« 「E-P2/E-P1カスタムブック」出版記念トークショーのお知らせ | Main | いまが旬のマイクロフォーサーズ用アダプター勢ぞろい »

January 19, 2010

OLYMPUS PEN E-P2/E-P1 カスタムブック 本日発売です!

長らくお待たせしました、「OLYMPUS PEN E-P2/E-P1 カスタムブック」晴れて本日発売です。E-P2/E-P1でオールドレンズとドレスアップを同時に楽しもうという、コア系カメラホビーの極み。もちろんパンケーキレンズM.ZUIKO DIGITAL 17mmF2.8のフルカスタムも収録しています。ぜひご堪能ください。

Cover_s_2 ●OLYMPUS PEN E-P2/E-P1 カスタムブック
監修:和田高広
著者:澤村 徹
出版:翔泳社
価格:税込1,890円
発売:2010年1月19日

オールドレンズパラダイスやGR DIGITALカスタムブックを出版した際、「本が見つからない」というご意見をいただくことがありました。版元に確認してみたところ、最近は「カメラ本といえば量販店」ということになっているようです。ぶっちゃけ、「ヨドバシカメラはいつも山積み」だとか。本屋さんで見つからないときは、お近くのヨドバシカメラに直行されると遭遇率アップのようです。

今週末の23日には、アローカメラさんで本書にからめたトークショーを行います。本邦初公開(ていうか全世界初公開!?)のめずらしいマウントアダプターなどを持参し、E-P2/E-P1最新カスタム事情をご説明いたします。こちらもみなさま万事お繰り合わせの上ご参加いただけると幸いです。

それでは「OLYMPUS PEN E-P2/E-P1 カスタムブック」でカメラホビーの深淵をお楽しみください。

|

« 「E-P2/E-P1カスタムブック」出版記念トークショーのお知らせ | Main | いまが旬のマイクロフォーサーズ用アダプター勢ぞろい »

Comments

 はじめまして。
 カスタムブック買いました。面白かったです。

 ところでひとつ伺いたいのですが、こちらの本での作例についてですが、ちょっと見た限りアダプタで付けたレンズについてはホワイトバランスはAWBで撮影されておられるようですね。
 これはレンズの個性を生かす為なのか、作例として比較しやすいようにということなのか、E-P1のAWBがそれなりに優秀なのか?と、少し気になったものでお教えいただけると有難いです。

 私自身はレンズ交換できるカメラはE-P1が初めてなんですが血迷ってコシナのアポランターを付けています。面白いんですが焦点距離が長くてまともに扱えていません。

Posted by: はじ | March 02, 2010 at 08:02 PM

はじさん、はじめまして。
PENカスタムブック、ご高覧いただきありがとうございます。ご質問の件、「作例」という性格を踏まえ、AWBに統一して撮影しています。オールドレンズは黄色っぽく写るレンズが多いのですが、ホワイトバランスを調整すればニュートラルやクールトーンでも撮れます。ただし、そうすると撮影者の意図が入り込んでしまうため、レンズテイスティングという側面を重視してAWBで撮るようにしています。

実際のスナップでは、JPEG撮りならWBをシーンに応じて変更。RAW撮りならAWBで撮影し、RAW現像ソフト上で調整という使い分けがスマートだと思います。ぼくはRAW&AWBでテンポよく撮り、家に帰ってからじっくり調整するのが好きです。

Posted by: metalmickey | March 02, 2010 at 08:27 PM

 ご回答ありがとうございます。
 詳しくお答えいただき参考になりました。
 この本を読みながらM/Lマウントレンズを少しずつ増やそうと計画練ってます。

 ところでSONYでもミラーレス機が出る模様ですね。
 APSサイズのセンサーでしたらレンズの個性や特徴がより楽しめるかもしれませんね。
 マイクロフォーサーズとフィルムと合わせてボディ三台で、レンズ三本でも画角が9種類(実際はかぶって7種類ぐらいでしょうか)楽しめるとか妄想してしまいます。

 ではまた。

Posted by: はじ | March 02, 2010 at 11:17 PM

本書がお役に立てば、著者冥利に尽きます。ぜひ楽しいカメラライフを!

Posted by: metalmickey | March 02, 2010 at 11:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「E-P2/E-P1カスタムブック」出版記念トークショーのお知らせ | Main | いまが旬のマイクロフォーサーズ用アダプター勢ぞろい »