August 01, 2017

北海道美瑛に似合う画角とは?

早めの夏休みを取り、家族で北海道美瑛に行ってきた。妻子からは口を酸っぱくして「仕事撮影を家族旅行に持ち込むな」と言われていたのだが、7月下旬、ベストシーズンの美瑛、手ぶらで行けるわけがない。GFX 50Sとコンタックス645レンズという夢のコラボでがっつり撮ってきた。その様子はこちらの記事をご覧あれ。

Stkb05_09
GFX 50S + Apo-Makro-Planar T* 120mmF4

●澤村徹のカメラガジェット放浪記 第5回
GFX 50Sで甦るコンタックス645レンズ

FringerのFR-C6GFというAFマウントアダプターのレビューなのだが、このおかげで家族写真がGFX 50S三昧というなかなかおいしい撮影だった。中判デジタルで家族スナップ撮る人なんて、ぼくぐらいだと思う(笑)。それはさておき、今回の旅行はこんなレンズラインアップだった。

GFX 50S + Fringer FR-C6GF(CONTAX645-GFX)
Distagon T* 45mmF2.8(35ミリ判換算36ミリ)
Apo-Makro-Planar T* 120mmF4(35ミリ判換算95ミリ)

Leica M10
Summilux-M 35mmF1.4
G Biogon T* 28mmF2.8

北海道は広いし、やっぱ広角だよね。でも、超広角だと広すぎるかもしれないから、28~35ミリで切り取っていこう。なんてことを考えていたのだが、惨敗だった(笑)。北海道、というか美瑛を美瑛らしく撮るなら、望遠にかぎる。どのくらいかぎるのかというと、かの御大も望遠メインなのだ。撮影していてどうもしっくりこないので、途中、拓真館に立ち寄り、前田真三先生の作品を拝見。うむ、やはり望遠が多いよね、というわけで、美瑛と言えば望遠なのだ。そう言えば、美瑛で見かけるガチ勢は圧倒的に三脚派が多い。あれはきっと、超望遠レンズなんだろうな。広大な大地を漫然と撮るのではなく、被写体をロックオンして射貫く。今回は換算95ミリだったけど、200ミリで全然OK。オールドレンズ的に言うと、オリンピアゾナーか。アレで美瑛撮り歩くのか!? ちょっとヤダな(笑)。

Lml1008176
Leica M10 + Summilux-M 35mmF1.4

上のカットは、「セブンスターの木に大挙して押し寄せる外国人観光客」の素描だ。こういう状況説明はやはり35ミリレンズが強い。ただ、最近はすっかりオジサンモードなので、こうした斜にかまえた撮り方がちょっと気恥ずかしい。たとえばこのカットも、「外国から憧れの地にやってきたんだから、そりゃあテンション上がるさ」という見方になる。一方的な切り口での批判よりも、多様なスタンスのすり合わせが気になるお年頃なのだ。

| | Comments (0)

July 21, 2017

LEICA TL2 はアリかもしれない

ライカTL2のローンチパーティーに参加してきた。要は製品発表会だ。立食パーティースタイルなので終始立ちっぱなし。人が多すぎてメモが取れない。取材にならない。でも、デジカメWatchの敏腕記者は最前列でガンガン写真撮ってがしがしメモをとってる。泣き言は言えない(笑)。

Lml1007820

ちょいと早めに会場に着き、しかもありがたいことに、早い時間から開場していた。そして「どうぞご自由に触ってください」と実機を勧められたので、たっぷりタッチ&トライしてきた。

Lml1007812

ライカの人が開口一番、パフォーマンスが良くなったという。たしかに操作フィーリングや撮影レスポンスがキビキビしていた。が、それだけでは後継機として弱いなあと感じた。むろん、イメージセンサーや画像エンジンも新しくなっているのだが、いまどきのデジタルカメラはスペック刷新ではなかなかユーザーを引き付けられない。そんなことを思いながらあれやこれや触っているうちに、パフォーマンス向上の真の価値が見えてきた。

知っての通り、TLシリーズはアイコンタイプのタッチパネル操作を採用している。有り体いうとスマホ風インターフェイスだ。いまどきのスマホを使うとき、誰もががしがしタップしてスクロールする。動作の待ちなんて論外。ノーウェイトで躊躇なく操作するのが当たり前だ。このノーウェイト・スマホ風操作が、ライカTL2では可能だ。従来機ではハードウェアを多少かばいながら使う感じだったが、TL2はおかまいなしだ。全体の操作パフォーマンスが向上したからこそ、スマホ風インターフェイスが本領を発揮できるようになった。

ライカTの発表当時、あのスマホ風インターフェイスは正直エキセントリックに映った。時代の先取りであることはわかる。そうは言っても、液晶パネルをフィジカルコントローラーと目するのは時期尚早ではないか。また、スマホ風という選択も安直ではないか。そんな風に感じていた。

ところが、いまや触れない液晶は液晶にあらず、という時代である。時代がライカTL2に追い付いた、というと褒めすぎな気がするが、たぶんTL2はアリだ。

Lml1007827

ドイツから来日したライカTL2の開発者は、「スペック云々じゃなくて、このカメラでどんな写真が撮れるのか、あなたの写真生活がどんな風に変わるのか、ということを伝えたい」と話していた。ライカっぽいプレゼンだなあと思いつつも、TL2のようなミドルレンジのカメラは体験指向でいいんだろうなあと感じた。

なにぶん画質はまだ確認していないので、お薦めカメラという気はない。でも、タッチ&トライの機会があれば、ぜひいろいろと触ってみてほしい。このカメラの根底にあるコンセプトが、TL2ではわかりやすく体現されていることに気付くだろう。

| | Comments (0)

July 16, 2017

養鶏場の多い開平で活きのいい鶏料理をいただく話、を披露する

今日はオールドレンズパラダイスの座学でした。お題目は開平レポートです。先月、広東省にある世界遺産、開平を撮りに行ったので、その道中記をお話ししました。オールドレンズの話はそこそこに、開平へのアクセス方法、現地の様子、撮影の可否、宿泊や食事事情など、ガイドブックからは読み取りづらい情報をあれやこれやとお話ししました。

Lml1007097

タイトルの鶏料理ですが、とある村落の食堂でランチをオーダーしたところ、なかなかセンセーショナルな場面に出くわすことになりました。庭になっているリンゴをそのまま食卓に出すような感覚で、鶏料理が出てきます。その一部始終を座学でご紹介した次第。詳細はまた折を見て、このブログでもレポートしますね。

さて、なにゆえ開平に行ってきたのかというと、Turtlebackオールドレンズ・ワークショップ第2弾の仕込みです。今年の11月、開平にてTurtlebackオールドレンズ・ワークショップ第2弾を開催します。来月あたりには詳細な日程や料金をお伝えできると思います。ご期待ください。

| | Comments (0)

July 14, 2017

木更津モノクローム

先日、炎天下の木更津を歩き回ってきたのですが、そのときの写真が公開になりました。トキナーのFiRIN 20mm F2 FE MFでモノクロ撮影してこい、というミッションです。いわゆる作例撮影でモノクロのオファーというのはめずらしいですね。

Lm_dsc79802

●20mmで探す真実 - FiRIN 20mm F2 FE MF
木更津モノクロームが語る真実

この企画はFiRIN 20mm F2 FE MFを5名の写真家が持ち回りでレビューするというものです。すでに赤城耕一さん、大村祐里子さんのレビューが公開されており、ぼくの記事は3本目。各レビュアーにミッション、というかテーマが与えられており、ぼくのミッションは「モノクロで真実を写してこい!」というものでした。えっと、真実ですよ真実。大風呂敷にもほどがありますね(笑)。

でもまあ、自分で言うのも何ですが、そこそこ真実っぽい写真が撮れたと思います。文章もけっこうがんばっているので、写真と合わせてご一読ください。

| | Comments (0)

June 30, 2017

「オールドレンズの世界2017」を見てきました!

O.L.C(オールドレンズクラブ)のグループ展「オールドレンズの世界2017」を見てきました。同グループ2回目の写真展で、前回もけっこうなクオリティーでしたが、今回はよりパワーアップしていました。どの作品も大きくプリントされ、オールドレンズの描写がしっかりと伝わってきます。

Lml1007756

●オールド・レンズ・クラブ 写真展
オールドレンズの世界 2017

場所:ホルベインギャラリー(大阪市中央区上汐2丁目2番5号)
期間:6月26日(月)~7月1日(土)
時間:11:00~18:00(最終日は16:00まで)

Lml1007744

ぼくがギャラリーに着いたのは木曜日の16時ぐらい。平日でこの賑わいです。グループ展をやったことのある人ならわかるでしょうが、これはけっこうな集客力ですよ。

Lml1007753

会場は広く、ゆったりと写真を見て回れます。また、オールドレンズクラブのメンバーが写真についていろいろと解説してくれるので、ぜひメンバーにひと声かけてあげてください。オールドレンズ談義に花が咲くと思います。

Lml1007742

これはオールドレンズと現行レンズの撮り比べのコーナーです。新旧中判レンズで撮り比べを行い、それを展示しています。オールドレンズのおもしろさを実感できるコーナーです。

Lml1007747

ぼくは香港のトランスフォーマーマンションを出展しました。キャンバスプリントで仕上げてあります。ウェブ上ではちょくちょく見せてきた写真ですが、大きなプリントでじっくりと見てやってください。

「オールドレンズの世界2017」は明日土曜日の16時までです。関西方面のオールドレンズファンの皆様、ぜひ足を運んでいただけると幸いです。

| | Comments (0)

June 26, 2017

香港の写真、早速アップしました!

カメラガジェット放浪記を更新しました。作例は、先日まで行っていた香港です。24日に撮った作例を26日に公開ですから、自分でやっておいてナンですが、ハンパなく早いよね。けっこうがんばったよ!?

Stkb04_01

●カメラガジェット放浪記 第4回
アダプターとストラップでモノトーンドレスアップ

この連載はこれまでソリッドにマウントアダプターを紹介してきましたが、今回は軽くドレスアップテイストも含めてみました。Cam-inは以前からウォッチしていましたメーカーで、焦点工房から製品リストを見せてもらったところ、安くて良さそうな製品がたくさんありました。これからいろいろと紹介していきたいと思っています。

| | Comments (0)

June 22, 2017

カメラアクセサリーは永遠に主役です!

7年間つづいたデジカメドレスアップ主義が、ついに幕を下ろすことになった。ライターという職業柄、連載終了はさしてめずらしことではない。はじまった連載はいずれ終わる。それだけのことだ。感慨にふける暇があったら、減った仕事の穴埋めを考えなくてはならない。

Lmimg_00432

●デジカメWatch デジカメドレスアップ主義
最終回 デジカメドレスアップの極意教えます

そうは言ってもデジカメドレスアップ主義については、さすがに単なる仕事と片付けられないものがある。デジカメWatchの編集長曰く、デジカメドレスアップ主義はデジカメWatch史上最長の連載だったという。もちろんぼくの手がけた連載の中でも最長だ。2010年からの7年間、デジタルカメラの興隆を、カメラアクセサリーという側面から照らしつづけた。カメラケース、ストラップ、マウントアダプター。カメラの脇役をあえて主役として語りつづけた本連載は、カメラ史の断片ぐらいは刻めたのではないだろうか。7年間とはそういう時間だと思うのだ。

デジカメドレスアップ主義は賛否両論の激しい連載だった。ぼくが担当した連載の中で、おそらく2番目ぐらいに激しかったと思う。カメラをファッション感覚で語るなど言語道断というお叱りの声もあれば、記事とまるっと同じスタイルに仕上げ、うれしそうにそのカメラを見せてくれる読者もいた。もともとドレスアップは好みに左右される部分なので、賛否両論はあってしかるべきだろう。それだけ記事が注目を集めたと思えば、ライター冥利に尽きる。

ちなみに、賛否両論がもっとも激しかった連載は、某パソコン誌で担当した「チューニング娘。」という記事だ。パソコン周辺機器のチューニングテクニックを紹介する連載だったのだが、某アイドルグループの人気にあやかり、チューニング娘。というふざけたタイトルに決まった。しかも「アイドルつながりで女の子が徐々に脱いでいく脱衣系連載にしようぜ」というあり得ないアイディアがうっかり採用されてしまい、タイトル横でモデルの女の子が毎号少しずつ脱ぎ、最後は水着姿になるというトンデモ展開になってしまった。もっともパソコン誌は基本的に男性誌なので、水着の女の子は大歓迎だろう。

しかし、現実はちがった。読者アンケートの統計を見ると、○マークとほぼ同数の×マークがつく始末だ。コメント欄には「水着なんて下品でけしらかん」という意見がとても多い。こう書くと「草食系かよ!」と思うかもしれないが、実はそうではない。奥さんや娘さんの目を気にせず、リビングで安心して読める雑誌、というニーズがとても多いのだ。これ以降、ぼくは誌面でセクシーとエロを封印した。

最終回の記事では、ぼくがドレスアップする際、どんなことを考えながらスタイリングしているのかをまとめてみた。ドレスアップにセオリーや定石があるわけではないが、とっかかりぐらいにはなるだろう。カメラに愛着を抱き、自分らしいスタイルで携行する。デジカメドレスアップ主義が終了しても、カメラドレスアップは不滅だ。

| | Comments (0)

June 20, 2017

MFの極意教えます!(日本カメラ7月号)

今月売りの日本カメラ7月号にて、ちょっと変わった特集を担当しました。その名も「現代版マニュアルフォーカスの極意」です。デジタル時代からこそ、MFに勝機があるというちょっと逆説的な特集です。「どーせ澤村はMFしか使ってないんだから、しっかり取材して書きやがれ!」と命を受け、コシナさんに取材したり、ぼくのMFマル秘テクニックを公開したりと、いろいろ大盤振る舞いです。

912_0
●日本カメラ7月号[日本カメラ社
現代版マニュアルフォーカスの極意
Batis 135mm F2.8 レビュー

バティス135ミリのレビューも担当しました。個人的に中望遠でストリートスナップするのが好みなので、このレンズでの作例撮りはとても楽しかったです。AFが気持ちよく合い、写りも抜群。いろいろと喚起されられるものがあるなあと思いました。そうそう、Tokyo Leica Styleにオールドレンズパラダイスつながりの人がふたりも載っていて、素でコーヒー吹くところでした。お願いです、こういうのは前もって教えてください(笑)。

| | Comments (0)

June 19, 2017

アルティザン&アーティスト ファミリーセールのお知らせ

6月29日と30日、アルティザン&アーティストのファミリーセールが開催されます。同ブランドはご存知の通り、コスメ用品とカメラ用品、2つの側面があります。ファミリーセールはどちらの商品も対象になっています。定番カメラケースやストラップの掘り出し物があるかもしれませんね。ご興味ある方、ぜひ!

201706fsdm
●アルティザン・アンド・アーティスト ファミリーセール
日時:2017年6月29日・30日(午後1時~午後8時)
場所:アルティザン・アンド・アーティスト ショールーム
住所:東京都目黒区大橋2-24-3 中村ビル5F
※上の画像を見せれば入場できます。


| | Comments (0)

35ミリレンズでがんばるポートレート撮影

久しぶりに「Kistar the other side」を更新しました。木下光学研究所のキスターを使って、いろいろな写真を撮ってみようというコンテンツです。今回のお題目はポートレート。レンズはKistar 35mm F1.4なので、広角ポートレートです。普通の広角レンズだとさすがにポートレートは難しいのですが、このキスターは開放F1.4という大口径仕様。これならいろいろと工夫できます。

Lml1006702

●Kistar the other side
第9回 Ksitarはポートレートで使えるか!?

今回は古民家スタジオでの撮影だったのですが、引きのない和室でも、35ミリなら屋内の様子も含めて撮りやすいです。加えて開放で背景をうっすらボカしたり、ぐっと寄って大きくボカしたり、とにかくいろんな撮り方が試せておもしろかったです。Ksitar 35mm F1.4とポートレートの相性、ぜひご覧ください。

| | Comments (0)

«オールドレンズパラダイス初の古民家スタジオ