« 被写体でオールドレンズを選ぶ | Main | ヘリコイドアダプターで広角のボケ味に開眼 »

March 02, 2013

日本写真家協会会報にてKindle写真集を語る

先日、日本写真家協会の取材を受け、昨年暮れに出版したKindle写真集「BLACK MORNING」についてお話させていただく機会がありました。そのときの話が日本写真家協会会報2013年2月号に掲載されています。協会員向けの媒体なので一般の方が目にすることは難しいかもしれませんが、もし機会があればご覧ください。

●日本写真家協会
●Kindle版デジタルIR写真集「BLACK MORNING」

記事中はKindle写真集を出版した理由やマーケティングについて語っています。フォトグラファーのみなさんに役立つような内容を心がけました。Kindle写真集の出版を検討されているなら、多少なりとも参考になるのではないかと思います。

01

|

« 被写体でオールドレンズを選ぶ | Main | ヘリコイドアダプターで広角のボケ味に開眼 »

Comments

私も去年から赤外線写真を趣味で撮っていて、写真集をAmazonで偶然見つけて、すぐに買いました。作品を「開戦前夜」としたのは、とても面白い表現で気に入りました。このフレーズ、私もどこかで(同人誌など?)で使いたいと思います。
ただ、私はKindleのハードウェアは「PaperWhite」しか持っておらず、肝心の写真作品は画面が小さいiPhone版Kindleで閲覧するしかなかったのが、ちょっと残念でした。
米国のように、PC/Mac版のKindleが日本でも使えれば…と思います。

Posted by: 東内 | March 03, 2013 at 04:19 PM

BLACK MORNING、ご高覧いただきありがとうございます。サブタイトルの「開戦前夜」はぼくの作品を貫くメインコンセプトです。これらの写真が開戦前夜の記録にならないことを祈る、という意味合いを込めてこのサブタイトルを選びました。

カラーでご覧いただけなかったのは残念ですが、もともとモノクロチックな写真ですので、モノクロ環境でもそれなりにお楽しみいただけるものと感じております。いずれタブレットもカラーが当たり前という時代がやってくると思います。

Posted by: metalmickey | March 03, 2013 at 06:12 PM

お返事ありがとうござました。先日、仕事でiPadを借りる機会があったので、大きな画面で BLACK MORNING の写真を楽しみました。やはり大きな画面で見ると違いますね。人の存在がかき消えたような雰囲気が、ほんとうに良いです。

Posted by: 東内 | March 09, 2013 at 11:19 PM

「人の存在がかき消えたような」とはいいところ突いてます。赤外の作品づくりでは、音のない世界をいつもイメージしてます。自分の狙いがうまく伝わり、とてもうれしいです!

Posted by: metalmickey | March 10, 2013 at 12:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 被写体でオールドレンズを選ぶ | Main | ヘリコイドアダプターで広角のボケ味に開眼 »