« GR DIGITAL II でカスタム魂が再燃する!? | Main | Mitaka & Google Earth で3D宇宙ツアー »

November 22, 2007

GR DIGITAL II 角型フードはどうですか?

GR DIGITAL IIの記事をあちこちで書き散らしております。でも、こればかりはメジャー媒体で書けません。カスタマイズネタ。ニッチなカメラのさらにニッチなカテゴリ。しかし、キヤノンのPowerShot G9がオプションで速写レザーケースを作ったりするあたり、デジカメのクラカメ風ドレスアップはアリなんじゃないでしょうか。前々から温めていたネタがいろいろあるんですよ。一挙にドドーンと公開します。ていうか、ネタだったのか……。

Lmimg_01674

【角型フード、しかもカブセ式が熱い!】
GR DIGITAL IIと同時発売の角型ミニファインダー「GV-2」、これを買うか否かは少し迷った。角型ならフォクトレンダーの28/35対応品の方がコンパクトでかっこいい。でも「GV-2」はスクエアフォーマットのブライトフレームがある。こりゃもうお布施だよな、と苦笑いしながらポチッと予約を入れた。予約と同時に思ったのは、角には角がよく似合う(はず)。そんなわけで28mmの角型フードをあさってみた。

Lmimg_0167

こいつは旭光学のTakumar 28mm/f3.5用のカブセ式フード。口径は49mmだ。フードアダプタに37-49mmステップアップリングをつけ、上からかぶせれば完成。と思いきや、そうはいかなかった。微妙に小さいのだ。ステップアップリングが肉厚なので、わずかに入らない。手持ちの49mmプロテクトフィルターをステップアップリングに付け、その上から再挑戦。やはりダメ……。ただし、49mm径のオールドレンズにはすっぽりとはまる。どうも最近はねじ込み枠が肉厚傾向なんだろうか?

そんなわけで、「同時代ならイケるんじゃないの?」と推測。ジャンクボックスを探したら、ありました、旭光学の49mmUVフィルター。 こいつをステップアップリングにねじ込み、その上からフードをおそるおそるかぶせると、う~ん、吸い込まれるような装着感。たまらんです。28mm用フードなのでケラレはなし。でも、ファインダーは下1/3がケラレます。見た目重視のご愛敬、というところでしょうか。当初はこのフード、「GV-2」向けに買ったのだが、どうも「GV-1」の方が相性がいい。どちらも押し出しの強いアイテムなので、かえってバランスがとれるようだ。ちなみに「GV-2」と組み合わせると、幻の名機(に終わりそうな)SIGMA DP1にクリソツです。

Lmimg_0168

じゃあ「GV-2」はどうすんのさ! というわけで、用意したのはこいつ。コニカの古いレンジファインダー用フード。口径は43mmで、やはりカブセ式。二眼レフのフードみたいでかなりシブ好みか。シルバーのリングがアイキャッチになっていい雰囲気だ。取り付け方法は、37-43mmステップアップリングの上からそのままかぶせる。こいつはジャストフィットだった。というか、正真正銘のジャストフィット。まったくスキマがなくて、むりむり押し込んでます。

カブセ式フードで難しいのは、○mm用という表記が思いのほかアテにならない、ということ。ねじ込み式の表記は内径だから、まあ十中八九取り付けられる。でもカブセ式の場合は外径。取り付けられるかどうかは、ステップアップリングやフィルター枠の厚みによりけりというわけだ。ただ、いま目論んでいるのは、コンバージョンレンズにカブセ式でフードを付けたいなあ、と。いくつか試してみたのだが、いまのところフィットするフードと巡り会えない。ムダになったフードが部屋にたくさんございます。

【スリットフード攻略の秘策とは?】
さて、GR DIGITALカスタマイズを愉しんでいる方々の多くは、スリットフードを付けたいと考えているのではないか。スリットフードはかっこいい。ぼくが最初に選んだフードもスリットフードだった。ただ、広角用スリットフードは意外と数が少なくて、なかにはフードアダプタを加工して付けている人もいらっしゃる様子。それはちと敷居が高いので、なんとかねじ込み式で対処したい。夜な夜なヤフオクを徘徊し、ついに見つけました。いや、マップカメラの中古コーナーだったんですが……。

Lmimg_0174

嗚呼、ついにたどり着けた! この姿、ぼくが一番憧れていたスタイルです。フードはKonica M Hexanon 35mm/f2用で、HL-4という型番らしい。口径は46mmのねじ込み式。37-46mmステップアップリングに労せず付けられます。外観的には「GV-1」とベストマッチなのだが、あえて「GV-2」と組み合わせてある。これには理由があるのだ。このフードは35mm用。ということは……ケラレます。左上がチョビッと。でも確実にケラレる。周辺光量落ちっぽくは見えない。ただ単にケラレます。しかし、GR DIGITAL IIの場合はケラレたっていいんです! だってアスペクト比1:1、スクエアフォーマットで撮れるじゃないですか。四隅がケラレたってぜんぜんOKです。そんなわけで、1:1のブライトフレームのある「GV-2」と組み合わせてみました。

Lmimg_0159_2

手持ちのフードでいろいろ試してみたところ、35~50mm用のフードならおおむねスクエアフォーマットでいけます。このクラスのフードは49mm径が多いので、37-49mmステップアップリングを買っておくとかなり遊べるのでは。「今日は1:1で勝負!」という日は、ケラレを気にせずフードで遊ぶ。うむ、フード代がかさみそうだ……。

●追記
ちゃんとしたレビューがIT+PLUSさんで掲載されました。興味のある方はどうぞ。
GR DIGITAL II 本体レビュー
GR DIGITAL II 作例集

●追記の追記
PCfan 12/15号の「プロダクト解体新書」にて、GR DIGITAL IIを取り上げています。リコーのGR DIGITAL企画担当者から楽しいエピソードをたくさんお伺いし、至福のひとときでした。

|

« GR DIGITAL II でカスタム魂が再燃する!? | Main | Mitaka & Google Earth で3D宇宙ツアー »

Comments

はじめまして。KONIHOODとGR-Dの組合せいいですね。
真似したいと思ってますが、フード装着時のケラレはありますか?
教えてください。

Posted by: kumozo | April 30, 2008 at 07:38 PM

konihoodはケラレなしで使えますよ。ただ、ステップアップリングによっては取り付けがキツイと思います。マルミ製の37-43mmステップアップリングなら、無理なく取り付けできてオススメです。

Posted by: metalmickey | April 30, 2008 at 08:03 PM

早速のお返事ありがとうございました。
実はケラレとかは二の次で格好に惚れ込み、
何も考えずフードをヤフオクで落としちゃいまして。
(今晩届く予定なのです!)
ステップアップリングも偶然マルミ製37-43mmを買ってました。
よかったぁ。

Posted by: kumozo | April 30, 2008 at 08:10 PM

ぼくもスタイル重視で衝動落札することは多々あります(笑)。ケラレだけならまだしも、時に装着不可なことも……。GR DIGITALのカスタムはいろいろと険しいです。

Posted by: metalmickey | April 30, 2008 at 08:22 PM

おかげさまで、konihood装着完了しました!
すごく格好いいです!
さらにカスタムする時はまた参考にさせていただきます!
いろいろありがとうございました!

Posted by: kumozo | May 02, 2008 at 04:15 AM

はじめまして、grカスタム興味深く
読ませていただきました。
Takumarのフードをつけたスタイルが非常に
気になっています。
ステップアップリング、フードともに
オークションで見つけることができたのですが、
旭光学の49mmUVフィルターというものは
中古カメラ屋などで比較的容易に入手できるものなのでしょうか?
よろしかった教えていただけませんか?
カメラはかなりの初心者なもので。。。まだ中古カメラ屋
に行ったこともありません。


Posted by: yuzie | April 16, 2009 at 11:50 PM

yuzieさん、はじめまして。
中古フィルターは取り立ててめずらしいものではありません。よくジャンクコーナーなどで安く売られています。旭光学のUVフィルターもそこそこ流通量のあるアイテムです。もし関東圏にお住まいなら、アローカメラ(我楽多屋)さんがオススメです。中古フィルターを種類別、口径別に並べて売っているので、お目当てのフィルターが見つけやすいですよ。

はじめて中古カメラ店に足を踏み入れるのは緊張しますよね。ぼくもカメラで遊びはじめてしばらくは、ネット通販ばかり使っていました。いまでも高級クラシックカメラ店はビビって入れません(笑)。お互いファイトですgood

Posted by: metalmickey | April 17, 2009 at 12:10 AM

丁寧な回答ありがとうございます。
先日早速、我楽多屋さんに行ってきました。
残念ながら、旭光学製のフィルターが見あたりません
でした。。。
しかしジャンク品をあさるのは、おもしろいですね。
はまってしまいそうです。

Posted by: yuzie | April 21, 2009 at 01:24 AM

うむぅ、見つかりませんでしたか……。でもレアアイテムではないので、何かの拍子にきっと出会えると思いますよ。

アローカメラさんはぼくも小物探しによく遊びに行きます。たいてい、狙っていたモノとちがうパーツを買って帰ってくるんですが(笑)。小物探しはおこづかいで楽しめるがよいですね。

Posted by: metalmickey | April 21, 2009 at 01:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« GR DIGITAL II でカスタム魂が再燃する!? | Main | Mitaka & Google Earth で3D宇宙ツアー »