August 06, 2020

としまえん自虐史観

としまえんは練馬区だ。中高生のころ、練馬区民だった僕にとって夏ととしまえんはほぼ同義語だった。友達の誰かしらが木馬の会に入っていて、そのツテで正規料金よりも安くフリーパスを手に入れる。午前中はプール、午後から乗り物。それが練馬区に住む中高生の夏の風物詩だった。

オートスクーターを十連続で乗って、チームバトルしたのはいい思い出だ。十連続といってもそのまま乗り続けるのではなく、時間がきたら一度降りて、乗り口までダッシュして再乗車をくりかえす。すでにコーククスリューやフライングパイレーツは乗り飽きていたので、地味な乗り物で工夫して遊ぶことが多かった。

ついでにいうと、成人式を迎えた練馬区民は、その日一日としまえんがタダになる。練馬文化センターで成人式をすませ、一度着替えてからとしまえんに再集合。園内で軽く遊んで飲みに行く。昭和を練馬区ですごした者にとって、としまえんは近所のスーパーと同程度に身近だ。

そんなとしまえんが94年の歴史に幕を下ろすという。最後に訪れたのは大学生だったか。三十数年ぶりにとしまえんの門をくぐった。

Lm_dsc22233_20200806235501

α7III + G Biogon T* 28mmF2.8

頭上をサイクロンが轟音とともに駆け抜け、絹を裂くような悲鳴が追いかける。乗り物の配置が記憶のそれと異なり、途方にくれる。ミステリーゾーンの横からアフリカ館が消えていた。もう一度言う。よく聞いてくれ。アフリカ館が消えていた。

当時、仲間内ではアフリカ館派とミステリーゾーン派に分かれていた。僕は躊躇なくアフリカ館派だった。アフリカ館のないとしまえんなんて、富士山のない静岡県みたいなものだ。まさか、こんなにたよりない気持ちでとしまえんの地に立つことになるとは。

パイレーツ(フライングパイレーツではなくて小さい方のパイレーツ)は、コークスクリューの横でますます小さくなっていた。営業終了。解体こそされていないが、もう動くことはない。いつからとしまえんはレトロ遊園地になってしまったのだろう。

それでもこの日、コロナ禍のわりにたくさんのお客さんでにぎわっていた。カルーセルエルドラドはもちろん、ミラーハウスにも列ができていた(ウソじゃない。ミラーハウスにひとが並んでいた!)。園内どこを歩いても歓声にあふれている。それは昭和のとしまえんと何ら変わらぬ姿だった。

それなのに、どうして僕はこうも憂鬱なのだろう。その正体に気づくのに、すこし時間が必要だった。

サイクロンの轟音、コークスクリューの悲鳴、どっと沸くような歓声、それらを包み込むように大音量のBGMが流れていた。それらはとしまえん全体の音として、常にぼくの耳を覆っている。だからその曲に気づけなかった。

The Doorsのファーストアルバム「ハートに火をつけて」、あの狂気に満ちたアルバムが、1曲目から順々に流れていた。三十度を超える真夏日、親子の歓声に沸くとしまえんに、ジム・モリソンの陰鬱な声がこだまする。そして、あの曲を迎えた。

“This is the end~♪”

焼けたアスファルトから、黒塗りのウィラード大尉が顔を出す。やるな、としまえん。

 

| | Comments (0)

July 28, 2020

上野由日路さん著「オールドレンズで撮るポートレート写真の本」をお手伝いしました!

上野由日路さんの著書「オールドレンズで撮るポートレート写真の本」が8月6日に発売になります。微力ながら監修者として本書をお手伝いしました。本書の内容をざっくり説明すると、「オールドレンズの魅力を最大限引き出してポートレート撮影するテクニック集」です。ポートレートに特化したオールドレンズ撮影術、ありそうでなかったタイプのオールドレンズ本ですね。

Ueno_s

●オールドレンズで撮るポートレート写真の本[ホビージャパン][Amazon
発売日:2020年8月6日
著者:上野由日路
監修:澤村 徹
出版社:ホビージャパン

著者の上野由日路さんは、オールドレンズで商業ポートレート撮影をこなす個性派フォトグラファーです。周知の通り、オールドレンズは現行レンズに比べて不安定な写りです。その不安定さこそがオールドレンズのおもしろさなのですが、安定性が求められる商業撮影で、不安定なオールドレンズを使う。しかもアクセントとして使うのではなく、メインレンズとして使う。これがどれだけ酔狂なことかは想像に難くないでしょう。そんなオールドレンズを見事にハンドリングして商業ポートレート撮影をこなす、それが上野由日路さんの突出した撮影技術なのです。

本書はそんな上野由日路さんのノウハウを、初級中級者にもわかりやすく解説しました。まず、ポートレートで使いやすいオールドレンズをセレクトしてもらい、それら1本ごとにポートレートで活かしたい描写を詳しく解説しています。「オールドレンズでポートレートを撮ったらこんな素敵になりました」ではなくて、「このオールドレンズでポートレートを撮るならこう使え!」というのが本書のスタンスです。

コロナ以前から、上野駅のハードロックカフェで幾度となく打ち合わせを重ねてきました。二人で食べたハンバーガーは数知れず、ついには店員さんに顔をおぼえられる始末。それくらい打ち合わせを重ねて作った一冊です。コロナ禍での制作進行は厳しいものがありましたが、それだけに本書を世に送り出せることが自分の本のようにうれしいです。

オールドレンズが好きな人、ポートレートが好きな人、両方好きな人、どの層にも役立つ一冊に仕上がりました。ぜひお手にとっていただけると幸甚です。

 

| | Comments (0)

July 16, 2020

X-T4でオールドレンズ【フジフイルム X-T4 WORLD】

久しぶりに機種別ムックでオールドレンズネタのお座敷がかかりました。機種はFUJIFILM X-T4。オールドレンズ×マウントアダプターでも手ブレ補正が効き、使いやすいボディです。オールドレンズ撮影はいつもRAWストレート現像なんですが、今回はフィルムシミュレーションを適用したカットを載せてみました。渋くていい色合いのJPEGを吐いてくれます。ぜひご覧ください。

Img_3478

●フジフイルム X-T4 WORLD[日本カメラ社][Amazon
マウントアダプターでオールドレンズの自由を
純正ソフトで仕上げるRAW現像

 

| | Comments (0)

July 15, 2020

新型パンケーキレンズがかなりキテます【Kistar 40mm F2.4】

先日、開発報告のあった木下光学研究所の新パンケーキレンズ、早速試す機会に恵まれました。パンケーキレンズというと、開放からしっかり撮れるものが大半です。でも、このレンスはちがう。パンケーキレンズなのに開放がヤバイです(笑)。速報ベースのレポートですが、ご興味あればぜひご覧ください。

Ks27_01

●Kistar the other side 第27回
新型パンケーキレンズ試写レポート

 

| | Comments (0)

June 22, 2020

周八枚が想像以上に8枚玉だった。

コアなライカユーザーの間で話題になっている周八枚を手に入れました。初期型ズミクロン、「伝説の8枚玉」と呼ばれるアレを復刻したレンズです。外見と写りの両面で複刻を目指したこのレンズ、なかなか本格派でした。metalmickey's cameraにファーストインプレッションを書いたのでご覧ください。

Mmc51_02

●metalmickey's camera
周八枚と呼ばれる8枚玉クローン

 

| | Comments (0)

June 15, 2020

今だから言えるアノ本の裏話

「作品づくりが上達するRAW現像読本」の裏話を。Windows95時代、はじめてPhotoshopを使った感動をいまでもおぼえている。スライドバーひとつで写真の色や明るさが変わる。すごい時代になったものだと驚いた。パソコンライターにとって、画像編集の世界はとてもまぶしかった。

 

ただ、どうやって写真を編集すればいいのか、そのアプローチがわからない。何しろこちとら場末のパソコンライター、まだカメラや写真に興味がなかったので、写真をきれいに見せるノウハウがない。画像編集ソフトでできることと、やりたいことの関係がよくわかっていなかった。

 

いずれ、著名な写真家やライターが写真編集の解説本を書いてくれるだろう。そう思って待っていたのだが、いっこうに出てこない。一応、画像編集ソフトのマニュアル本は出てきた。ただ、どれだけ操作手順をおぼえても、写真編集のアプローチには至らない。手順とセンスはまったく別モノだ。

 

目の前の写真を分析して、「こういう○○な写真は、××して△△に仕上げよう」みたいな、写真編集の基礎をアドバイスしてくれる本はないものか。ソフトウェアの使い方ではなくて、写真編集を学問として紐解いてくれるような本。写真編集の何たるかを理解できるような本が読みたかった。

 

時が過ぎ、パソコン誌からカメラ誌に軸足が移った。当時、機種別ムックというのが流行っていて、メーカー純正RAW現像ソフトの解説記事をよく担当した。これは過去形ではなくて、いまもひんぱんに依頼がある。自分の中でも得意な仕事のひとつだ。

 

あるとき、某出版社からLightroomの解説書を書いてほしいとオファーがきた。当時の自分にとって、Lightroomの解説書は少々荷が重かった。ただ、かつて読みたいと思っていた写真編集の本を自ら書くチャンス、と思うことにした。Lightroomをベースに写真編集の基礎が学べる本を書こうと。

 

企画書が通り、台割を作り、テスト原稿へと進む。そして提出したテスト原稿が真っ赤に修正されて戻ってきた。自分で言うのもなんだが、27才でライターになって以来、原稿の大幅修正なんて一度もなかったのに。大きなトラブルの予感がした。

 

ぼくは企画書で提案した通り、画像編集の基礎体力がアップするようなテスト原稿を書いた。ところが版元は、手順だけを載せろと路線変更してきたのだ。作例を読者にダウンロードさせ、事細かに手順を指示。手順によって誌面と同じ結果が出ることを体験させる。要は達成感の得られる本にしろと言う。

 

達成感だけでは読者が上達しませんよ、読者の画像編集力が向上するような本を目指しませんか、と再交渉する。立て板に水だった。読者が本当に上達してしまったら、それ以上本が売れないじゃないですか? 返す言葉がなかった。達成感は快感。快感を売る本。自分の考えと、深く埋めがたい溝があった。

 

ライターになってはじめて途中で仕事を降りた。解説書である以上、読者の役に立つものを送り出したい。青臭い考えかもしれない。古臭いのかもしれない。ただ、情報の送り手、本の作り手として、役立つ本という線は死守したい。読者が上達したら本が売れない、そんなことを言う大人にはなりたくない。

 

さらに数年の時間が過ぎ、玄光社から声がかかった。「RAW現像の本を書きませんか」と。ちょっとぼんやりとした依頼だ。LightroomではなくRAW現像? 先方に確認する。「Lightroomの解説書ですか?」「澤村さんがLightroomを使われているならそれで」。前回のことがあるので、慎重に言葉を選ぶ。

 

画像編集の基礎を学べる本にしたい。読者に手順を押し付けるのではなく、理解を深めてもらう本にしたい。先方は「それでお願いします」という。本当に大丈夫だろうか。Lightroomのマニュアル本ではないですよ、全機能徹底解説的なことはしませんよ? 「澤村さんのよく使う機能だけでかまいません」。

 

某出版社はソフトウェアのマニュアル本を作りたかったのだろう。玄光社は写真編集の本を作りたがっている。玄光社となら、前々から思い描いていた本が書けるかもしれない。もちろん、自分が写真編集の基礎を語るにたる書き手かという疑問は残るが、そこはしっかり精進していこう。

 

こうした経緯で生まれたのが、「作品づくりが上達するRAW現像読本」だ。紆余曲折あったけど、初版以来6回の増刷を重ね、ついには増補改訂版を出す運びとなった。自分の写真編集に対する考えに、賛同してくれる読者がたくさんいたということなのだろう。とても励みになります。

 

| | Comments (0)

玄光社「作品づくりが上達するRAW現像読本 増補・改訂版」発売です!

RAW現像をやっていて、どこから手をつけていいのかわからない、という経験はないでしょうか。いまどきのデジタルカメラは高性能ですから、早々大きくハズすことはありません。とはいえ、撮って出しそのままというのも納得がいかない。「作品づくりが上達するRAW現像読本 増補・改訂版」は、そんな画像編集に対して一歩踏み出せない人にぜひ読んでいただきたい本です。

Raw02_s_20200613132101

●作品づくりが上達するRAW現像読本 増補・改訂版[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2020年6月15日
価格:1,980円

本書は画像編集の基礎体力づくりを目標に執筆しました。画像編集は詰まるところ、光と色の調整にすぎません。できるだけシンプルな操作で、狙い通りの効果が得られるように、わかりやすく解説しています。

今回の増補改訂では、最新のLightroom Classicに対応しました。合わせて、モバイル版のLightroomについてもけっこうなページ数をさいています。現在Lightroomは、デスクトップ版、モバイル版、ウェブ版と大きく3つの種類があります。本書は解説した操作がどのLightroomで可能か、対応マークを付けました。デスクトップ版、モバイル版、どちらのLightroomユーザーでも安心して読んでもらえると思います。

また、ゴミ取り、シャープ、ノイズ除去など、面倒だけどそれなりに重要度が高い機能を追加解説しました。といっても澤村の本ですから、マニュアルチックに解説するのではなくて、いかにラクして使いこなすか、に重点を置いた解説です。気負わずにちょっと面倒な機能が使いこなせるようになりますよ。

そんなこんなの「作品づくりが上達するRAW現像読本 増補・改訂版」、ぜひご高覧ください。

 

| | Comments (0)

June 04, 2020

Nik Collection 3 の再編集を試してみた。

Nik Collection 3がバージョンし、Lightroomから再編集が可能になりました。前々から再編集できないことに不満をおぼえていたので早速バージョンアップ。その操作について、metalmickey's cameraにてレポートしました。

Mmc50_01

●metalmickey's camera
DxO Nik Collection 3 | Lightroomから再編集が可能に

Nik CollectionはもっぱらSilver Efex Proばかり使っていたんですが、再編集できると今後は気負わずに使えそうです。これまでは一発でキメないといけないから微妙にプレッシャーが(笑)。ちなみに、再編集はちょびっと設定が必要です。具体的な操作はmetalmickey's cameraのレポートをご覧ください。

●追記
デジカメWatchにもNik Collection 3の記事を書きました。合わせてご覧ください。

モノクロ好き注目「Nik Collection 3」の喜びポイント

 

| | Comments (0)

May 30, 2020

「作品づくりが上達するRAW現像読本 増補・改訂版」6月15日発売です!

久しぶりに単独書の告知です。2016年に出版した「作品づくりが上達するRAW現像読本」の増補改訂版が発売になります。全編の画像を刷新し、最新版のLightroom Classicに対応。新機能やモバイル版の使い方も追加しました。前著よりページ数が増え、ドンと160ページの大作です。

Raw02_s

●作品づくりが上達するRAW現像読本 増補・改訂版[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2020年6月15日

前著は「Lightroomをベースに画像編集の基礎体力を鍛える」をコンセプトに、RAW現像の基本をわかりやすく解説しました。ソフトウェアの解説本はソフトがバージョンアップするとすぐに陳腐化してしまいます。その点を考慮し、前著はLightroomをベースにしつつ、でもLightroomに依存しない作りにしました。ちょっと極端な言い方をすると、Lightroom以外の画像編集ソフトのユーザーにも役立つような汎用性の高い内容を目指そうではないか、とまあ志しだけは立派です(笑)。その甲斐あってか、6刷まで増刷を重ね、ソフトウェアの解説書としてはだいぶ息の長い本になりました。

そんなわけで、前著は陳腐化しづらい内容の本ですが、そうはいっても発売から4年以上が経過しています。そろそろ最新版Lightroomに対応させた方がいいのでは、と出版社から打診があり、増補改訂版を出すことになりました。

まず、画像はすべて刷新しています。Lightroomのスクリーンショット(画面画像)はもちろん、作例もすべて新しくしました。新機能の中でこれはマスターしておきたいというものを追加し、スマートフォンやタブレット用のモバイル版Lightroomにもたくさんページを割きました。あと、それぞれのTipsがどのLightroomに対応しているか、アイコンで示しています。ええ、皆さん知ってましたか、Lightroomって今3種類もあるんですよ(遠い目)。

「作品づくりが上達するRAW現像読本 増補・改訂版」はこれからRAW現像をはじめる人に自信を持ってオススメできます。加えて、前著をすでに持っていて、何度も読み返して勉強している方もこれを機会に増補改訂版に差し替えてもらえるとうれしいです。Lightroomのスクリーンショットがすべて新しくなっているので、操作で戸惑うことなく学べると思います。ちなみに、本書はいわゆるVol.2ではありません。前著をベースに増補改訂した一冊になります。この点だけ誤解なきように。

本書はトリッキーなレタッチテクニックはひとつも載っていません。色と明るさをシンプルに操るだけです。でもたったそれだけのことで、写真を思い通りに編集できます。「作品づくりが上達するRAW現像読本 増補・改訂版」、ぜひご高覧ください。

 

| | Comments (0)

May 29, 2020

TTArtisan 21mm F1.5 ASPH レビュー書きました!

久しぶりにカメラガジェット放浪記を更新しました。今回のお題目は、TTArtisan 21mm F1.5 ASPH。最近テンポ良く新製品をリリースしている銘匠光学の大口径広角レンズです。F1.4じゃなくてF1.5という正直さにメーカーの姿勢が見て取れますね。

Stkb18_02

●澤村徹のカメラガジェット放浪記 第18回
開放F1.5の秘めたる個性

ベースボディはSIGMA fpを選びました。TTArtisan 21mm F1.5 ASPHはショートフランジ広角レンズですが、マゼンタかぶりすることなく、隅々までクリアに撮影できました。このレンズ、開放に個性ありです。詳細は本編にてご覧ください。

 

| | Comments (0)

«モノクローム三昧の一冊です【Cameraholics Vol.3】