« 日本カメラ2月号 E-PL2とXZ-1のレビューを担当しました! | Main | KIPON製ティルトアダプターが使いやすい! »

January 25, 2011

カメラ・ライフ Vol.8 デジタル赤外線写真はこうやって撮ります!

Cl8 1月27日発売のカメラ・ライフ Vol.8にて、デジタル赤外線写真のノウハウ記事を担当しました。これまで雑誌で赤外写真を掲載する機会はありましたが、ノウハウをまとめた記事ははじめてです。赤外写真の撮り方、機種選び、カラースワップの手順を、6ページにわたってわかりやすくまとめました。

●カメラ・ライフ Vol.8玄光社][Amazon
CL Laboratory
現実と非現実が同居する
デジタル赤外写真を楽しもう!

普段ぼくはライカM8で赤外撮影していますが、M8以外の機種でも赤外撮影は可能です。そこで今回、めぼしいカメラの赤外性能をテストしてみました。「あの機種でこれだけ撮れるのか!」と、目からウロコのおもしろいテスト結果になりました。条件さえ整えば、おなじみのあのカメラで、ギリギリ手持ち撮影できそうです。何事も試してみるものだなあと実感しました。

デジタル赤外写真といえば、やはりカラースワップです。今回はスタンダードな手順を初級者にもわかりやすくステップ解説しました。この手順をPhotoshopのアクションに登録しておけば、サクサクとカラースワップ処理できますよ。ぼくは記事中の手順にもう少し手を加え、レンズごとにアクションを使い分けています。詳細はカメラ・ライフ Vol.8をご覧ください。

|

« 日本カメラ2月号 E-PL2とXZ-1のレビューを担当しました! | Main | KIPON製ティルトアダプターが使いやすい! »

Comments

初めまして。
以前からよく拝見していますが、今回、初コメントさせて頂きます。

私も赤外写真を撮っています。
ボディは、DMC-G1です。改造してありますので、赤外写真しか撮れませんが、SIGMAのSDシリーズを使うよりも快適に撮影することが出来ます。
SSは、数百分の1でも可能です。AF/AEも効きますし、普段使うカメラと何ら変わらずに撮影できるのがポイントです。

ただ、今はカラースワッピング等、色調整に苦慮していまして、今度発売されるという雑誌は、必ず購入しようと思います!

Posted by: KUZU | January 25, 2011 at 08:31 PM

>KUZUさん
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。赤外改造カメラ、ぼくもいつかは手にしたいと狙ってます。手持ちのG1を改造するか、それとも5Dあたりを別途入手して改造するか、そのあたりで悩んでいます。AFで動体を赤外撮影してみたいですね。カメラ・ライフVol.8、ぜひご覧いただけると幸いです。

Posted by: metalmickey | January 25, 2011 at 08:37 PM

初めまして。
貴殿の記事を読んで以来、赤外線写真を撮ってみようと思い立ち、色々と試しているところです。
現状、銀塩フィルムでも何とか撮影できるようにまで至っております。

その中で、デジタル赤外線写真の「カラースワップ」に大変興味があります。

カメラライフの記事も読みましたし、貴殿のblogも拝見させていただきました。
これらは、Photoshop CS ではないとできないのでしょうか?
小生、Photoshop Elements9 を所有しており、色々な指南本を読み漁り、試しているのですが、一向に同様な「~スワップ(チャンネルミキサー)」ができません。

しばらく前の記事への書き込みで、大変申し訳ございませんが、Photoshop Element での「カラースワップ」の方法をご教示いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Posted by: Weekend Outdoors | May 11, 2011 at 12:43 AM

Weekend Outdoorsさん、はじめまして。
実はエレメンツはあまり使ったことがなくて、すぐに具体的なアドバイスができず申し訳ございません。機会を見てエレメンツで試し、ブログの方に手順などを掲載したいと思います。

Posted by: metalmickey | May 11, 2011 at 04:00 AM

Weekend Outdoorsさん、こんにちは。
早速エレメントを試してみました。結論から申しますと、エレメントはチャンネルミキサー機能が見当たらず、チャンネル操作によるカラースワップができませんでした。別途、チャンネルミキサーを搭載したフォトレタッチソフトでチャレンジしていただきたく存じます。フリーソフトですと、GIMPというソフトが対応しているようです。ただし、RAWデータの読み込みに対応しているか否かが問題となりますので、ご確認いただいた上でお試しください。

ぼくは普段フォトショップのLabモードでカラースワップしています。他のソフトだとRGBモードでカラースワップすることになります。RGBモードでのカラースワップは、以下のドキュメントが参考になると思います。英文サイトですが、スクリーンショットがたくさん載っていますので、ご参考までにご覧ください。
http://www.lifepixel.com/tutorials/infrared-photoshop-basics

Posted by: metalmickey | May 11, 2011 at 12:05 PM

こんにちは。

早速、回答いただき、また、色々なアドバイスもいただき、誠にありがとうございました。
フリーソフトは後刻使ってみます。
紹介されたサイトも今後良く見てみようと思っております。

Photoshop Elements の色々な機能を探してみたところ、単に空だけであれば、スマートブラシツールで青い空を選択すると、似たような雰囲気の画像ができました。まだまだPhotoshopの使い方に慣れていないために空と樹木の境界がしっかりしすぎています。
紹介いただいたソフトや、もうPhotoshop Elementsの設定などで、もう少し詰めることができたら拙blogで報告させていただきます。

最後に繰返しにはなりますが、今回は丁寧なご回答をいただきましてありがとうございました。
今後の記事も楽しみにしております。

Posted by: Weekend Outdoors | May 11, 2011 at 11:15 PM

Weekend Outdoorsさん、こんばんは。
カラースワップは、デジタル赤外線写真のひとつのアプローチにすぎません。大切なのは、最終的に写真をどう仕上げたいかということだと思います。既存の方法にとらわれず、いろいろとトライ&エラーするのも楽しいと思います。ぼくも最近はカラースワップしない画像処理を模索している最中です。

Posted by: metalmickey | May 11, 2011 at 11:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本カメラ2月号 E-PL2とXZ-1のレビューを担当しました! | Main | KIPON製ティルトアダプターが使いやすい! »