October 20, 2020

ハッセルブラッド907X 50Cにオールドレンズ付けてみた【日本カメラ11月号】

日本カメラ11月号にて、ハッセルブラッド907X 50Cのレビューを担当しました。といっても、フツーのレビューではなくて、907X 50C×オールドレンズです。正直いって、907X 50Cはクセが強いです。でも、それをはるかに上回る楽しさと高画質にクラクラしました。久々に楽しいカメラと出会いました。

Lmimg_0028

●日本カメラ2020年11月号[日本カメラ社][Amazon
907X+CFVII 50C オールドレンズマニアックス
超新製品祭り No5 ベースボディの適正を探る

新製品特集では、末尾ナンバー5の最新ミラーレスでオールドレンズ耐性を検証してみました。これはなかなかおもしろ結果が出ています。最新フルサイズに買い換え買い足しを検討しているオールドレンズファンはぜひご覧ください。

 

| | Comments (0)

October 12, 2020

トークショー配信中【オールドレンズフェス2020】

10月11日の日曜日、オールドレンズフェス2020のトークイベントが開催されました。ぼくは上野由日路さんと組んで新刊「オールドレンズ・ライフ2020-2021」「オールドレンズで撮るポートレート写真の本」の裏話を披露。コロナ禍のため参加者の数を抑えての開催となりましたが、久しぶりに読者の皆さんと交流でき、楽しい時間を過ごすことができました。なお、今回のトークイベントは全4本立てで、すべてYouTubeで配信しています。ご興味あればぜひご覧ください。

●オールドレンズフェス2020 in 新宿マルイ本館
トークイベントYouTube配信

 

Lm_dsc3246

Lm_dsc3235

Lm_dsc3240

Lm_dsc3243

オールドレンズフェス自体は14日(水)まで行われます。残すところあと3日、ご興味あればぜひ!

 

| | Comments (0)

October 09, 2020

新作カメラバッグが軽くていい!【WOTANCRAFT PILOT】

metalmickey's cameraを更新しました。今回のお題目はWOTANCRAFTの新作カメラバッグ、PILOTです。TROOPERの弟分的なモデルなんですが、シンプルな顔付きと軽量さが相まって、実に使いやすいカメラバッグに仕上がっています。

Lm_dsc2993

●metalmickey's camera
WOTANCRAFT PILOT 7L

前作のTROOPERはカーキブラウンを選んだので、PILOTはチャコールブラックにしてみました。コーデュラナイロンベースだから雨の心配なし。ガシガシ使い込めますね。小振りな7Lサイズを選んだんですが、思った以上にモノが入ります。このあたりの設計はホントうまいなあ。詳細はぜひリンク先の本編にてご覧ください。

 

| | Comments (0)

October 01, 2020

オールドレンズフェス 2020 in 新宿マルイ本館、プレオープン潜入レポート

Lml1002362

オールドレンズフェス2020 in 新宿マルイ本館のプレオープンに顔を出してきました。普段のフェスと比べて会場面積は狭いですが、濃密なオールドレンズワールドが体験できるはずです。

Lml1002369

プレオープンというのに、すでにけっこうな動員数でした。比較的若者層が多い印象を付けます。中古カメラ市とは異なるオールドレンズ層が来場しているようでした。

Lml1002371

壁面は大きなプリントが陣取ります。上野由日路さんの本で見たあんな写真はこんな写真が大きなプリントで見られますよ。壁という壁はすべてオールドレンズフォトで埋め尽くされています。

Lml1002374

今回のフェスは主宰の上野由日路さんが常駐するそうです。ナマ上野さんに会うチャンス(笑)。彼の新刊を買ってサインをねだりましょうね。

Lml1002386

上野由日路さんが用意したAF黎明期のカメラがズラリと並んでいます。AFカメラというより、AFレンズかな(笑)。Nikon F3AFが目玉商品とのこと。ミントコンディションの上に、きれいなケースと取説まで付くそうです。

Lml1002377

左手の御仁、知る人ぞ知るカメラホリック編集長です。Nikon F3AFが気になるようで、しきりに写真を撮ってました。彼のライカに付いているのは貴婦人。

Lml1002388

なんでカメラホリック編集長が来場していたのかというと、ホビージャパンが書籍販売で出展してました。カメラカテゴリーでは新規参入組でしが、すでに5冊のカメラ関連書を発売しています。今後の新刊も楽しみです。

Img_3630

会場ではオールドレンズのフォトブックを無料配布しています。平日50部、休日100部限定とのこと。気になる方はお早めにどうぞ。ぼくも最初のページに作品を載せています。ちなみに、冊子の隣にあるのは、フェス会場でゲットしたHelios-44-2 58mmF2です。通算5本目のヘリオスです(笑)。

オールドレンズフェスは10月14日まで続きます。明日からはオールドレンズレンタルのTORUNOが本格スタート。土日はトークショーやモデル撮影など、イベントが盛りだくさん。オールドレンズフェス2020 in 新宿マルイ本館、ご興味あればぜひ。

●オールドレンズフェス2020 in 新宿マルイ本館

 

 

| | Comments (0)

オールドレンズフェス2020でトークショーやります!

ス2020が開催されます。通算4回目となる本イベント、今回の会場は新宿マルイ本館6Fです。まさかの新宿ど真ん中への進出、しかも会期は2週間という大盤振る舞い。これまで写真家の上野由日路さんら有志が手作りでがんばってきた本イベントですが、ここにきて一気に大躍進です。

119709102_3525266174365086_3493352977977

●オールドレンズフェス2020 in 新宿マルイ本館
日時:2020年10月1日~14日(※1日はプレオープンで15時から)
開場:11:00~20:00
場所:新宿マルイ本館6F
※詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

会場ではオールドレンズレンタルTORUNOの体験会、オールドレンズやクラシックカメラの販売、オールドレンズ関連書の販売、ミニ写真展などが行われます。今回は都心で夜の8時までやっているので、会社帰りなどに立ち寄れそうですね。

土日はポートレート撮影会やトークショーが企画されています。詳細なスケジュールはオフィシャルサイトをご覧ください。ここでは澤村が登壇するトークショーをお知らせします。

●澤村徹×上野由日路『新刊オールドレンズ本ここだけの話』
日時:2020年10月11日(日)15時~(45分間)
参加費:1,000円
場所:オールドレンズフェスサテライト会場
予約フォームにて事前予約が必要です。

今回は上野由日路さんとのクロストークになります。上野さんは「オールドレンズで撮るポートレート写真の本」、澤村は「オールドレンズ・ライフ2020-2021」を、それぞれ出版した直後ですので、新刊の製作秘話的なものをお話ししたいと思っています。あと、質問コーナーもあります。新刊やオールドレンズの質問、お待ちしてます。なお、会場は蜜を避けるために最大20名までとのこと。ご興味ある方、早めにご予約いただけると幸いです。

そんなこんなのオールドレンズフェス2020、2週間というロング開催にて皆様のご来場をお待ちしております。ちなみに、並びに新宿北村写真機店があります。ハシゴできますね。

| | Comments (0)

September 29, 2020

オールドレンズ・ライフ 2020-2021 本日発売です!

「オールドレンズ・ライフ 2020-2021」本日9月29日、発売になりました。オールドレンズの浅瀬から深淵までずずいとご案内いたします。年一冊のお楽しみ、ぜひご高覧ください。

Lmimg_0032

●OLD LENS LIFE 2020-2021[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2020年9月29日

1特は沈胴オールドレンズです。沈胴エルマーからはじまり、ヘクトール、ズマール、ズミタール、沈胴ズミクロンの流れを豊富な作例とともにご覧いただけます。ロシアレンズの激レア沈胴レンズも載せました。2特の「フレア・ゴーストコレクション」は、変なフレア・ゴーストの出るオールドレンズを収集しました。ええとですね、フレア・ゴーストの「出やすいレンズ」ではなくて、珍妙フレア・ゴースト祭りです。3特は、良識のあるオールドレンズファンは避けるであろうオールドレンズをあえて買ってみた、という人柱企画です。なあに、オールドレンズライフに載ってるオールドレンズはほぼ自腹ですからね、いまさら人柱企画なんて屁でもありませんよ。

恒例、現行MFレンズ特集は、個性派Mマウントレンズを集めました。LAOWAの9ミリF5.6とフォクトレンダーのノクトン50ミリF1.5がオススメです。いやあ、9ミリのパースはヤバかった。エグイ作例載ってます。ノクトン50ミリF1.5は6モデル展開という攻めっぷり。ゼブラ柄が熱いです。木下光学研究所のKISTARレンズ最新作もレポートしています。シリーズ4本目は滲むパンフォーカスレンズです。もうワケわからんでしょ(笑)。こちらもエグイ作例載せるので、ぜひぜひご覧ください。ちなみに、今回のKistarは税込6万円台。お手頃価格です。

巻末に「レジェンドレンズの瞳」というコーナーがありまして、ここではTORUNOから借りた伝説級オールドレンズをレポートしています。国産のまぼろしレンズを借りて実写しました。後玉がアレなレンズです。おわかりですね。値段が高すぎて、実写する手が震えます。お約束のドレスアップ企画では、Roberuと澤村徹がコラボしたレザーストラップを載せています。表革は雰囲気満点、裏革は汗に強くて色移りの心配も少ない。実用性に長けたかっこいいストラップに仕上がっています。澤村はライカM10に付けてヘビロテ中です。

そんなこんなのオールドレンズライフ、今号はめずらしく白っぽい表紙ですから、店頭でおまちがえないように。大切なことなのでもう一度、今号は白っぽい表紙です。それでは今号もじっくりとお楽しみください。よろしくお願いいたします。

 

| | Comments (0)

September 24, 2020

ウッド×ブラスのM用グリップ、いい感じです。

metalmickey's cameraを更新しました。今回のアイテムはL'ArtecのライカM用グリップです。木製のベースに真鍮パーツを埋め込んだ個性的な製品です。

Mmc53_03

●metalmickey's camera
L'Artec Camera Grips for Leica M

Leica Rumorsの記事をみて速攻ポチってしまいました(笑)。300ドルとちょいとお高いグリップですが、満足度も高いですよ。

 

| | Comments (0)

September 20, 2020

オールドレンズ・パラダイス最終実習

今日はオールドレンズ・パラダイスの最終実習でした。今期はコロナ禍の影響で最終回だけの開講になりましたが、ひさしぶりにOLPメンバーとオールドレンズ談義に花を咲かせ、楽しい時間をすごすことができました。

Lml1002023

本講座は2011年に開講しました。今期はほとんど稼働していませんが、あしかけ9年半続いたことになります。運営会社の東急セミナーBEが今月末で廃業するため、これに合わせ、オールドレンズ・パラダイスも閉講となりました。長期にわたってリピーターになってくれる方が多く、受講生にめぐまれた講座だったと実感しています。オールドレンズ・パラダイスを受講してくれたすべてのひとに、改めて御礼申し上げます。

Lm_dsc2672

開講当初は講師業に不慣れで、右も左もわからない状況でした。受講生からのリクエストに応じる形で、グループ展、モデル撮影、RAW現像講座など、オールドレンズ撮影以外のイベントもたくさん開催しました。撮影合宿ができなったのが唯一の心のこりかなあ。

オールドレンズ・パラダイスはけっしてステップアップ系の講座ではないのですが、なぜかフォトコンで賞をとったりプロカメラマンになったりと、勝手に成長して巣立っていく人がチラホラいました。あと、講師よりもオールドレンズに詳しい人、講師よりオールドレンズ持ちな人はごろごろしてましたね(笑)。オールドレンズはマニアックな趣味ですから、そもそも写真に対してモチベーションの高い人たちが受講していたのでしょう。

Lml1001991

さて、今後についてですが、実はいくつかの企業から講座のお話をいただいたものの、コロナ禍の見通しが立たないためお断りしている状況です。オンライン講座のような形も検討しつつ、コロナ禍でできるオールドレンズ撮影を検討しています。やはり個人的には、ZOOMよりもみんなで撮りに行きたいなあ。再開のメドが立ちましたら、このブログやSNSにて、改めて告知いたします。

最後にすこしだけ予告を。アクティブなオールドレンズホビーの提案が難しい状況ですが、澤村の本業、雑誌や単行本の記事制作は支障なく進行中です。むしろ、外に出かけられないぶん、執筆が捗ったりしています。9月29日発売の玄光社「OLD LENS LIFE 2020-2021」を皮切りに、年末から早春にかけて、いろいろとご案内できる予定です。これからもオールドレンズの話題を精力的に展開してまいります。よろしくお付き合いください。

| | Comments (0)

September 15, 2020

10号目のオールドレンズ・ライフが発売です!

来る9月29日、シリーズ10号目となる「OLD LENS LIFE 2020-2021」が発売になります。年1冊ペースでの出版ですから、このシリーズを続けて10年になるわけです。3号目あたりからは継続性を意識して作ってきましたが、それでも10号という数字は我ながらよく続いたと思います。読者あってこその本、ひとえにオールドレンズライフをご愛読いただいた皆様のおかげです。この場を借りて御礼申し上げます。

Oll2020_s

●OLD LENS LIFE 2020-2021[玄光社][Amazon
出版社:玄光社
発売日:2020年9月29日

大特集は沈胴レンズです。沈胴レンズってオールドレンズにハマッた当初に手を出すものの、その後、距離をとってしまう人が多いように感じています。その点を踏まえ、改めて沈胴レンズをクローズアップしてみました。戦前生まれ、ものによっては一世紀近く前に製造されたものになるわけです。最古参のオールドレンズ、じっくりと味わおうではありませんか。

今号はちょいと煽り気味のタイトルを並べて見ました。「誰も買わないオールドレンズを買ってみた。」「華麗なるひとばしらライフ」とまあ、いい感じに煽ってあります。どうせ口先だけだろと懐疑的な方もいることでしょう(賢者よ)。澤村なりにそれぞれ工夫をこらしたレンズラインアップになってます。期待してください、と自らハードルを上げていきますよ(笑)。

ちなみに、「誰も買わないオールドレンズを買ってみた。」はタイトル決定に一悶着ありました。打ち合わせでラノベタイトルっぽい長いキャッチにしようという話になり、ひねり出したのが以下の2案。

(第1案)
普通誰も買わないよねっていう
オールドレンズをあえて自腹切って
買って撮ってみたけど作例見たい人いる?

(第2案)
そんなオールドレンズ使ってる人
見たことないし名前も聞いたことないし
わざわざ買う必要ないんじゃないって
みんなが言うから俺が自腹切って買って
撮ってみたけど作例見たい人いる?

却下でした。編集部じゃなくて、デザイナーからダメ出しされました(笑)。ラノベ風とは言ったけどフツーに長すぎると(泣)。キャッチの付け方は難しいですね。10年続けてもこのザマです。

これから日に日に太陽が低くなって、オールドレンズでゴースト狩りするのに絶好の季節です。オールドレンズ撮影のおともにぜひ「オールドレンズ・ライフ2020-2021」を!

 

| | Comments (0)

September 14, 2020

今度のKISTARはフジツボフード付き

Kistar the other sideを更新しました。今回は11月1日に発売予定のKISTAR 40mm F2.4について、ハード面を掘り下げています。パンケーキレンズなのに甘い開放描写はどうやって生まれるのか。その秘密に迫ります。

Lmimg_0005_20200914155601

●Kistar the other side 第28回
開放F2.4のヒミツ

つづいてmetalmickey's cameraにて、SIGMA fp向けのマニアックアイテムを取り上げました。とりあえず、下の写真を見てください。

Lmimg_0042

●metalmickey's camera
SIGMA fpのファインダー問題を解決

外付けファインダーがレンズのほぼ光軸上に載っているのがわかるでしょうか。SIGMA fpユーザーならつい身を乗り出してしまう姿だと思います。このファインダーブラケットがmuk camera serviceから発売になりました。こちらも合わせてご覧ください。

 

| | Comments (0)

«X100Vがっつりドレスアップ!【フジフイルムX100Vバイブル】