« パナソニック DMC-G1とオールドレンズの相性 | Main | IT PLUS 「G1で甦るオールドレンズ」公開 »

April 28, 2009

シネレンズを LUMIX G1 で試してみた

マイクロフォーサーズは2倍だからねえ……と二の足を踏んでいる人もいるにちがいない。G1にかぎらず一連のフォーサーズシリーズは、画角がレンズの焦点距離2倍相当になってしまう。広角レンズが標準レンズ、標準レンズは中望遠。たしかにこれはツライ。レンズのイメージサークルと撮像素子の大きさ、この点が気になっているなら、シネレンズという選択肢がある。いま流行りのCマウントレンズを、LUMIX DMC-G1で試してみた。

Lmimg_0064

【大口径が安い……はすでに過去の話】
まず、シネレンズのお勉強からはじめましょうか。なにぶんムービーは付け焼き刃なんで、まちがいを見つけたらすみやかに届け出てくださいね(汗)。シネレンズとは、フィルムムービーカメラ用のレンズを指す。今回俎上にあげるのは、16mmシネカメラ用のレンズだ。スイスのBolex、アメリカのBell and Howellといった16mmシネカメラは、レンズ装着にCマウントを採用していた。これはある種の汎用スクリューマウントで、現在でも防犯カメラ用マウントとして生き残っているようだ。で、何故シネレンズなんぞをG1で遊ぶのかというと、スチルカメラと異なるカルチャーを楽しめるからだ。

これまでCマウントレンズは再利用の術がなく、G1登場以前は二束三文で売られていた。16mmシネカメラ自体が廃れ、かといってデジタルビデオカメラに装着できるわけでもなく、そりゃ二束三文で当然だ。ところがシネレンズは、F0.95とかF1.1とか、大口径レンズが各社から登場している。シネカメラは秒間24コマとか30コマで撮影する。これを暗所撮影でもキープしなくてはならない。大口径レンズのニーズはスチルの比ではなかったはずだ。この手の大口径シネレンズを安く手に入れようと思ったのだが、まあみな考えることは一緒のようだ。G1登場以降、大口径レンズは十万円クラスに高騰。すっかり乗り遅れてしまった(泣)。

Lmimg_0071

とはいえ、F1.4クラスはまだ手頃な価格なので、とりあえずP. Angenieux Paris 15mm F1.3 R41を購入してみた。eBayにて送料込みで3万円。アンジェニューのF1.3が3万円というのはお買い得な感じだ。35mmフィルム用で有名なP. Angenieux Paris 35mm F2.5 R1は、エキザクタマウントの並品を4万円半ばで購入した。これがM42マウントだと6~7万、いや10万近い値段になってしまう。こう考えるとシネレンズ、ずいぶんとバリューだ。

【なさそうでなかったオフセットアダプタ】
G1が登場し、死蔵レンズだったCマウントレンズに光明が射した。そもそもCマウントレンズは、なぜ死蔵レンズだったのか? それは極短フランジバックのせいだ。Cマウントのフランジバックは約17.5mm。ライカMマウントの27.8mmよりも1センチも短い。これじゃあ再利用なんて無理だ。そこでマイクロフォーサーズの登場である。マイクロフォーサーズのフランジバックは約20mm。ん、待てよ、まだCマウントの方が短いじゃないか!?

Lmimg_0066 Lmimg_0073

そう、G1登場でCマウントレンズに光明などといったが、実はマイクロフォーサーズよりもCマウントの方がまだ短いのだ。しかし、マイクロフォーサーズ機はミラーレス。ボディ内側にオフセットすればナンとかなるんじゃねえの? そんな力業でマウントアダプタが誕生した。マウントアダプタをよく見ると、ねじ切りの面がずいぶん奥まっているのがわかるだろう。フランジバックが短く、しかもミラーレス。このマイクロフォーサーズ機の特徴を存分にいかしたマウントアダプタだ。これまで色々なマウントアダプタを使ってきたが、オフセット型ははじめて。そのうち一眼レフ向けアダプタも、ミラーアップ専用なんてモンが出てきたりして。

現在購入可能なCマウント-M4/3マウントアダプタは、日本製、ドイツ製、中国製、台湾製などがある。最近は日本国内でも、海外製Cマウントアダプタを扱うウェブショップが出てきたようだ。ぼくが手に入れたのは台湾製。eBay即決で購入した。P. Angenieux Paris 15mm F1.3 R41を付けると、レンズ指標が横にきてしまうのがちと悲しい。このレンズとの組み合わせでは無限遠が出ているものの、別のレンズ(また今度紹介しますね)では無限遠が出なかった。まだ立ち上がったばかりのカテゴリなので、正直、発展途上な印象だ。

【イメージサークルを超えて撮る】
さて、普段ならここで作例をご覧いただくのだが、Cマウントレンズはひと筋縄にいかない。イメージサークルの問題が立ちはだかる。冒頭でレンズのイメージサークルと撮像素子の大きさが……と記したが、その問題に触れておこう。

Lm_10009912 Lm_1000991 Lm_1000990_2

左写真が撮って出しの状態だ。P. Angenieux Paris 15mm F1.3 R41は準標準レンズという位置づけで、G1との組み合わせだとがっつりケラレる。標準や望遠ならケラレないようだが、広角寄りのCマウントレンズはイメージサークルが小さく、どうしてもケラレが発生する。マイクロフォーサーズおよびフォーサーズのイメージセンサーは18×13.5mm。16mmフィルムは横幅こそ16mmだが、撮影エリアはさらにひとまわり小さく、およそ10.2×7.4mmだという。拡張規格だともう少し大きく、Super 16mmで12.5×7.4mm、Ultra 16mmだと11.6×7.4mm程度になる。ただ、いずれにしてもマイクロフォーサーズの撮像素子よりも小さいことに変わりはない。

そこでケラレのないエリアをトリミングしたのが、中央と右の写真だ。ケラレの対角を目安にトリミングしているので、16mmシネカメラで撮影する領域はこれよりもさらにひとまわり小さい。こうやってトリミングしてみて、ひとつ気になったことがある。Cマウントレンズ本来の画角はどの程度だろう。16mmシネカメラのレンズ構成は、おおむね以下のようになっている。

10mmレンズ:広角
16mmレンズ:準標準
25mmレンズ:標準
50mmレンズ:中望遠
75mmレンズ:望遠

レンズの焦点距離ごとの位置づけはこれでわかったが、肝心の画角はどの程度なのか。上記の位置づけはあくまでも16mmフィルム撮影時のもの。スチルカメラファンにはいまひとつピンとこない。ネットを徘徊してみたところ、35mmフィルム換算する場合はレンズの焦点距離を3倍すればよいようだ。

10mmレンズ:35mmフィルム換算30mm相当
16mmレンズ:35mmフィルム換算48mm相当
25mmレンズ:35mmフィルム換算75mm相当
50mmレンズ:35mmフィルム換算150mm相当
75mmレンズ:35mmフィルム換算225mm相当

P. Angenieux Paris 15mm F1.3 R41の場合は、35mmフィルム換算で45mm相当になる。つまり、シネレンズとしては準標準クラスだが、35mm用レンズとしては標準レンズ相当の画角だ。よって本来の撮影エリアは、上のトリミング例よりもずいぶん狭くなるわけだ、レンズ設計者にしてみれば、写るはずのない周縁エリアまで白日の下にさらされ、「こりゃたまらん」という気分かもしれない。

ちなみに、G1で実際に写る画角は、おおむね焦点距離の2倍程度という感じだ。P. Angenieux Paris 15mm F1.3 R41の場合は30mmレンズと同程度の画角だろう。実際に撮影していても、広角レンズで撮っているような気分だった。「ああ、寄りが足りねえ。一歩前へ!」という感じ。いろいろとややこしいことを書いてきたが、「G1にシネレンズを付けるとどれくらいの画角になるの?」と聞かれたら、「だいたい2倍すればいいんじゃない」と答えたい。厳密に調べたわけではないので、あくまでも目安だけど。

広角系のシネレンズは、G1に付けるとケラレてしまう。とはいえ、シネカメラとマイクロフォーサーズ機は、撮像素子の大きさが比較的近い。35mm用レンズはフルサイズ(35mmフィルムサイズ)で撮るのが理想であるように、シネレンズとG1はバランスのよい組み合わせだ。同様に、ハーフサイズカメラのペンF用レンズとの組み合わせも理にかなっているといえる。むろん、35mm用レンズや中判用レンズより解像感は劣るだろう。ただ、カメラの思想として美しい組み合わせではないだろうか。

【シネレンズメーカーの真の実力を知る】
そんなこんなでやっと作例です。例によってRAW撮影してLightroomで整えたものを掲載している。ケラレの対角を1:1でトリミング。周縁部は劣化しているが、まあそれも味ということで。ちなみに、Filckrにオリジナルサイズでアップしてあります。ピクセル等倍で見たい方はそちらをどうぞ。

Lm_1000999 Lm_1010006 Lm_1010008
Lm_1010009 Lm_1010014 Lm_1010015
Lm_1010019 Lm_1010031 Lm_1010041
Lm_10004692 Lm_1000478 Lm_10005122
LUMIX DMC-G1 + P. Angenieux Paris 15mm F1.3 R41

浅いボケ味、低コントラスト、淡くて黄色っぽい発色。見事にアンジェニューですね。合焦部の繊細な切れ味も秀逸。アンジェニューはピントの山がつかみづらいレンズだけど、G1ならファインダー上でMFアシストが使える。ええ、アンジェニューなのにジャスピンがバシバシ狙えます。かなり楽しいかも。ひとつ特筆すべきは、開放時のぐるぐるボケがない。35mm用アンジェニューといえばあのぐるぐるボケが名物だけど、シネ用アンジェニューはほとんど気にならない。そもそもアンジェニューはシネレンズメーカーとして有名なので、この写りが本来のクオリティということか。何事も試してみないとわからんもんです。

デジタル一眼レフを使っていると、レンズのイメージサークルを超えて撮ることはない。APS-C機のイメージセンサーは35mmフィルムより小さいし、中判レンズを付けようものならレンズ中央部分しか使わない。シネレンズの場合は、メーカーが品質保証できるイメージサークルどころか、周縁部の本来なら撮影に使わないエリアまで撮ることができる。むろんそれは、劣化領域が付加されるだけなのだが……。しかし最近は、ローファイな描写も味わいとして楽しむ風潮がある。ここがシネレンズのポイントだ。なにしろシネレンズは、アンジェニュー、ケルン、コダック、ツァイスなど、名レンズメーカーが名を連ねる。どれも時代を席巻したメーカーであり、中央部の描写は折り紙つき。つまり、G1にシネレンズを付けて撮ると、1枚の写真にハイファイとローファイが同居するわけだ。トリミングしておいしいところだけ切り出すのもよいが、丸ごと画として楽しんでみてもおもしろいだろう。

|

« パナソニック DMC-G1とオールドレンズの相性 | Main | IT PLUS 「G1で甦るオールドレンズ」公開 »

Comments

G1に16mmシネレンズとは、これはまずい展開になって来ました。死蔵コレクションのBolex H16 ReflexとBell and Howell 70DRにレンズが8本。時々ゼンマイを巻いて、ジャーと遊ぶだけの完全に飾り物と化していた、このレンズ達が、もう一度復活する日が来るとは思いませんでした。
あ〜、もう澤村さんのブログを読むたびに、深い沼に沈んで行く自分が見えます(笑)
もう間違いなく、G1買うと思いますです。それには、とりあえず貯金しないと。
本当に恐ろしいブログに出会ってしまいました。ではまた。

Posted by: mag | May 02, 2009 at 10:56 AM

シネカメラ、お持ちなんですね。うらやましいです。最近はBOLEXと大口径シネレンズを物色するため、夜な夜なeBayを徘徊してます。なかなか予算内に収まる出物と巡り会えません。

Posted by: metalmickey | May 02, 2009 at 02:11 PM

シネレンズの情報をもとめていたらたどり着きました。

マウントアダプタのことなど、勉強になりました。写真もきれいですね。

松下から動画撮影可能なモデルも発売になりましたね。

シネレンズの本来用途に使えるかとおもうと愉快ですね。

eBayで競合したときにはなにとぞお手やわらかに:D

Posted by: bgnaoki | May 02, 2009 at 08:52 PM

シネレンズは遊び始めたばかりでわからないことばかりですが、GH1とシネレンズの組み合わせはとても魅力的ですね。eBay、こちらこそお手柔らかにお願いいたします。なにぶん低予算なもので(泣)。

Posted by: metalmickey | May 02, 2009 at 10:06 PM

昨年末にCマウントアダプターが出てから、Cマウントレンズにはまっています。
始めは100ドル超えるものも少なかったですが、人気レンズは2ヶ月であっという間に1000ドルになりましたね。

最初はF0.95の高速レンズ、F1.1のマクロレンスなど、60年代レンズに夢中でしたが、最近は戦前のキノプラズマート、ダルメアス、ロス、クックなどなどの個性的な描写が気に入ってます。50本ほどCレンズを取っ替え引っ替え遊んでいます。

ライカレンズ、アルパレンズ、FDなどが使えるようになったのはいいのですが、焦点距離2倍相当とライカの最短距離はいただけません。
Cマウントレンズはデジタルでなければ生き返ることがなかった、デジタルの恩恵を感じます。

Posted by: lloyd356 | May 06, 2009 at 02:03 AM

コメントがすぐ反映されるものと思い、何回も投稿してしまいました。すみません。

アダプターですが、日本製、ドイツ製、香港製、台湾製と使ってみました。
Cマウントレンズは微妙にフランジバックにばらつきがあるようで、元々の規格なのか、レンズ個体差なのか分かりませんが、無限が出ないもの、オーバーインフのものが存在します。
そのため無限が出やすいように、香港製が0.05ミリ、台湾製は0.1ミリオーバーインフの作ってあるそうです。他はデータがありませんが、テストではドイツ製は香港製とほぼ同じ、日本製は台湾製より僅かにオーバーインフで一番無限が出やすかったです。ただし、日本製でもわずかに無限が出ないレンズも存在します。

広角レンズの四隅のケラレですが、アンジェニュー15ミリやエクター15ミリ、キノプラマート15ミリなどは比較的けられが大きく、円形に近くなってしまいます。
キノプティック18ミリなどはまったくけられません。キノップ12.5ミリ、アンジェニュー12.5ミリ、ケルン16ミリなどはわずかにけられますが、アンジェニュー25/0.95よりケラレが少ないです。個体差が非常に大きいです。

Posted by: lloyd356 | May 06, 2009 at 03:36 AM

lloyd356さん、はじめまして。
ブログやmixiでのご活躍、いつも拝見しております。アダプタのオーバーインフとレンズのケラレの情報、ありがとうございます。Cマウントレンズは個々でケラレ具合はちがうんですね。レンズ選びの参考になります。なお、ご紹介いただいたURLですが、リンク先の許諾が確認できなかったため、失礼ながら伏せさせていただきました。何卒ご了承ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: metalmickey | May 06, 2009 at 09:11 AM

3年前にBorexを入手し、16mmにはまりましたが、現像代とフィルム代がかさみ、すぐ撤退しました。そのときのレンズが残っていて、死蔵していたのですが、3/4の出現で生き返らせたいと思いはじめました。でもBplexがCマウントでなく、Boyonetなのです。e-bayなど探してもbatonet to 3/4のマウントアダプタ見当たりません。どなたかマウント改造して下さる方ご存知ありませんか。ちなみにレンズは、KERN Vario-Switar Compact 1:3.5及び、12.5-100mmです。

Posted by: hidekun | October 09, 2010 at 09:22 PM

先に用件のみ書きまして失礼しました。初めまして、昔も今もモノクロフィルムにはまっているhidekunと申します。今動画にはまっていて、16mmも手を出したことがあるのですが、力量不足で撤退しました。今はAVCHDのHF S11で遊んでいますが、Bolexのレンズを見ているうちに無性に遊びたくなり、googleで検索しているうちにこのブログを見つけました。一人でクヨクヨ悩んでいましたが、何とか行く先が見つかった気持ちです。今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: hidekun | October 09, 2010 at 09:28 PM

hidekunさん、こんばんは。
BOLEXにもバヨネット式があったんですね。恥ずかしながらはじめて知りました。ざっと調べてみたところ、ボディ側をCマウント化する純正アダプターがあるようですが、レンズ側のバヨネットをCマウント化するアイテムは見当たりませんでした。お力になれず申し訳ありません。
http://www.nakanocam.com/16mm_page/bolexsbm.html

すでにご存じかもしれませんが、BOLEX Collectorというサイトが1940年代から60年代にかけてのBOLEX製品を網羅しています。もしお手持ちの機材が掲載されていれば、何か参考になるかもしれません。
http://www.bolexcollector.com/

Posted by: metalmickey | October 09, 2010 at 10:15 PM

シネレンズ探している人は不二技術研究所のHPでいろいろ出ていますし良心的な値段で提供しています。プロの映像技術社ですので安心ですよ。一度参考に見て下さい。

Posted by: hiro | February 18, 2011 at 07:55 PM

> hiroさん
すてきなホームページをご紹介いただきありがとうございます。すっかり仕事の手が止まってしまいました(笑)。特にプロ向けマウントアダプターというカテゴリー、とても勉強になりました。

Posted by: metalmickey | February 18, 2011 at 08:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« パナソニック DMC-G1とオールドレンズの相性 | Main | IT PLUS 「G1で甦るオールドレンズ」公開 »