April 19, 2018

α7III時代のマウントアダプター事情

明日発売の日本カメラ5月号にて、α7IIIとマウントアダプターのレポートを担当しました。α7IIIは像面位相差AFがパワーアップしているので、AF対応マウントアダプターを中心に同機で試し甲斐のある製品をピックアップしています。最近は「マウントアダプター=MF」という図式が崩壊してますね。すごい時代になったなあと遠い目です(笑)。

Img_0916_3

●日本カメラ5月号 α7シリーズ大研究[日本カメラ社][Amazon
α7シリーズ用最新アダプター事情

α7IIIとG Biogon T* 28mmF2.8の実写も掲載しています。フルサイズの最新ミラーレスが登場すると、とりあえずショートフランジの広角は試したくなりますよね(笑)。

| | Comments (0)

April 16, 2018

3つ目のネイビーボディスーツ

metalmickey's cameraを更新しました。今回のお題目はユリシーズのα7IIIボディスーツです。ユリシーズというブランドはちょっと変わっていて、いつも自らの理想と戦っています。ハタから見ていると、「そこまでがんばらなくてもお客さんは満足してくれるよ!?」と思うのですが、ひたすら自ら課したハードルを越えるべく、あえて苦労を背負い込むようなブランドです。そんな生真面目なものづくりの様子をレポートしました。

Lmimg_0008

●metalmickey's camera
Ulysses α7III Body Suit 変わらないためのこだわりカルト級

ちなみにぼくは、α7、α7II、α7IIIとユリシーズのボディスーツを愛用しています。3モデルともネイビーを選びました。短時間でエイジングが進み、暖色系の黒というめずらしい色合いに変化します。エイジングの比較カットもレポートに含めておきました。ぜひご覧ください。

| | Comments (0)

オールドレンズ・パラダイス4月期、はじまりました!

昨日はオールドレンズ・パラダイス4月期初回の座学でした。お題目は中望遠オールドレンズです。75~85mmの中望遠は個性派レンズが多く、オールドレンズらしさを満喫しやすいカテゴリーですね。ヘリオス、ビオター、プラナーなど、おもしろいレンズが目白押しです。

Lm_dsc8856
α7III + Summarex 8.5cmF1.5

このクラスはポートレートレンズと呼ばれることが多いですが、ポートレート以外でもその卓越した描写を楽しませてくれます。ただ、レンズ自体が重いので、ちょっと持ち出すのが億劫なんですよね(笑)。半日持ち歩くと、フツーに腕がだるくなります。

| | Comments (0)

April 05, 2018

澤村としてはめずらしく国産オールドレンズの記事ですよ

「澤村徹のカメラガジェット放浪記」を更新しました。お題目はコンタックスC/ニコンSの外爪式アダプターです。ビギナーはつい敬遠しがちなちょっとややこしいマウントですね。コンタックスC/ニコンSマウントは、標準レンズが内爪式、広角と望遠レンズは外爪式です。

Lmimg_0003

●澤村徹のカメラガジェット放浪記
第9回 待望の外爪式アダプター登場

ぼくの記事や本は、「国産オールドレンズを増やせ」と常に一定数のリクエストをいただいております(笑)。そんな声にお応えして、今回はW-Nikkor・C 3.5cmF1.8を取り上げました。いかにもオールドニッコールな墨っぽい色合いのカットもちゃんと載せてますよ。ぜひご覧ください。

| | Comments (0)

April 02, 2018

オールドレンズ・パラダイス4月期、はじまります!

来る4月15日(日)より、東急セミナーBE「オールドレンズ・パラダイス4月期」がスタートします。本講座はオールドレンズをデジタルカメラで楽しむためのノウハウを伝授します。といっても、オールドレンズの難しい話をするのではなく、メンバーで撮影を楽しんだり、レンズの描写をわかりやすく解説するなど、エンジョイ指向のオールドレンズ講座になります。

Olp15_s
●東急セミナーBE オールドレンズ・ パラダイス2018年4月期
期間:2018年4月~9月の第3日曜日
場所:東急セミナーBE 自由ヶ丘校

2018/04/15(日) 13:30~15:00 座学
2018/05/20(日) 13:30~15:00 屋外撮影実習
2018/06/17(日) 13:30~15:00 モデル撮影実習
2018/07/15(日) 13:30~15:00 座学
2018/08/19(日) 13:30~15:00 屋外撮影実習
2018/09/16(日) 13:30~15:00 座学
※講座内容によって、開始時間が多少前後します。

オールドレンズが好きな方、これからはじめてみたい方、ぜひ一緒にオールドレンズを楽しみましょう。お申し込み、お待ちしております。

| | Comments (0)

March 20, 2018

Zaikaはザイカと読むそうです.

CAMERA fanのミニ連載、3回目が公開になりました。オールドレンズの記事としてはめずらしく、マイクロフォーサーズネタ、しかもコアなCマウントネタです。PEN-FとCマウントレンズ、たまらなくいいですね。佇まいを眺めるだけで白飯三杯いけます(笑)。

Lmimg_001422

●CAMERA fan 最新デジタルカメラで使いたいオールドレンズたち
第3回 Cマウントレンズを深掘りする OLYMPUS PEN-F

Zaikaという国産の大口径Cマウントレンズをクローズアップしました。たぶん誰も使っていないような無名レンズです(笑)。でも、すごく描写がおもしろいんですよ。ウロコボケと勝手に命名しました。Cマウントレンズはホント、沼が深くて困ります。

| | Comments (0)

March 18, 2018

オールドレンズ・パラダイス プリント講評会

今日はオールドレンズ・パラダイス第14期の最終回、プリント講評会でした。本講座のプリント講評会は、写真講評というよりも、どんなオールドレンズでどんな写真が撮れたのか、レンズ本位の講評といったゆるい会です。今日のMVPは、「ライカM9にGホロゴンを付け、キャプチャーワンでプリセット周辺補正」ですね。あのデジタルとやたら相性のわるいホロゴンの画像が、きれいに補正されていました。やるなあ(笑)。

α7II + Cyclop-M1 85mmF1.2

Lm_dsc8329_2

講座の前に、自由が丘をスナップしてきました。目下特訓中のCyclopです。真ん中しか解像しません(笑)。絞りのないレンズなので、どうにも仕方ないですね。気合いで作例撮りです。

オールドレンズ・パラダイスは4月から第15期がスタートします。ただいま受講生を募集中です。オールドレンズに興味がある方、オールドレンズ仲間がほしい方、ぜひご参加ください。

●東急セミナーBE オールドレンズ・パラダイス2018年4月期

| | Comments (0)

March 16, 2018

BAMBIはカメラストラップを装飾品に変える

数年前から気になっていたBAMBIのカメラストラップ、今年のCP+で担当さんからいろいろと話を聞き、さらにメール取材も重ね、満を持してレビューを書き下ろしました。GUIDIという超高級レザーを使っているのが強みですが、それ以外にもたくさんの特徴があります。詳細は本編にてどうぞ。

Lmimg_0009

●metalmickey's camera
Bambi Quilting Guidi Camera Strap

BAMBIは時計バンドのトップメーカーで、カメラストラップにも時計バンドの製造ノウハウが随所で活かされています。裏革のセレクト、側面のへり返し、オリジナル金具の採用など、相当こだわって作り込んでますね。時計バンドって、実用品を極限まで装飾品に寄せたアイテムだと思います。そのアプローチで作ったカメラストラップが、BAMBIのGUIDIレザーカメラストラップなのかなあと。最近、アウトドアロープのストラップばかりがもてはやされていますが、こうした正統派のストラップも試してみてください。ライカ、PEN-F、X-Pro2あたりを使っている人には特にオススメですよ。

| | Comments (0)

March 15, 2018

パンクロ知らなくても楽しめるパンクロコピー

CAMERA fanでPO3の記事が公開になりました。スピードパンクロのコピーとして有名なPO3-3M 50mmF2です。最近、ぼくのまわりではPO3にハマっている人をよく見かけます。パンクロの優秀なところと、ロシアレンズならではのゆるさと、双方兼ね備えたところがおもしろいレンズです。本家パンクロを知らなくても、十分に楽しめますよ。

Lmimg_00042

●最新デジタルカメラで使いたいオールドレンズたち
第2回 密かに人気のパンクロコピーに浸る FUJIFILM X-E3

ちなみに写真のPO3は「距離計連動可」という触れ込みで売っていたのですが、届いた現物はぜんぜん連動しませんでした。ええ、期待なんてしてません。わかってましたとも(笑)。

| | Comments (0)

March 09, 2018

CP+で好評だったアレのレポートです

「Kistar the other side」を更新しました。今年のCP+では木下光学研究所ブースのトークショーに登壇したのですが、その際評判がよかったKsitar 35mm F1.4のレポートです。

Lmimg_0009

●Kistar the other side
第15回 光の厚みをコントロールする

Kistar 35mm F1.4は非球面レンズやフローティング構造を採用した高性能仕様のレンズです。にも関わらず、収差たっぷりという描写がおもしろいところ。しかもちょっと絞るだけで一気にシャープになります。このあたりのギャップが人気の秘訣でしょうか。開放の作例、たっぷり載せています。ぜひご覧あれ。

| | Comments (0)

«α7RIIIとLM-EA7の相性チェック