« 「沼」解禁 | Main | Kistarシリーズ初のポートレートレンズ »

September 29, 2017

ライカレンズはどこまで寄れる?

「澤村徹のカメラガジェット放浪記」を更新しました。今回のテーマはライカMマウントレンズによるマクロ撮影です。接写リングをLM-EA7を組み合わせ、超絶スーパーマクロに挑戦してみました。

Lmimg_0023

●澤村徹のカメラガジェト放浪記 第6回
ライカレンズでスーパーマクロAF撮影

ちなみに、この連載のイメージカットなんですが、最近はこっそりとドレスアップ仕様になっています。Cam-inのストラップを組み合わせ、軽く雰囲気出してみました。Cam-inは量産タイプのストラップですが、おいしいところをうまくくみ取っています。買いやすい値段の製品なので、気になった方は焦点工房かAmazonでぜひ。

|

« 「沼」解禁 | Main | Kistarシリーズ初のポートレートレンズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「沼」解禁 | Main | Kistarシリーズ初のポートレートレンズ »