今回はライカM10です。手元にM10が届いてから約一ヶ月、じっくりと練ったドレスアップを紹介しています。レンズも含めて結構かっこよくまとまったと思うんですが、いかがでしょうか。

Lmimg_0006edit

●デジカメWatch デジカメドレスアップ主義
第177回 ライカM10ファーストドレスアップ

ケース、レンズ、軍艦部のアクセサリー、これらは早々にアイテムが決まったんですが、ストラップを決めかねてずいぶんと時間を食いました。が、CP+2017で個人的にどストライクな製品を見つけ、それを合わせた姿がナントかっこいいことか! 原稿も普段よりテンション高めです(笑)。新しいカメラは気持ちが高揚していいですね。

| | Comments (0)

March 08, 2017

スーパーマクロを試してみました(Freewalker 20mmF2)

デジカメドレスアップ主義を更新しました。今回の注目アイテムは中一光学のフリーウォーカー20ミリF2です。最大撮影倍率4~4.5倍というちょっとびっくりなスペックの持ち主です。

Lmimg_00102

●デジカメWatch デジカメドレスアップ主義
第176回 スーパーマクロのお作法を考える

このレンズは切り貼りデジカメ実験室の糸崎公朗さんが好きそうなレンズですね。スーパーマクロということで撮影は相当苦労しました。この世界は修行が必要だと痛感しました。

ストラップはいま局地的に話題のINDUSTRIAをピックアップしました。一見するとシンプルなブラックレザーのストラップですが、このシンプルさを構築するために数々のこだわりが詰まっています。こういう製品は琴線に触れますね。

| | Comments (0)

February 27, 2017

CP+2017 マニアックワールドへようこそ!

デジカメWatchにて、CP+2017のレポートを公開しました。ぼくが担当するレポートですので、ご推察通り、マニアック路線一辺倒な内容です。マウントアダプターとMFレンズが大好きなみなさんに贈ります。

Lm_dsc4696

●デジカメWatch
【CP+】MFレンズとマウントアダプターのマニアックな世界

近年、マウントアダプターやMFレンズの界隈では、中国製品のブランディングが大きなムーブメントになっています。KIPONがその走りですが、TECHART、中一光学、LAOWA、K&F Conceptなど、着実にその数が増えています。そうした勢いを今年のCP+では感じました。どのブランドも後発であることを意識し、独自性の高い商品を開発しています。話題に事欠かないホットなカテゴリー、その様子をレポートから感じてもらえるとうれしいです。

| | Comments (0)

February 24, 2017

CP+ 2017 ドレスアップアイテム盛りだくさん!

CP+2017に行ってきた。今回は取材仕事が入っていて、そちらの記事はまた追々と。ここでは会場で見つけたドレスアップ系のアイテム、というかお初のメーカーをあれやこれやと紹介しよう。

Lm_dsc4647

はじめはBarber Shopというイタリアのレザー用品ブランドだ。バッグ、レザー小物、カメラストラップなどを扱っている。

Lm_dsc4644

イチ押しは手前にハンドストラップだ。オールドレンズ・ライフ Vol.6で私物購入したものを紹介したことがあり、CP+会場で見かけたときは思わず声を上げそうだった(笑)。Dリングとフック金具が独特で、ライカMとかX100シリーズあたりと組み合わせるとかっこよさそうだ。

Lm_dsc4654

続いて、Ceciliaというアメリカのレザー用品ブランド。レザー製のカメラバッグとストラップが主力商品だ。数ヶ月前にウェブサイトを見つけ、ストラップを購入しようか迷っていたところだった。

Lm_dsc4657

注目したいのは、ファブリック(アルパカウール)とレザーのコンビネーションストラップだ。アルパカの色や模様は色々な種類がある。個人的にはブラックレザーとベージュのアルパカの組み合わせが気に入った。

Lm_dsc4658

取り付けの先端はレザーを用いている。アンティーク調の金具づかいもいい。細部までかなり気を遣っている製品だ。レザー製カメラバッグも出来が良かったので、こちらも試してみてほしい。

Lm_dsc4707

最後はAeskimoというタイのブランドだ。バッグ、iPhoneケース、カメラストラップなどを製造している。CP+ではカメラストラップのみ展示していた。

Lm_dsc4701

一番気になったのがこのストラップだ。一見するとネックストラップだが、ギボシからレザーを取り外すとハンドストラップに早変わりする。また、ショルダー部のレザーの合わせ方も新鮮なスタイルだ。

Lm_dsc4705

このショルダーストラップも目を惹いた。長さ調節で余ったレザーを、ショルダー部分に編み込むという工夫をしている。どの製品もしっかりとデザイン処理されている点が印象的だ。

さて、ここで紹介したブランドおよびメーカーは、日本での販売店を募集中とのことだった。興味がある販売店さん、ぜひ!

| | Comments (0)

February 14, 2017

お待たせしました、アサヒフレックスですよ。

デジカメドレスアップ主義を更新しました。今回のキーアイテムはRAYQUALのアサヒフレックス用マウントアダプターです。いやあ、アサヒフレックスのマウントアダプターが、しかもRAYQUALから発売されるとは思いませんでした。ウエストレベルでかっこいいカメラなんですよね。マウントアダプターの登場にかこつけて、早速ボディごと買いました(笑)。

Lmimg_00042

●デジカメWatch デジカメドレスアップ主義
第175回 よもやまさかのアサヒフレックス

今回、手に入れたタクマー58ミリF2.4を持ってRAYQUALに取材に行ったんですが、そのとき、「このレンズはめずらしくクリアでコンディションいいですね」と褒められました。何だろう、レンズを褒められると自分が褒められたような気がしますね。錯覚ですね(笑)。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧