Work

June 20, 2017

MFの極意教えます!(日本カメラ7月号)

今月売りの日本カメラ7月号にて、ちょっと変わった特集を担当しました。その名も「現代版マニュアルフォーカスの極意」です。デジタル時代からこそ、MFに勝機があるというちょっと逆説的な特集です。「どーせ澤村はMFしか使ってないんだから、しっかり取材して書きやがれ!」と命を受け、コシナさんに取材したり、ぼくのMFマル秘テクニックを公開したりと、いろいろ大盤振る舞いです。

912_0
●日本カメラ7月号[日本カメラ社
現代版マニュアルフォーカスの極意
Batis 135mm F2.8 レビュー

バティス135ミリのレビューも担当しました。個人的に中望遠でストリートスナップするのが好みなので、このレンズでの作例撮りはとても楽しかったです。AFが気持ちよく合い、写りも抜群。いろいろと喚起されられるものがあるなあと思いました。そうそう、Tokyo Leica Styleにオールドレンズパラダイスつながりの人がふたりも載っていて、素でコーヒー吹くところでした。お願いです、こういうのは前もって教えてください(笑)。

| | Comments (0)

October 25, 2016

モノ雑誌でオールドレンズ(デジモノステーション12月号)

久しぶりにオールドレンズ特集の告知です。電子雑誌デジモノステーション12月号のカメラ特集にて、6ページにわたってオールドレンズを取り上げています。モノ雑誌でオールドレンズをやるのはホント久しぶりですね。王道からマニアックなものまで、いろいろ取りそろえて紹介しています。

Ds201612_h1
●デジモノステーション2016年12月号
最新カメラカタログとマニアなレンズの絶対外さない楽しみ方

オールドレンズ特集のトビラでは、ぼくがオールドレンズにハマった経緯を語っています。オールドレンズデビューのきっかけは十人十色だと思うので、この記事もけっこう楽しんでもらえるのではないでしょうか。なお、本書は電子雑誌になります。Kindleやebookjapanなど、各種電子書籍サービスでご購入ください。

| | Comments (0)

May 13, 2016

香港ワークショップ開催のお知らせ(Turtleback)

先月の後半、香港に行ってきました。「澤村が海外なんてめずらしいなあ」と思った人も少なくないでしょう。ぶっちゃけすごく久々の海外でした(笑)。何故このタイミングで香港に行ったのかというと、とあるイベントのための下見です。Turtleback社から香港でオールドレンズワークショップをやらないかと声がかかり、いよいよその募集がスタートしました。

Lml1009383
Leica M + Summarit 5cmF1.5

●Turtleback オールドレンズ・ワークショップ
澤村 徹と行く香港ワークショップ
日程:2016年11月3日~6日(4日間)

詳細は専用サイトをご覧いただくとして、ざっとこのワークショップの特徴を紹介しましょう。今回の香港ワークショップは、4日間に渡り、澤村といっしょに香港のオールドレンズ撮影向けのスポットをみっちりとまわります。現地スタップは香港在住数十年という現地に精通したオールドレンズファンで(みなさん日本人ですが、中国語と英語がぺらぺらです)、彼らと澤村で撮影ポイントを厳選しました。香港らしさという観点、オールドレンズ撮影向きという観点、この双方から撮り甲斐のあるポイントを選んでいます。先方からの候補地リストを元に、澤村からも「ここは絶対撮りたい!」とリクエストを加え、自信たっぷりの撮影コースに皆さんをお連れします。

主催のTurtlebackは、iPhoneにオールドレンズを付けるアダプターを製造販売している会社です。こんなもんを作るくらいですから、中の人はオールドレンズにどっぷりです(笑)。オールドレンズ好きがオールドレンズ好きのためにワークショップを開催するわけですから、おもしろい内容になって当然です。そうは言っても学生の課題ではありませんから、撮ってばかりの強行軍というわけではありません。適宜、ランチや休憩時間を設け、高齢の方でも気持ちよく撮影を楽しめるルートを作りました。初日と最終日には懇親会をセットして、オールドレンズ談義に花を咲かせる時間もたっぷりあります。

今回、参加メンバーをしっかりサポートしていきたいので、最大参加人数は抑えめにしています。ご興味ある方、ぜひ早めにお申し込みいただけると幸いです。

| | Comments (0)

July 18, 2015

ライカもツァイスもクアトロも、まとめてドーン!(日本カメラ8月号)

830_0 本日発売の日本カメラ8月号、久々に大量執筆しました。いや、ページ数自体はフツーなんですが、とにかく色々なネタを担当しております。大きいところでは、ライカQ開発者インタビュー、dp0 Quattroレビュー、ツァイスのBatisとLoxiaなどを執筆しました。

●日本カメラ8月号[日本カメラ社][Amazon
写真が見違える超レタッチ術
高級コンパクト熱中時代ふたたび(Leica Q/dp0 Quattro)
新製品トレンドの支流を追う(Batis/Loxia)
AF-S DX Nikkor 16-80mm F2.8-4E ED VR
Kowa Prominar シリーズ

レタッチ特集では、渾身の部分補正テクニックを紹介してます。どう渾身かというと、百以上の部分補正を地道にコントロールするという根気の試されるテクニックです(笑)。ぼくの個展で展示した写真は、すべてこの手法で仕上げています。Prominarは3本まとめてのレビューです。焦点距離ごとではなく、シリーズ全体の特徴をわかりやすく解説しました。ぜひご覧ください。

| | Comments (0)

June 11, 2015

Nokton 10.5mm F0.95 ボケる広角はいかがですか!?

デジカメWatchにて、Nokton 10.5mmF0.95のレビューを担当しました。以前、初代Nokton 25mmF0.95を愛用していたのですが、あの当時はF0.95がシリーズ化するなんて思ってもみませんでした。マイクロフォーサーズ用とはいえ、広角でF0.95はちょっと焦りますね(笑)。

Lmimg_0014

●デジカメWatch 交換レンズレビュー
Nokton 10.5mm F0.95

F0.95はこれで4つの焦点距離がそろったことになります。F0.95通しのズームなんて無理でしょうから、ノクトン・フルコンプリートもアリかなあという気がしてきますね。ちなみに、全部買っても現行ノクチより安いです。そう考えるとお買い得なレンズかも(笑)。

| | Comments (0)

June 03, 2015

Speedmaster 85mmF1.2 レビューが公開になりました

デジカメWatchにて、中一光学の大口径ポートレートレンズ、Speedmaster 85mmF1.2のレビューが公開になりました。Speedmasterといえば50mmF0.95が破壊的な低価格(笑)で販売され、一躍有名になったブランドです。そのポートレートレンズ、しかもF1.2ですから、自ずと期待が高まりますね。

Lm00022

●デジカメWatch 交換レンズレビュー
Speedmaster 85mm F1.2

結論から言うと、それなりにクセのあるレンズです。Speedmaster 50mmF0.95もクセがありました。中一光学があえて狙ってここに落とし込んでいるなら、確信犯的でおもしろいと思います。機会があれば、開発の人の話とか聞いてみたいですね。あと、価格を抑える秘訣も(笑)。

| | Comments (0)

May 20, 2015

「ザ・レンズマニアックス」の書評が掲載されました!

820_0 今月もカメラ月刊誌の発売日がやってきました。今月は日本カメラであれこれ書いてます。このブログの読者が気になるネタというと、やはりノクトン10.5ミリF0.95のレビューでしょうか。マイクロフォーサーズ用の大口径広角レンズ、がっつり暗所で作例撮りしてます(笑)。あと、お買い物特集にも参戦しました。決められた予算で「あなたなら何を買う?」という特集です。イロモノ担当ということで、斜め上のアイテムを取りそろえてみました。

●日本カメラ6月号[日本カメラ社][Amazon
お買い物特集(得)カメラ&用品ベストセレクション
Nokton 10.5mmF0.95 レビュー
FUJIFILM XQ2 レビュー

それとですね、今月号はぜひとも157ページを開いてください。昨年秋に出版した「ザ・レンズマニアックス」の書評が載っています。評者はおなじみの上野修さんです。著者にとって書評は、言わばテストの答案が返ってくるようなものです。正座して音読ですね(笑)。「ザ・レンズマニアックス」では、オールドレンズという非効率な世界の歩き方を解説しているわけですが、そのあたりをわかりやすい言葉と例で上野修さんが解説してくれています。ぜひご一読ください。

| | Comments (0)

April 15, 2015

オールドレンズ・ライフ 全巻電子書籍化です!

ぼくが責任編集している玄光社「オールドレンズ・ライフ」、Vol.3とVol.4の電子版が発売になりました。これでオールドレンズ・ライフシリーズは全巻電子化されたことになります。紙版よりも若干安いので、電子版で全巻コンプリートもアリですね。Vol.3とVol.4はフルサイズで撮った作例が多く、オールドレンズの作例集として保存性の高い巻だと思います。まだご覧いただいていない方、ぜひご検討ください。

Vol4_s
●玄光社 オールドレンズ・ライフ 電子版 Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4

リンク先は玄光社のホームページで、各巻の販売サイトへのリンクが掲載されています。Amazon Kindole、MEGASTORE、fujisan.co.jpなど、複数の電子ブックサービスで取り扱いがあります。普段使われているサービスをご選択ください。将来の夢は電子版10冊越えですかね(笑)。ライカ通信みたいにビッグになりしたモンです。

| | Comments (0)

March 13, 2015

SIGMA dp3 Quattro 実写編が公開になりました

デジカメWatchにて、担当したSIGMA dp3 Quattroの実写レビューが公開になりました。クアトロになってからよく言われていることですが、JPEG撮って出しがいいですね。掲載した作例はすべてJPEG撮って出しになります。

Lmimg_0009edit

●デジカメWatch 新製品レビュー
SIGMA dp3 Quattro(実写編)

最近、グループ展を見ていると、大判プリントするアマチュアの方が増えてきました。大きくプリントするなら、やはりクアトロシリーズのような超シャープなモデルを活用したいですね。プリントが大きければ大きいほど、画像の解像力がものを言いますから。

| | Comments (0)

March 10, 2015

SIGMA dp3 Quattro まずは外観機能編から

デジカメWatchにて、担当したSIGMA dp3 Quattroのレビューが公開になりました。単焦点で3台もコンパクト機を出すなんて、酔狂なおかつ潔く、長い目で見ても早々お目にかかれる展開ではないですね。Quattro 3台持ちとか、ちょっと憧れます。

Lmimg_0005edit

●デジカメWatch 新製品レビュー
SIGMA dp3 Quattro(外観・機能編)

どうでもいい話なんですが、黒バックで黒いカメラを撮るのはちょっと手間ですね。光量の調整が難しいし、ゴミ取りも大変だし(笑)。今回はオール黒バックでがんばってみました。けっこうカッコよく撮れたと思います。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧